ウェーサーカ祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェーサーカ祭ウエサク祭Vesakカンボジア:Visaka Bochea、インドバングラデシュネパール: Visakah Puja, Buddha PurnimaまたはBuddha Jayanti、タイ王国: ウィッサーカーブチャー、Visakha Bucha、ベトナム:Phật Đản、インドネシア:Waisak、スリランカマレーシア:Vesak (Wesak)、中国語文化圏:佛誕、fó dàn 、チベット:and Saga Dawa、ラオス:Vixakha Bouxa)は、仏教において行われる年に一度の祭りである。この祭りは東南アジアや香港台湾などでも行われている[1]が、大乗仏教(北伝仏教)の伝わった東アジアではウェーサーカ祭の代わりに灌仏会(佛誕、降誕会、仏生会、浴仏会、龍華会、釈迦誕生日)が行われる。

大乗仏教に伝わっているところによると、ウェーサーカ祭は、サンスクリット語でいうVaisakha(インド暦第二の月・ヴェサーカ)に該当する行事とされている。ミャンマーでは満月祭を意味する Ka-sone-la-pyae と呼ばれ、ミャンマーの暦で2月に当たる。

ウェーサーカ祭の正確な開催日は、その地域や宗派の採用する暦によって異なる。仏滅紀元を採用する上座部仏教では、満月の出る Uposatha の日(たいてい仏滅紀元の5月か6月)にウェーサーカ祭を行う。中国では、中国暦でいう4月の最初の満月の日にあたる。西洋のグレゴリオ暦では年ごとに異なるが、大体4月か5月に当てはまる。

ウェーサーカ祭が「釈迦の誕生日」と非公式に呼ばれることがあるのは、この祭りが釈迦の誕生・悟り(ニルヴァーナ、涅槃)・入滅(パリニルヴァーナ、般涅槃)の三大仏事に結びついているからである(日本の仏教では降誕会・成道会涅槃会は別々に行われるが、南伝仏教ではこれらは同じ月の同じ日に起こったこととされる)。

国連ウェーサクの日祝祭[編集]

国際連合は、主な宗教の祝祭について、国際的に認知されるべき祝祭を公式に認定している。
仏教のウェーサーカ祭は、1999年に認定された。
それを受けて、国際的な仏教団体がウェーサーカ祭を祝うイベントを開催している。 日本語では「国連ウェーサクの日祝祭」と表記される。
タイの仏教界が主催し、全世界の仏教徒に呼びかける形をとっている。
途中、仏教国の持ち回りによる開催が画策され、2008年にはテストケースとしてベトナムが主催したが、共産国家での僧侶の扱いに多くの参加者が困惑、反発した。
それを受けて、非公式ながらタイでウェーサク祝祭をいわば「やりなおす」事態に陥り、内定していた次年度の中国開催も白紙となる。
結局、タイでの永年開催の方向性で決着することになる。
2010年は、開催場所はタイながら、共同主催者として、日本の仏教界も名前を連ねている。

各国のウェーサーカ祭[編集]

日本のウェーサーカ祭[編集]

または花祭(灌仏会,降誕会,仏生会,浴仏会,龍華会,花会式とも)は、国民の休日になっていない。

これは釈迦の誕生日に龍が空からあらわれてソーマを注いだという故事からきており、中国暦でいう4月8日に行事が行われることになっているが、明治政府が暦を変更したため、今ではその暦の4月8日(中国暦より1カ月早い)に祝うことになっている。

愛知県では、愛知県ウエサカ鑽仰会が「ウエサカ祭」を主催している。 愛知県にあるいくつかの仏教系高等学校(愛知高等学校東海学園高等学校東海高等学校同朋高等学校豊川高等学校豊田大谷高等学校名古屋大谷高等学校)に通う高校生が、名古屋市にある覚王山日泰寺に集い、釈迦の遺徳を讃えている。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fowler, Jeaneane D. (1997). World Religions: An Introduction for Students. Sussex Academic Press. ISBN 1898723486. 

外部リンク[編集]