トンベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トンベリ (Tonberry) は、スクウェア・エニックスのゲームソフト・ファイナルファンタジーシリーズ(FFシリーズ)に登場する架空のモンスター。『ファイナルファンタジーV』で初登場した。デザインを手がけたのは野村哲也である。

概要[編集]

魚類両生類のような緑色の丸顔をしており、目は黄色い。直立二足歩行をし、ローブを身にまとう。ローブの裾からは魚類のしっぽらしきものも見受けられる。手には包丁ランタンを持っている。バトル中、徐々にパーティに近付いてきて、目の前まで来ると包丁で切りつけて大ダメージ又は一撃死を与えてくる(作品によって攻撃方法は若干異なる)。その他に、「みんなのうらみ」という特殊技を使うことが多い。何も対策を講じなければ基本的には苦戦する相手となる。だいたい洞窟や滝のような暗くて水気のあるところに出現する。

かわいらしい見た目とは裏腹な凶悪さを持つものの、敵キャラクターの中ではゴブリンサボテンダーベヒーモスモルボルなどと並んで人気があり、携帯ストラップやぬいぐるみなどのグッズも発売されるなど、FFシリーズを代表するキャラクターにもなっている。

登場作品[編集]

主要作品[編集]

ファイナルファンタジーV
この作品で初登場。イストリーの滝でまれに出現する。特殊攻撃はパーティに近付いてきて、目の前まで来ると包丁で切りつけて大ダメージを与える「ほうちょう」のみだった。
HPは39,393と設定されていた。近づく時のアクションがモンスターを倒したときのそれと全く同じで、「いきなり自滅した?」「何が起こった?」などとプレイヤーを驚かせた。
倒すとミラージュベストというレアな防具を落とすことがある。
ファイナルファンタジーVI
パーティの歩いた歩数に応じてダメージを与えてくる「歩数ダメージ」という特殊攻撃を使ってくる。
3体同時に出現するトンベリーズも登場する。また、体色が青いトンベリマスターなるものもボスキャラクターとして登場する。
ファイナルファンタジーVII
特定の場所にしか登場しない。ラストダンジョンではマスタートンベリなるものも出現する。
ファイナルファンタジーVIII
「ほうちょう」や「みんなのうらみ」(倒したトンベリの数に応じて大ダメージを与える)という特殊攻撃を使ってくる。ただし、近づいてくる途中に転んでしまい、攻撃してこないこともある。
20匹倒すと巨大なトンベリキングが殺された一族の恨みを晴らそうと登場。こちらは「じだんだ」や「とぎたて」なる特殊攻撃を使ってくる。このトンベリキングを倒せばG.F.(ガーディアンフォース。いわゆる召喚獣)になる。
本作では倒しても経験値は入手できない設定になっている。
ファイナルファンタジーIX
ある場所で3体同時に出現する。
ファイナルファンタジーX
この作品でも特定の場所にしか登場しない。本作ではマスタートンベリやドン・トンベリなるものも出現、いずれも召喚獣を呼ぶとその召喚獣に対し「うしのこくまいり」という特殊攻撃も使ってくる。
ファイナルファンタジーX-2
物語の時期によって出る場所が変化し、物語後半では隠しダンジョンにのみ登場する。
ファイナルファンタジーXI
グラフィックがリアル化され、グロテスクな外見となっている。
あるクエストを行う事で、今までに倒したトンベリの数(怨み)をリセットし、「みんなの怨み」を受けた時のダメージを抑えることが出来る。
「みんなの怨み」以外に「急所突き」や「袈裟斬り」等も使用する。
一部のトンベリは「みんなの怨念」と言う技も使用する。
ファイナルファンタジーXIII
ミッションで敵として登場する。XIでリアル化されたグラフィックは以前までのものに戻った。こちらがトンベリを攻撃した回数、トンベリがこちらを攻撃した回数、ダメージの合計を数えており、それに応じて「うらみ骨随」を使う。2回目以降は「深刻うらみ骨随」や「猛烈うらみ骨随」に変化し、攻撃力と耐性が上がっていく。「猛烈うらみ骨随」を使われたあとは、たまにトンベリのフィギュアを落とすことがある。
ファイナルファンタジーXIII-2
こちらの作品にもドン・トンベリが出てくる(見た目は白色の普通のトンベリ)
PS3のトロフィーの中にドン・トンベリが関係しているものがある。
ファイナルファンタジーXIV
インスタンスダンジョン「ワンダラーパレス」に登場。
通常のトンベリに加え、トンベリストーカーなる巨大な青色をしたトンベリは倒す事が出来ない。
プレイヤーはトンベリストーカーに発見されないように進む事が必要になる。
最奥地においては、トンベリキングが登場、「とぎたて」や「みんなのうらみ」を定期的に使ってくる。
タンカーはそれに耐えなくてはならない。ミニオンとしてマメット・トンベリも存在する。

派生作品[編集]

クライシス コア ファイナルファンタジーVII
召喚獣とある特定の場所に出現する。
ディシディアファイナルファンタジー
召喚獣と『FFV』のプレイヤーアイコンとして登場。
チョコボスタリオン
レース解説者として登場し、「ヘイジロウ」と名乗る(名前の由来は競馬解説者の大川慶次郎から)。かなりの毒舌だが相馬(鳥)眼は確か。
ファイナルファンタジー零式
クラサメと共に登場。
MONSTER×DRAGON
オンラインゲームでカードとして登場。種類はトンベリクイーンなど、いろいろな種類がある。

関連項目[編集]