クローク・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クローク・パーク
Páirc an Chrócaigh
Croke Park
"Croker"
Croke park hogan stand.jpg
施設情報
所在地 Croke Park Stadium,
Dublin 3, Ireland
位置 北緯53度21分38.70秒
西経6度15分4.80秒
座標: 北緯53度21分38.70秒 西経6度15分4.80秒
起工 1884年
開場 1913年
修繕 1998年 - 2004年
所有者 GAA
運用者 GAA
グラウンド デッソ・グラスマスター
ピッチサイズ 144.5 x 88 m
建設費 3,500IR£
2億6000万€ (再建費)
設計者 Gilroy McMahon
Master plan Consultants:
HOK SVE
Structural Engineers:
Horgan Lynch & Partners
使用チーム、大会
オールアイルランド・ファイナル(9月)
収容能力
82,300人

クローク・パーク: Páirc an Chrócaigh, : Croke Park)は、アイルランドダブリンにあり、アイルランドで最大のスポーツ機構であるゲーリック体育協会 (GAA) の主要スタジアムの一つで、本部が置かれている。現在、アイルランド国内最大のスタジアムでヨーロッパの中では4番目に大きいスタジアムである。

ゲーリック・ゲームズの専用スタジアムであったが、改修中のランズダウン・ロードに代わって2007年からサッカーとラグビーの国際試合が行われるようになった。

歴史[編集]

クローク・パークで行われたラグビーのアイルランド対イングランド戦(2007年2月24日)

クローク・パークはアイルランドの歴史の舞台となって来た。GAAはアイルランド固有のスポーツと文化を守るという目的のも作られたため、クローク・パークは1884年の建設以来、ゲーリック・ゲームズを中心に使用されてきた。

アイルランド独立戦争の際には、イギリス軍のブラック・アンド・タンズによる発砲のため選手を含め14人が亡くなる血の日曜日が起きた。ホーガン・スタンドの名前はこの時の犠牲となった選手の名前から付けられている。アイルランド内戦の後の復興にゲーリック・ゲームズは人々の心の傷も癒す役割をはたした。クローク・パークのゲーリック・ゲームズの独占使用に関してGAAのエゴが強調されがちだが、クローク・パークのアイルランドの歴史の中で果たした役割も考慮に入れなければならない。

1947年はジャガイモ飢饉の被害が最もひどかった1847年から100周年としてキャバン州ケリー州によるオールアイルランド・フットボール・ファイナルはクローク・パークではなく、唯一アイルランド国外のニューヨークで行われた。

2006年にランズダウン・ロードの改修の間ラグビーやサッカーの試合も行うことが決まった。2007年にラグビー・シックス・ネイションズの試合でアイルランドイングランドが対戦をしクローク・パークにとって歴史的な日となった。心配されたイギリスの国歌も問題なくクローク・パークで歌われた。試合は友好的な雰囲気の中で行われ、アイルランドの勝利で終わった。

概要[編集]

ゲーリック・フットボールの他にハーリングカモギーなど、原則としてアイルランドの国技、ゲーリック・ゲームズのみしか開催を許さない方針であり、一部のごく特殊なケースを除き外来のスポーツであるラグビーサッカーなどは行われてこなかった。また国際的な音楽コンサートに使用される事もあり、過去にはU2コアーズウエストライフなどもコンサートを行っている。GAAの博物館も併設されている。

1990年代に入ってから大規模な増築工事が繰り返され、ヨーロッパ有数の巨大スタジアムへと変貌した。また、現在もさらなる拡張とホテルの併設なども予定されている。近年、アイルランドのサッカーとラグビーのほとんどの国際試合が行われてきたランズダウン・ロード・スタジアムの老朽化による建て替え工事に伴い、クローク・パークでこの建て替え期間中のラグビーやサッカーの代替開催を認めるか否かで紛糾し、国民的な議論を呼んだ。クローク・パークの維持管理には多大の税金が投入されており公共の財産であり、このためにGAAのエゴで同じく国民的スポーツであるサッカーなどの開催を拒否するべきではない、との意見がサッカー連盟側からは出されている。

スタンド[編集]

Phase one
クーザック・スタンド (Cusack Stand)、スタジアム東側にあり、スタンド名称はマイケル・クーザック(en)に由来している。
Phase two
ザ・デヴィン・スタンド (The Davin Stand)、スタジアム南側にあるスタンド。名称はゲーリック体育協会創立者でもあるモーリス・デヴィンに因む。以前は、テラス席で後方を(現在はスタンド下部)を運河(川?)が流れている事からカナル・エンドと呼ばれていた。
Phase three
ホーガンスタンド (Hogan Stand)、スタジアム西側にある。
Phase four
Hill16 & Nally Terrace
Hill16
スタジアムの北側にあり、その右半分にある屋根無しの立ち見スタンド。
Nally Terrace
スタジアム北側にあり、左半分にある屋根無しの立ち見スタンド。

その他の施設[編集]

GAA博物館[編集]

GAA博物館(英語:The GAA Museum、アイルランド語:Músaem Cumann Lúthchleas Gael)はスタジアムのキューザック・スタンドの下に作られ1998年にオープンした。この博物館はゲーリック・ゲームズの歴史やその文化的意義の紹介、ゲーリック・ゲームズの殿堂としての役割などを担っている。

展示物として、歴代の優勝カップやメダルなどのコレクション、ゲーリック・ゲームズの歩みを紹介する歴史的な品々がある。また、映画『マイケル・コリンズ』でクローク・パークのシーンに使われたプロップの展示もある。映像資料としてゲーリック・ゲームズがアイルランドの独立から内戦の間に果たした役割や意義を紹介するショートフィルムや、歴史的試合のシーンの上映など充実している。実際にハーリングのスティックでボールを打つ体験コーナーなどもある。

併設されているミュージーアムショップでは各カウンティーチームのユニフォームやGAAグッズの販売が行われている。

GAA本部[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]