ダミアン・ダフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダミアン・ダフ Football pictogram.svg
DDuff.JPG
名前
本名 Damien Anthony Duff
カタカナ ダミアン・アンソニー・ダフ
ラテン文字 Damien DUFF
基本情報
国籍 アイルランド共和国の旗 アイルランド
生年月日 1979年3月2日(35歳)
出身地 バリボーデン
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 メルボルン・シティFC
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2003
2003-2006
2006-2009
2009-2014
2014-
イングランドの旗 ブラックバーン
イングランドの旗 チェルシー
イングランドの旗 ニューカッスル
イングランドの旗 フラム
オーストラリアの旗 メルボルン・シティ
184 (27)
81 (14)
68 (4)
119 (155)
代表歴2
1998-2012[1] アイルランド共和国の旗 アイルランド 100 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年6月10日現在。
2. 2012年2月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダミアン・アンソニー・ダフDamien Anthony Duff, 1979年3月2日 - )は、アイルランドダブリンバリボーデン出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

ブラックバーン時代[編集]

1996年にイングランド1部リーグのFAプレミアリーグブラックバーン・ローヴァーズに入団。トップチームでのデビューは1996-97シーズン終盤の1試合であった。翌シーズンはレギュラーとなり、リーグ戦26試合、カップ戦7試合に出場して5得点を記録。1998-99シーズンは36試合に出場するが、得点数は1に留まった。

1999-2000シーズンはチームの1部降格(当時のイングランドリーグはプレミアリーグの下に1部リーグがあった)に伴い、1部リーグで39試合5得点、カップ戦は5試合2得点を記録するもチームの昇格は叶わず。2000-01シーズンはリーグ戦32試合で1得点、カップ戦7試合2得点で、チームはプレミアリーグ復帰を果たす。

2001-02シーズンは39試合で8得点を挙げ、デヴィッド・ダンとともにチームの攻撃の要として大活躍。シーズン終了後の2002年ワールドカップでは、アイルランド代表の中心選手として注目を浴びた。この大会では主に、ロビー・キーンとの2トップの一角で起用された。2002-03シーズンは31試合で11得点という華々しい活躍を見せ、シーズン終了後の2003年7月21日に新オーナーに買収されて巨額の資金を得たチェルシーに引き抜かれた。

チェルシー時代[編集]

チェルシーでもレギュラーとして左ウィングでプレーしていたが、アリエン・ロッベンの加入後は右ウィングでプレーし、2003-04シーズンは37試合で6得点。2004-05シーズンは48試合で10得点を記録し、チームはプレミアリーグとリーグカップの2冠に輝いた。しかし、2005-06シーズンは自身の故障に加えてジョー・コールの台頭で先発の機会を減らされることとなる(それでも39試合に出場し3得点を挙げている)。

チェルシーのシステム変更(ウイングに比重を置く3トップからセンターフォワード2人で組む2トップへ)の事情もあってか2006年7月23日ニューカッスル・ユナイテッドへ移籍。

ニューカッスル時代[編集]

ニューカッスルでは故障やチェルシー時代とのシステムの違いから本来の実力を発揮出来ず、2006-07シーズンは33試合(うちカップ戦が11試合)で1得点、翌シーズンも19試合で1得点と精彩を欠く時期が続いた。2008-09シーズンは33試合で3得点と状態は上向きつつあったが、チームは19位でフットボールリーグ(2部)降格となった。

フラム時代[編集]

2009年8月18日、ニューカッスルで1試合に出場し1得点を挙げた後にフラムへ3年契約で移籍した。チェルシー以来となるロンドンのクラブ復帰となった。フラム移籍後は完全に復調し、2010年2月22日現在でプレミアリーグ25試合出場で6得点、カップ戦6試合で2得点を挙げている。8得点(ニューカッスルでの得点を入れれば9得点)はエースストライカーであるボビー・ザモラの13得点に次ぐ数字である。同シーズンは32試合6得点を記録した。2012年の欧州選手権でのグループリーグ第3戦のイタリア戦で代表100試合目を迎え、2試合に連敗し、既に決勝トーナメント進出の可能性がなくなっていたチームは、この試合のみキャンプテンマークをダフに付けさせた。

メルボルン・シティ時代[編集]

2014年6月10日、メルボルン・シティFCに自由契約で加入した[2]

エピソード[編集]

  • チェルシーの本拠地であるロンドンはブラックバーン育ちのダフにとって「さわがしいだけ」の街だったという。
  • ブラックバーン時代のダフの応援歌はビートルズの『All You Need Is Love』で、ほぼ原曲そのままに「All We Need Is DUFF」というもの。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ FAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
1996–97 ブラックバーン プレミアリーグ 1 0 - - - 1 0
1997–98 26 4 4 1 3 0 - 33 5
1998–99 28 1 4 0 3 0 1 0 36 1
1999-00 ファーストディヴィジョン 39 5 3 1 2 1 - 44 7
2000–01 32 1 5 0 2 2 - 39 3
2001–02 プレミアリーグ 32 7 2 0 5 1 - 39 8
2002–03 26 9 - 2 1 3 1 31 11
2003–04 チェルシー 23 5 1 0 2 0 11 1 37 6
2004–05 30 6 2 0 6 2 10 2 48 10
2005–06 28 3 5 0 - 6 0 39 3
2006–07 ニューカッスル 22 1 - 2 0 9 0 33 1
2007–08 16 0 3 1 - - 19 1
2008–09 30 3 2 0 1 0 - 33 3
2009–10 チャンピオンシップ 1 1 0 0 0 0 - 1 1
フラム プレミアリーグ 32 6 4 2 0 0 14 1 50 9
2010-11 24 4 2 0 1 0 - 27 4
2011-12 28 2 2 1 0 0 14 3 44 6
2012-13 29 3 2 0 1 0 - 32 3
通算 イングランド 447 61 41 6 30 7 68 8 586 82
総通算 447 61 41 6 30 7 68 8 586 82

タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズFC
イングランドの旗 チェルシーFC
イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッドFC
個人

出典[編集]

外部リンク[編集]