マーク・キンセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・キンセラ Football pictogram.svg
名前
本名 マーク・アンソニー・キンセラ
カタカナ マーク・キンセラ
ラテン文字 Mark Kinsella
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1972年8月12日(42歳)
出身地 ダブリン
身長 175cm
選手情報
ポジション MF
代表歴
1998-2004 アイルランドの旗 アイルランド 48 (3)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マーク・キンセラMark Kinsella, 1972年8月12日 - )は、アイルランドダブリン出身のサッカー選手アイルランド代表。ポジションはMF

経歴[編集]

下部リーグのコルチェスター・ユナイテッドFCで頭角をあらわす。1996年、当時ディヴィジョン1(2部)に所属していたチャールトン・アスレティックFCに移籍し、1998年には主将としてFAプレミアリーグ昇格の原動力となった。チャールトンは翌シーズン限りで再びディヴィジョン1に降格されたが、さらにその翌シーズンには再びキンセラを中心にした陣容でディヴィジョン1を制覇してプレミアシップに昇格することとなる。

しかし2001年にキンセラは故障の為、中盤のレギュラーの座をスコット・パーカーに奪われる。このシーズン終了後に開催された日韓W杯では、マット・ホランドとともにロイ・キーン離脱後の中盤を担い、ベスト16進出を果たす。この活躍によりキンセラは100万ポンドの移籍金でアストン・ヴィラFCへと移籍を果たすが、アストン・ヴィラでは殆ど見せ場を作ることが出来ず、2シーズン半在籍した後、2004年1月に2部所属のWBAへ。WBAのプレミアシップ昇格に貢献したが、契約延長はならず、4部のウォルソールに移籍する。

ウォルソールでは2004-2005、2005-2006の2シーズンを過ごすが、故障の為、もはやフル稼働は不可能であった。ちなみに2006年4月には監督退任を受けて2試合のみ、プレーイング・マネージャーを務めている。2006-2007シーズンはコーチ兼任選手としてウォルソールに在籍。2006年12月に現役を引退し、チャールトンの若手育成担当コーチに就任した。現在はチャールトンのリザーブチームの監督である。

アイルランド代表として1998年から2004年の間に48試合に出場(3得点)。

受賞歴[編集]

  • チャールトン・サポーター選出年間最優秀選手(1997-1998, 1998-1999)

所属クラブ[編集]