ヨーゼフ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ1世

ヨーゼフ1世(Joseph I., 1678年7月26日 - 1711年4月17日)は、ハプスブルク家神聖ローマ皇帝(在位:1705年 - 1711年)、ボヘミア王(在位:同)、ハンガリー王(在位:1687年 - 1711年)。レオポルト1世と皇后エレオノーレ・マグダレーネの長男でカール6世の兄。

早くから父の後継者となるべく育てられ、1687年にハンガリー王に即位、1690年ローマ王に選出され、1705年の父の死により即位する。

即位後は弟のカールをスペイン王にするべく、父の時代から続いていたスペイン継承戦争を継続、オーストリア軍を率いるプリンツ・オイゲンを全面的に支援する一方、ハンガリーで起きたラーコーツィ・フェレンツ2世の反乱にも対処した。しかし1711年に死去、唯一の男子が早世していたためにカールが皇帝カール6世として即位し、スペインの王位を断念することとなった。

子女[編集]

皇后アマーリア・ヴィルヘルミーネブラウンシュヴァイク=カレンベルク公ヨハン・フリードリヒの娘、イギリスジョージ1世の従姉)との間に3子がある。

弟カール6世にも男子の継承者がおらず、娘のマリア・テレジアを継承者と定めたことから、ヨーゼフ1世の死後に結婚した2人の娘の夫は、ハプスブルク家領の相続権や帝位をカール6世の死後に要求し、オーストリア継承戦争が勃発することとなる。

ヨーゼフ1世血統ハプスブルク家

皇帝レオポルト1世
皇帝フェルディナント3世 皇帝フェルディナント2世 オーストリア大公カール2世
バイエルン公女マリア・アンナ
バイエルン公女マリア・アンナ バイエルン公ヴィルヘルム5世
ロレーヌ公女レナータ
スペイン王女マリア・アナ スペイン王フェリペ3世 スペイン王フェリペ2世
オーストリア大公女アナ
オーストリア大公女マルガレーテ オーストリア大公カール2世
バイエルン公女マリア・アンナ

エレオノーレ・マグダレーネ・フォン・プファルツ=ノイブルク
プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルム プファルツ=ノイブルク公ヴォルフガング・ヴィルヘルム プファルツ=ノイブルク公フィリップ・ルートヴィヒ
アンナ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク
バイエルン公女マグダレーネ バイエルン公ヴィルヘルム5世
ロレーヌ公女レナータ
エリーザベト・アマーリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世
ブランデンブルク選帝侯女マグダレーナ
ザクセン公女ゾフィー・エレオノーレ ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世
プロイセン公女マグダレーナ・ジビュレ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
レオポルト1世
オーストリア大公
ボヘミア王
テシェン(チェシン)公

1705年 - 1711年
次代:
カール6世
ハンガリー王
1687年 - 1711年