サトームセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サトームセン株式会社
SATO MUSEN CO.,LTD.
Laoxmain.jpg
営業当時の本店(2006年)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 サトー、SM、ジャガー
本社所在地 370-0841
群馬県高崎市栄町1番1号
設立 1971年3月22日(創業:1946年5月 佐藤無線研究所)
業種 小売業
事業内容 家庭電化製品、パソコン、AV機器、ゲームのソフト販売
代表者 代表取締役社長 一宮忠男
資本金 3億5000万円(2009年4月現在)
売上高 204億円(2007年3月現在)
従業員数 206名(2007年3月現在)
決算期 3月末日
主要株主 株式会社ぷれっそホールディングス 100%
主要子会社 なし
関係する人物 佐藤暢夫(創業者)
外部リンク 公式サイト(閉鎖)
テンプレートを表示

サトームセン株式会社は、かつて存在した家電量販店チェーン企業。2008年平成20年)7月15日に事業を停止し、2013年5月31日付けをもってヤマダ電機と合併し法人消滅となった。

概要[編集]

1946年昭和21年)5月、佐藤暢夫により佐藤無線研究所として創業。1948年(昭和23年)8月に株式会社に改組、佐藤無線株式会社となる。

1950年代に『クライスラー』ラジオキットキャビネット)の製造販売で成長し、その後家電品小売に進出。1972年(昭和47年)1月にサトー無線株式会社に商号を変更、1975年(昭和50年)10月に再び商号を変更しサトームセン株式会社となった。

最盛期には秋葉原に本店以下8店舗を構え、関東地方有数の家電量販チェーンを展開していた。キャッチコピーは「確かな物を、確かな店で」「あなたの近所の秋葉原」。

経営不振から、マツヤデンキ星電社とともにヤマダ電機傘下に入り、既存の全店舗は2007年(平成19年)以降ヤマダ電機の店舗に転換された。本社は店舗営業当時は東京都千代田区外神田2-4-4にあったが、事業停止後の2008年9月にヤマダ電機本社内に登記上本店を移転した。

その後、2013年(平成25)5月31日付をもって、同じくヤマダ電機グループの「ダイクマ[1]と共に法人格をヤマダ電機に吸収されることになり、法人としての「サトームセン」も消滅し、名実ともに67年の歴史に幕を下ろした。

沿革[編集]

  • 戦後のラジオブーム期に、電子部品商として急成長する。1950年(昭和25年)頃より、秋岡芳夫ら若手インダストリアルデザイナーを起用した、斬新なラジオキャビネット(ラジオキット)を『クライスラー』ブランドで矢継ぎ早に発売し、業界に不動の地位を築いた。
  • その後、家電品小売に進出。Hi-Fiブームの中で日本ビクターとの関係を強め、一部店舗の看板にもビクターのロゴを入れていた。
  • 秋葉原地区に最大8店舗を構え、秋葉原を代表する家電量販店の1つでもあった。しかし他の秋葉原の量販店同様、バブル崩壊後の不況(失われた10年)やPC販売の不振、ヨドバシカメラの進出や、ヤマダ電機などの郊外型量販店の躍進に伴い、経営状態が悪化。
  • 2003年(平成15年)1月から2004年(平成16年)3月までの期間には20の店舗(うち秋葉原が7)を閉鎖。
  • 2005年(平成17年)4月 - マツヤデンキとの統合を視野に入れた上で提携。これにより創業家である佐藤一族は経営から退き、マツヤデンキから経営陣が送り込まれ社長および会長職には当時のマツヤデンキの会長であった檜山健一郎(東芝OB)が就任。
  • 2005年7月 - マツヤデンキ同様、新生銀行傘下の投資ファンドの傘下になる。
  • 2005年後半より再び不採算店舗の閉鎖を加速させ、秋葉原の3店舗と綱島に所有する店舗を不動産業のゼファーにより証券化[2]
  • 2006年(平成18年)1月1日 - 約60年間続いたノンマニュアル主義と従業員に制服がない制度が当時の社長の提言で改められる。
  • 2006年4月 - マツヤデンキ・星電社とともに、本部機能を、大阪日本橋に移転したマツヤデンキ本社内に集約。
  • 2006年10月1日 - マツヤデンキ、星電社、サトームセンの3社が株式移転持株会社ぷれっそホールディングス(本社・東京)を設立し経営統合。サトームセンの社長には初の生え抜き社長である海老原重範が就任。
  • 2007年(平成19年)6月29日 - 親会社であるぷれっそホールディングスが、ヤマダ電機の完全子会社となる。
  • 2007年11月11日 - 秋葉原の駅前一号店(写真)が閉鎖され、ヤマダ電機(パソコン関連商品販売専門)に転換。サトームセンが営業する秋葉原の店舗はカシオショップのみとなり、秋葉原での一般家電販売から撤退。
  • 2007年12月22日 - 全店舗をヤマダ電機ブランドへ転換完了し、「サトームセン」店舗が消滅。サトームセンのアフターサービスやポイントカード等については旧サトームセン店舗でのみ可能であり、それ以外のヤマダ電機店舗では対応していない。
  • 2008年(平成20年)7月15日 - 旧サトームセン店舗がすべてヤマダ電機の直営となり、サトームセンは所有資産の管理会社となる。
  • 2013年(平成25年)5月31日 - ヤマダ電機がサトームセンを吸収合併[3]し、サトームセンは67年(実質的な営業展開は62年)の歴史に幕を下ろした。

