ストロム・サーモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ストロム・サーモンド


任期
1956年11月7日 – 2003年1月3日
前任者 トーマス・ウォフォード
後任者 リンゼイ・グラハム
任期
1954年12月24日 – 1956年4月4日
前任者 チャールズ・ダニエル
後任者 トーマス・ウォフォード

任期
1947年1月21日 – 1951年1月16日
副知事 ジョージ・ベル・ティマーマン・ジュニア
前任者 ランサム・ジャドソン・ウィリアムズ
後任者 ジェームズ・フランシス・バーンズ

任期
1981年1月3日 – 1987年1月3日
前任者 ウォーレン・マグナスン
後任者 ジョン・C・ステニス
任期
1995年1月3日 – 2001年1月3日
前任者 ロバート・バード
後任者 ロバート・バード
任期
2001年1月20日 – 2001年6月6日
前任者 ロバート・バード
後任者 ロバート・バード

任期
2001年6月6日 – 2003年1月3日
前任者 (N/A - post created)
後任者 ロバート・バード

出生 1902年12月5日
サウスカロライナ州エッジフィールド
死亡 2003年6月26日(100歳)
サウスカロライナ州エッジフィールド
政党 州権民主党 (1948 - 1954)
民主党 (1923 - 1948, 1954 - 1964)
共和党 (1964 - 2003)
配偶者 ジーン・クロウチ (1947 - 1960) (deceased)
ナンシー・ジャニス・ムーア (1968 - 2003) (separated 1991 - 2003)
専業 法律家政治家
信仰 南部バプテスト連盟
署名
兵役経験
所属組織 アメリカ合衆国
部門 アメリカ陸軍
アメリカ陸軍予備役
軍歴 1942 - 1963
最終階級 US-O8 insignia.svg 少将
戦闘 第二次世界大戦
*ノルマンディーの戦い
賞罰 勲功章 (2)
青銅星章
パープルハート章
第二次世界大戦戦勝記念章
欧州・アフリカ・中東戦従軍章
王冠勲章
戦功十字章

ジェームズ・ストロム・サーモンド: James Strom Thurmond1902年12月5日 - 2003年6月26日)は、アメリカ合衆国の政治家。サウスカロライナ州知事1947年 - 1951年)、連邦上院議員(サウスカロライナ州選出、1954年 - 1956年, 1956年 - 2003年)を歴任した。1956年から1964年までは民主党所属だったが、1964年から議員退職するまでの2003年までは共和党に所属していた。1948年には州権民主党の大統領候補にもなった。上院議員としての在任期間49年は当時最長で(後にロバート・バード議員に塗り替えられた)、議事妨害の最長記録も持つ。100歳を迎えたときに上院議員を務めていた唯一の人物。

初期の経歴[編集]

サウスカロライナ州エッジフィールドで生まれる。実家は農家であった。1923年にクレムソン・カレッジ(現 クレムゾン大学)を卒業後、家業に従事する傍ら教師としての生活を送る。1924年には陸軍に入隊した。1930年にはサウスカロライナ州の法曹界に入り、故郷エッジフィールド郡の検察官となる。1932年にはサウスカロライナ州上院議員となる。第二次世界大戦では、陸軍士官としてヨーロッパ戦線に従軍し、1944年6月6日のD-デイ(ノルマンディー上陸作戦の日)には第82空挺師団の一員として参加する。サーモンドは輝かしい戦績をあげ、数多くの勲章を得た。

終戦後、サーモンドはサウスカロライナ州の政界に復帰し、1946年にはサウスカロライナ州知事に当選した。知事としてサーモンドは、いわゆるジム・クロウ法と呼ばれた一連の白人とアフリカ系の人種隔離を定めた法の擁護者として知られ、人種隔離政策を強力に支持、推進した。一方でニューディール政策の流れを汲むリベラル派としての一面もあった。

南部民主党の代表格として[編集]

1948年の民主党大会では、党の大統領候補者としてハリー・S・トルーマン大統領が指名された。この際民主党の綱領には、ヒューバート・ハンフリーミネアポリス市長らリベラル派の主張するマイノリティ(主にアフリカ系)の公民権擁護のための法律(公民権法)の制定が盛り込まれた。ちなみに、先に制定された共和党の綱領にも公民権法の制定が盛り込まれていた。南部の民主党員は人種隔離政策を支持しており、トルーマンの綱領に反発した。この結果南部出身の民主党議員、知事、それに一部の南部出身の民主党員はトルーマンに反旗を翻し、州権民主党(ディキシークラット)を結成した。当時サウスカロライナ州知事であったサーモンドは同党の大統領候補者に指名され、ジム・クロウ法の擁護と人種隔離政策の継続を訴えた。結局トルーマンが共和党候補トマス・デューイニューヨーク州知事を破り当選したが、サーモンドはサウスカロライナ、アラバマミシシッピルイジアナの4州を制した。

