ダニエル・イノウエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ケン・イノウエ
Daniel Ken "Dan" Inouye
Daniel Inouye, official Senate photo portrait, 2008.jpg
生年月日 1924年9月7日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ準州ホノルル
没年月日 2012年12月17日(満88歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州
出身校 ハワイ大学マノア校
ジョージ・ワシントン大学
現職 弁護士
所属政党 民主党
称号 名誉勲章
青銅星章
パープルハート章
勲一等旭日大綬章
レジオンドヌール勲章シュヴァリエ
桐花大綬章
配偶者 マーガレット・シノブ・アワムラ(1949-1996、死別)
アイリーン・ヒラノ(2008-、全米日系人博物館館長)
サイン Daniel Inouye Signature.svg
公式サイト [United States Senator Daniel Inouye ]

アメリカ合衆国上院議員
任期 1963年1月3日 - 2012年12月17日

任期 2010年6月28日 - 2012年12月17日

任期 2009年1月3日 - 2012年12月17日

任期 2007年1月3日 - 2009年1月3日

任期 1987年1月3日 - 1995年1月3日
テンプレートを表示

ダニエル・ケン・“ダン”・イノウエDaniel Ken "Dan" Inouye1924年9月7日 - 2012年12月17日)は、アメリカ合衆国政治家。元アメリカ陸軍将校上院議員、上院仮議長。日本名は井上 建(いのうえ けん)。

1963年から50年近くにわたって上院議員に在任していた長老議員であり、上院民主党の重鎮議員の1人であった。2010年6月28日に最古参であったロバート・バード上院議員が死去したことで、上院で最も古参の議員となり、またこれに伴い慣例に沿うかたちで上院仮議長に選出、亡くなるまで同職にあった。上院仮議長は実質名誉職ではあるものの、大統領継承順位第3位の高位であり、アメリカの歴史上アジア系アメリカ人が得た地位としては最上位のものとなる。また第二次世界大戦時はアメリカ陸軍に従軍し、数多くの栄誉を受けた。アメリカ陸軍での最終階級陸軍大尉

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

祖父福岡県祖母広島県の出身で[1][2]、一家の失火による借金を返済する為に、1899年(明治32年)9月28日に福岡県八女郡横山村(現広川町八女市)から祖父母の浅吉・モヨとともに渡米した父・兵太郎と母・かめ(旧姓:今永)のもと、1924年(大正13年)に当時アメリカの準州であったハワイホノルルで生まれる。その後ホノルルの高校を経てハワイの名門大学であるハワイ大学マノア校に進学した。

第442連隊の英雄[編集]

陸軍少尉時代のイノウエ

ハワイ大学在学中の1941年12月に日本軍による真珠湾攻撃が行われ、アメリカが第二次世界大戦に参戦した後、ハワイでの医療支援活動に志願、その後アメリカ人としての忠誠心を示すためにアメリカ軍に志願し、アメリカ陸軍日系人部隊である第442連隊戦闘団に配属され、ヨーロッパ前線で戦う[3]

イタリアにおけるドイツ国防軍との戦いにおいて、1945年4月21日にドイツ軍兵士の使用したグレネードランチャーによって右腕を負傷し切断、1年8ヶ月に亘って陸軍病院に入院したものの、多くの部隊員とともに数々の勲章を授与され帰国し、日系アメリカ人社会だけでなくアメリカ陸軍から英雄としてたたえられる(ミシガン州バトルクリークには、イノウエら3名の負傷兵の名を冠した病院「Hart-Dole-Inouye Federal Center」もある)。1947年に陸軍大尉として名誉除隊した。右腕を失ったことにより、当初目指していた医学の道をあきらめた。ハワイ大学に復学して政治学を専攻し、1950年Bachelor of Arts in political scienceを得て同大学を卒業した。卒業後、ジョージ・ワシントン大学の法科大学院に進学し、1953年J.D.を授与された。 1954年に同じく退役軍人のエルトン・サカモト、サカエ・タカハシらとCentral Pacific Bankを設立した。