店舗一覧[編集]

ヤマダ電機に転換された店舗[編集]

東京都[編集]

サトームセン駅前1号店(現、ヤマダ電機LABI秋葉原パソコン館)(隣のメガネスーパーは旧駅前6号店)
  • LABI秋葉原パソコン館(E1 旧駅前1号店 - 2007年11月11日に閉鎖) - 2007年12月14日に転換
  • テックランド永山店(D32 旧サトームセン永山店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド葛西店(D34 旧サトームセン葛西店) - 2007年12月1日転換、2011年09月25日閉鎖
  • テックランド東久留米店(D66 旧サトームセン東久留米店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド東久留米前沢店(D74 旧サトームセン東久留米前沢店) - 2007年12月1日転換、2009年10月27日閉鎖
  • テックランド大田糀谷店(D85 旧サトームセン大田糀谷店) - 2007年12月22日転換
  • テックランド赤羽北本通り店(D92 旧サトームセンダイエー赤羽北本通り店) - 2007年12月8日転換
  • テックランド碑文谷店(D94 旧サトームセンダイエー碑文谷店) - 2007年12月8日転換

埼玉県[編集]

  • テックランド志木駅前店(D38 旧サトームセン新座店) - 2007年12月8日転換、2010年8月2日閉鎖
  • テックランド東川口店(D97 旧サトームセン東川口店) - 2007年12月1日転換

神奈川県[編集]

  • テックランド東戸塚店(D75 旧サトームセン東戸塚店) - 2007年12月22日転換
  • テックランド鶴見店(D81 旧サトームセン鶴見店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド武蔵中原店(D88 旧サトームセン武蔵中原店) - 2007年12月22日転換

千葉県[編集]

  • テックランド行徳店(D35 旧サトームセン行徳店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド上本郷店(D63 旧サトームセン上本郷店) - 2007年12月1日転換
  • テックランドSHOPS市川店(D86 旧サトームセンSHOPS市川店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド五香店(D89 旧サトームセン五香店) - 2007年12月1日転換
  • テックランド松戸西口店(D93 旧サトームセンダイエー松戸西口店) - 2007年12月8日転換、2009年9月17日閉鎖
  • テックランド新松戸店(D96 旧サトームセンダイエー新松戸店) - 2007年12月8日転換

閉鎖した店舗[編集]

東京都[編集]

秋葉原[編集]
閉店直後の本店(2007年撮影)
→P1 パソコン館PCisLand - 2004年閉鎖(現:東京レジャーランド秋葉原店)
  • F1 ニューアキハバラセンター1号店
  • F2 駅前2号店 - 電気街口北側を出て右手。サトームセンの第1号店でもあった。現在は取り壊され更地。
  • F3 駅前3号店
  • F4 万世橋店 - 万世ビル2階(現:ラオックス ザ・デジタル館→ビッグアップル秋葉原店ほか)
  • F5 駅前5号店 - 2006年閉鎖(現:TRADER2)
  • F6 駅前6号店 - 2006年閉鎖(現:メガネスーパーAKIBA館→セガ秋葉原ほか)
  • R1 ラジオ会館1F1号店 - 2006年閉鎖(現:ホビーショップコトブキヤラジオ会館→ラジオ会館改築に伴い解体)
  • ラジオ会館1F2号店
  • ラジオ会館2F1号店
  • ラジオ会館3F1号店
  • ラジオ会館4F1号店
  • ラジオ会館4F2号店
  • Natural Sound Space サトー
  • パソコンランド
  • 御茶ノ水店(当初は駅前6号店という名称だった)
  • 神田店
秋葉原以外[編集]
  • D11 小田急町田店
  • D12 東急町田店
  • D13 東急吉祥寺店
  • D14 新宿小田急店(家電)
  • D15 新宿小田急店(音響)
  • D18 ルミネ立川店 - 2001年閉鎖
  • D25 大森店
  • D26 荻窪店
  • D27 ルミネ北千住店
  • D29 西荻窪店
  • D33 赤羽店
  • D43 小金井店 - 2003年閉鎖(現:セイジョー武蔵小金井店)
  • D51 つくし野店
  • D55 多摩そごう店
  • D71 町田鶴川店
  • D77 三鷹店 - 2002年8月27日改装の為閉鎖
→三鷹店パソコン館 - 2002年9月13日開店、2004年3月15日閉鎖
  • D77N 三鷹店電器館 - 2002年9月13日開店、2005年9月25日閉鎖(現:でんきち三鷹本店)
  • D79 青梅店 - 2006年3月12日閉鎖(現:ザ・ダイソーおうめ新町9丁目店)
  • D82 足立古千谷店 - 2006年閉鎖(現:スーパーベルクス 足立古千谷店)
  • D83 足立ひとつや店 - 2006年閉鎖(現:ザ・ダイソー足立ひとつや店)
  • D91 蒲田店
  • D98 西葛西店
  • 渋谷店

