成道会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成道会じょうどうえ)とは、釈迦降魔成道悟りを開いた事)を記念して行われる法要(行事)のことである。

日本では、釈迦は臘月(旧暦12月)の8日に降魔成道したと伝承されているので、成道会を臘八会(ろうはちえ)とも称し、この日に法要が行われる。

南伝仏教では、ウェーサク祭として、5月の満月の日に仏誕会涅槃会と共に行われている。

臘八接心[編集]

禅宗では釈迦の降魔成道を記念して旧暦12月1日から8日にかけ、昼夜を通して僧堂接心を実施する寺院がある。この間は睡眠も結跏趺坐したまま執る。これは「臘八接心」(ろうはちせっしん/ろうはつせっしん)或いは「臘八大接心」(ろうはちおおぜっしん/ろうはつだいせっしん)と呼ばれる。近年は実施する寺院でも日数を短縮する傾向があるが、最終日を臘八会に合わせる。

関連項目[編集]