日系人初の上下両院議員[編集]

その後は政界に進出し、1954年には準州であったハワイ議会の議員に当選した。1959年には民主党からハワイ州選出の連邦下院議員に立候補し当選し、アメリカ初の日系人議員となる。

その後、1963年には上院議員となり(同じく第442連隊戦闘団員であったスパーク・マツナガも下院議員に当選する)、戦時補償法の制定などに尽力する傍ら、1973年にはウォータゲート事件1987年にはイラン・コントラ事件の上院調査特別委委員長となり注目を浴びる。アメリカ軍の予算に大きな権限を持つ上院歳出委員会国防小委員会の民主党長老議員として、エリック・シンセキ大将の陸軍参謀総長就任に尽力している。

議員として[編集]

民主党の上院議員として上院歳出委員会の国防小委員会で上級委員を務めたほか、カリフォルニア州ロサンゼルス日本人街リトル・トーキョーにある全米日系人博物館の理事長も務めた。2000年6月21日に、陸軍殊勲十字章ブロンズ・スター章英語版の受賞理由が見直され、軍人に贈られる最高位の勲章である名誉勲章を受章したほか、2007年11月、フランス政府からレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を授与された。2008年アメリカ合衆国大統領選挙においては、ヒラリー・クリントン上院議員を支持した。2010年の中間選挙にて民主党は上下院共に苦戦を強いられたが、再選を果たした。

1980年代に、日米間の貿易摩擦が政治問題化した際には、リチャード・ゲッパート英語版などと共に、対日批判の急先鋒として立ち回ったが、晩年は日本に対して融和的で、2007年には中華人民共和国韓国が主張する「慰安婦強制連行説」に立脚するアメリカ合衆国下院121号決議については、大日本帝国軍人による慰安婦への暴行抑圧は疑いの余地はなく、日本政府の6人の首相と2つの衆議院決議が1994年以来問題を認め謝罪を行ってきたことを尊重するべきであるとして、対日外交の継続性の観点からあらたに謝罪を求めることに反対した。

1996年に前妻と死別。2008年1月29日に「全米日系人博物館」館長 アイリーン・ヒラノと再婚した。

死去[編集]

2012年12月、ワシントンD.C.郊外のメリーランド州ベセスダにあるジョージ・ワシントン大学附属病院英語版に入院し、酸素吸入の処置を受けていたが、同月17日17時過ぎ、呼吸器合併症のため死去[4]。88歳没。死去の前、「ハワイと国家のために力の限り誠実に勤めた。まあまあ、できたと思う」と述べ、最後の言葉は「アロハ(さようなら)」だった。

死去に際して、オバマ大統領は「真の英雄を失った」「彼が示した勇気は万人の尊敬を集めた」との声明を発表したのに続き、パネッタ国防長官クリントン国務長官、上下両院の軍事委員長らが相次いで功績を称えた[5]。同月20日、遺体を納めた棺がアメリカ合衆国議会議事堂中央にある大広間に安置され、追悼式典が開かれた。大広間に遺体が安置されるのは、エイブラハム・リンカーンジョン・F・ケネディなど一部大統領や、ごく少数の議員に限られており、イノウエ議員は全体でも32人目、かつアジア系の人物としては初めて大広間に遺体が安置された人物ととなった[6]

日本野田佳彦首相はイノウエ夫人に書簡を送り[7]藤村修官房長官は「在米日系人社会の結束を強化するなど、日系関係の発展に尽力され、その功績は言葉では言い尽くせない。ご遺族、米国政府、米国民の皆さまに心から哀悼の意を表したい」と弔意を表した[8]

2013年5月24日、アメリカ海軍の新造アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の艦名が「ダニエル・イノウエ(DDG-118)」に決定したと発表された[9][10]。8月、大統領自由勲章追贈。

名誉勲章[編集]