神奈川県[編集]

  • A1 相模大野店 - 2003年閉鎖(現:アドアーズ相模大野)
  • D17 綱島店電器館 - 2006年頃閉鎖。
  • D17N 綱島店メディア館 → D17 綱島店 - 電器館閉鎖に伴い売り場を集約。2007年11月11日閉鎖[4]
  • D21 武蔵小杉店 - 2006年閉鎖
  • D23 川崎店
  • D28 中央林間店
  • D31 横浜そごう店
  • D47 希望ヶ丘店 - 2006年閉鎖
  • D48 平塚店
  • D49 港南台店 - 2004年2月15日閉鎖(現:港南台メディカルビル)
  • D50 青葉台店
  • D60 弥生台店 - 2007年11月11日閉鎖
  • D65 古淵店 - 2005年閉鎖(現:TSUTAYA古淵駅前店)
  • D67 川崎宮前店 - 2007年11月11日閉鎖(現:食品館あおば初山店)
  • D84 瀬谷南台店 - 2005年閉鎖(現:ブックオフ中古劇場瀬谷南台店)
  • D90 中山店(マルエツ中山店内)

埼玉県[編集]

  • D16 伊勢丹浦和店 - 2001年閉鎖
  • D19 志木ニュータウン店 - 2001年1月28日閉鎖
  • D20 新所沢店
  • D37 大宮そごう店 - 2002年8月31日閉鎖
  • D40 和光店 - 2002年2月24日閉鎖
  • D44 上福岡店
  • D45 北越谷店
  • D54 所沢店
  • D56 新大宮バイパス店
  • D58 南浦和店 - 2003年閉鎖
  • D59 草加バイパス店
  • D62 川口そごう店 - 2002年2月28日閉鎖
  • D72 入間店 - 2006年閉鎖(現:ぐるぐる大帝国 入間店
  • D73 北本店 - 2005年12月11日閉鎖(現:ジョーシン北本店)
  • D78 飯能店 - 2006年閉鎖(現:かっぱ寿司 飯能店[5]
  • D80 上尾平塚店 - 2006年1月22日閉鎖
  • D87 上福岡店 - 2003年閉鎖
  • D99 南浦和文蔵店 - 2005年閉鎖(現:ザ・ダイソー浦和文蔵店)
  • D100 せんげん台店 - 2007年11月11日閉鎖(現:みずほ銀行 せんげん台支店など)

千葉県[編集]

  • D22 BOXHILL松戸店
  • D24 浦安店
  • D30 船橋店
  • D36 我孫子店 - (現:くすりの福太郎我孫子店、一階・二階売場ともに元サトームセンのフロア)
  • D39 木更津そごう店
  • D52 臼井店
  • D53 新松戸店
  • D57 都賀店
  • D61 富里インター店
  • D69 長沼店
  • D64 夏見台店 - 2005年閉鎖(現:住宅情報館 船橋店→閉鎖・更地に)
  • D68 鎌ヶ谷店 - 2007年11月11日閉鎖 - (現:くすりの福太郎鎌ヶ谷店など 2008年4月1日開店、建物はそのまま建て替えせずに改装のうえ使用)
  • D70 おゆみ野店 - 2005年閉鎖(現:スポーツカムイおゆみ野店)
  • D76 PAT稲毛店 - 2006年閉鎖
  • D95 ダイエー津田沼店 - 2003年5月30日開店、2005年11月20日閉鎖(旧・習志野サンペデック3F)

 *:ダイエー撤退に伴い閉店。現:モリシア津田沼(2008年4月18日、3Fにヤマダ電機LABI津田沼が開店)

茨城県[編集]

  • D41 水海道店
  • D42 取手店
  • D46 学園都市店 - 2003年閉鎖(現:ブックエース/TSUTAYA つくば学園店)

CMソング[編集]

軽妙なテーマソング(作詞:伊藤アキラ、作詞:長沢ヒロ)に乗せて、ジャガーを擬人化したキャラクター「じゃがお(時にじゃがた)」と「じゃがこ」が踊る関東ローカルCMで知られた。

このCMソングはサトームセンの店頭で流されていたほか、家電量販店のCMソングを集めたコンピレーション・アルバムエレクトリックパーク』(ポニーキャニオン)にも収録されている。また、通信カラオケUGAJOYSOUNDDAMで歌うことができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ダイクマは法人格は消滅するが、ヤマダ電機のチェーン店ブランドとしては継続される
  2. ^ ゼファーのプレスリリース (PDF) (2007年9月29日時点のアーカイブ
  3. ^ “「サトームセン」が完全消滅 ヤマダが管理会社を吸収”. SankeiBiz. (2013年4月25日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/130425/bsb1304251336000-n1.htm 2013年4月25日閲覧。 
  4. ^ 【サトームセンblog】 綱島店 閉店セール実施中!” (2007年11月4日). 2007年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月8日閲覧。
  5. ^ 飯能店が入居してた建物は取り壊され、新しい建物にかっぱ寿司が入居する形となった。

外部リンク[編集]