1954年に、サーモンドは上院議員選挙に当選した。彼は立候補者ではなく、いわゆる書き込み投票(write-in)による当選であった。立候補者でないものが上院議員選挙で当選した唯一の例である。上院でも彼は南部民主党員の主張を代弁した。1957年に公民権法(1957年の公民権法)が審議されると、24時間18分にわたる演説を行い、議事を妨害した。これが上院史上最長の議事妨害である。結局同法は共和党と北部民主党の賛成を得て可決された。

共和党への鞍替えとそれ以降[編集]

サーモンドと当時のレーガン大統領

1964年の公民権法が北部の民主党員と共和党員の大半の賛成を得て可決されると、サーモンドはこのプログラムを強力に推進しようとするジョンソン民主党政権に反発し、共和党へ移籍した。既に1952年にサーモンドには、民主党員でありながら大統領選挙で共和党候補、ドワイト・アイゼンハウアー元帥を支持した過去がある。彼は同じく1964年の公民権法に反対したバリー・ゴールドウォーター上院議員を強力に支持した。しかしながら、共和党に鞍替えした頃から、サーモンドは公民権問題に対するスタンスを軟化させた。彼は南部出身の議員でアフリカ系のスタッフを雇った最初の議員であった。

サーモンドは「堅固な南部」と呼ばれ、民主党による事実上の一党支配が行われていた南部諸州で共和党が勢力を拡大するのに大きな貢献をした。リチャード・ニクソン大統領は伝統的な価値観の擁護を従来より強く打ち出し、保守的白人の多い南部の有権者に訴えかけ、人種差別を主張することなく南部へ勢力を拡大する南部戦略を打ち出した。サーモンドはこれを側面から支援した。1968年の大統領選挙では1948年にサーモンド自身が訴えたのとほぼ同様の主張を行うジョージ・ウォレスアラバマ州知事を批判し、ニクソンを全面的に支援、ニクソンが南部の一部の州で勝利するのに貢献した。このことはサーモンドがかつての人種隔離主義、人種差別主義と決別し、また南部もかつての人種差別的体質から脱却しつつあり、新しい南部へと変わりつつあることを示していた。

サーモンドは上院の長老であり、上院では上院仮議長の重職を1981年から1987年1995年から2001年にかけて務めた。

晩年[編集]

ワシントン・連邦議会内のサーモンド議員のオフィスで執り行われた100歳の誕生日を記念する式典で、エリック・シンセキ陸軍参謀総長(当時・現在の退役軍人長官)よりこれまでの国家への貢献についての謝辞を受けるサーモンド。

1996年、サーモンドは7期目の任期を満了し、改選を迎えた。彼は100歳まで上院議員でいることを宣言し、これが最後の任期であるとして再選を訴えた。サーモンドが高齢であることや、在任期間が長期に及びすぎていることへの批判もあったが、彼は当選を果たした。2002年12月5日にサーモンドは上院議員に在職のまま100歳を迎えた。彼の誕生日のパーティーの際、上院多数党院内総務であったトレント・ロット上院議員(ミシシッピ州)は自分の州の投票人が1948年にサーモンドに投票したことを誇りに思っており、もしサーモンドが当選すれば多くの問題は起こらなかっただろうと発言した。これはただの追従に過ぎず、ロットが人種隔離政策を支持しているわけでも支持していたと発言したわけでもなかったが、サーモンドが人種隔離政策を主張したことに対して肯定的と受け止められるものだったため、野党の民主党ばかりでなく、共和党からも強い反発が起こり、ブッシュ大統領が不快感を表明する事態に発展した。このことが原因で、ロットは上院院内総務を辞任した。サーモンドは2003年1月5日をもって上院議員を退任した。それからまもなく、6月26日に故郷エッジフィールドで死去した。

外部リンク[編集]

死亡記事[編集]

公職
先代:
ランサム・ジャドソン・ウィリアムズ
サウスカロライナ州知事
1947年1月21日 - 1951年1月16日
次代:
ジェームズ・フランシス・バーンズ
先代:
エドワード・ケネディ
上院司法委員会委員長
1981年 - 1987年
次代:
ジョセフ・バイデン
先代:
ウォーレン・マグナスン
アメリカ合衆国上院仮議長
1981年1月3日 - 1987年1月3日
次代:
ジョン・C・ステニス
先代:
サム・ナン
上院軍事委員会委員長
1995年 - 1999年
次代:
ジョン・ワーナー
先代:
ロバート・バード
アメリカ合衆国上院仮議長
1995年1月3日 - 2001年1月3日
次代:
ロバート・バード
アメリカ合衆国上院仮議長
2001年1月3日 - 2001年6月6日
議会
先代:
チャールズ・ダニエル
サウスカロライナ州選出上院議員(第2部)
1954年12月24日 - 1956年4月4日
次代:
トーマス・ウォフォード
先代:
トーマス・ウォフォード
サウスカロライナ州選出上院議員(第2部)
1956年11月7日 - 2003年1月3日
次代:
リンゼイ・グラハム