イノウエが受章した名誉勲章への感状には下記のように記されている。

ダニエル・K・イノウエ少尉は1945年4月21日、イタリアのサン・テレンツォ近郊における作戦中の際立って英雄的な行動によって、その名を残すこととなった。重要な交差点を守るべく防御を固めた稜線を攻撃している間、イノウエ少尉は自動火器と小銃から浴びせられる射撃をかいくぐって巧みに自身の小隊を指揮し、素早い包囲攻撃によって大砲と迫撃砲の陣地を占領し、部下達を敵陣から40ヤード以内の場所にまで導いた。掩蔽壕と岩塊からなる陣地にこもる敵は、3丁の機関銃からの十字砲火により友軍の前進を停止させた。イノウエ少尉は自らの身の安全を完全に度外視し、足場の悪い斜面を最も近くにある機関銃から5ヤード以内の位置まで這い上がり、2個の手榴弾を投擲して銃座を破壊した。敵が反撃を仕掛けてくる前に、彼は立ち上がって第2の機関銃座を無力化した。狙撃手の弾丸によって負傷するも、彼は手榴弾の炸裂によって右腕を失うまで、至近距離で他の敵陣地と交戦し続けた。激しい痛みにも関わらず彼は後退を拒否して、敵の抵抗が破れ、部下達が再び防御体勢に入るまで小隊を指揮し続けた。攻撃の結果敵兵25名が死亡し、8名が捕虜となった。イノウエ少尉の勇敢かつ積極的な戦術と不屈のリーダーシップによって、彼の小隊は激しい抵抗の中でも前進することができ、稜線の占領に成功した。イノウエ少尉の類まれな英雄的行為と任務への忠誠は、軍の最も崇高な伝統に沿うものであり、また、彼自身やその部隊、ひいてはアメリカ陸軍への大きな栄誉をもたらすものであった。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 「ワシントンへの道」(原題:Journey to Washington)

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ “イノウエ議員、広島にゆかり”. 中国新聞. (2012年12月19日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201212190050.html イノウエ米上院議員死去 広島とハワイ橋渡し渡し|中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター
  2. ^ “【土・日曜日に書く】論説委員・鳥海美朗 イノウエ米上院議員の忠告”. 産経新聞. (2011年7月16日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110716/amr11071603100001-n1.htm 
  3. ^ “日系のベテラン上院議員イノウエ氏が死去-大統領も弔意”. ブルームバーグ. (2012年12月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MF7OV66JTSEA01.html 
  4. ^ ダニエル・イノウエ氏死去 半世紀にわたり米上院議員務める CNN.co.jp 2012年12月18日付記事
  5. ^ “死去のイノウエ議員:日米間のパイプ役…オバマ氏も一目”. 毎日新聞. (2012年12月18日). http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m030075000c.html 2012年12月31日閲覧。 
  6. ^ “イノウエ議員のひつぎ、大広間に…大統領級扱い”. 読売新聞. (2012年12月21日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121221-OYT1T00510.htm 2012年12月21日閲覧。 
  7. ^ “ダニエル・イノウエ米上院議員の逝去” (プレスリリース), 外務省, (2012年12月18日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/inoue_1212.html 2012年12月20日閲覧。 
  8. ^ “イノウエ議員死去:後継不在「痛手」 日本からも惜しむ声”. 毎日新聞. (2012年12月18日). http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m010108000c.html 2012年12月31日閲覧。 
  9. ^ “新造イージス艦に「イノウエ」命名 名誉勲章の日系上院議員”. 産経新聞. (2013年5月25日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130525/amr13052513030003-n1.htm 2013年5月25日閲覧。 
  10. ^ “Navy Names Next Two Destroyers” (英語) (プレスリリース), アメリカ国防総省, (2013年5月23日), http://www.defense.gov/releases/release.aspx?releaseid=16032 2013年5月25日閲覧。 
  11. ^ 大綬章受章者

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ロバート・バード
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国上院仮議長
2010 - 2012
次代:
パトリック・リーヒ
先代:
オレン・E・ロング
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州選出上院議員(第3部)
1963 - 2012
次代:
ブライアン・シャッツ
先代:
ジョン・A・バーンズ
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州第1選挙区下院議員
1959 - 1963
次代:
トーマス・ポンス・ギル