この記事は良質な記事に選ばれています

Signalize!/カレンダーガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Signalize!/カレンダーガール
STAR☆ANISシングル
リリース
規格 CDシングル
デジタル・ダウンロード
録音 STUDIO emPOINT
ジャンル
時間
レーベル ランティス
作詞・作曲 畑亜貴(作詞 #1)
こだまさおり(作詞 #2)
NARASAKI(作曲 #1)
田中秀和(作曲 #2)
チャート最高順位
  • 週間105位(オリコン)
STAR☆ANIS シングル 年表
-Signalize!/カレンダーガール
(2012年)
First Live!
(2012年)
EANコード
EAN 4540774140138
テンプレートを表示

Signalize!/カレンダーガール」(シグナライズ カレンダーガール)は日本の女性アイドルユニット・STAR☆ANISの1枚目のCDシングルである。当シングルは両A面シングルで、2012年11月21日にランティスより発売された。楽曲「Signalize!」と「カレンダーガール」は、テレビ東京系列他にて2012年10月より放送されたテレビアニメ『アイカツ!』の1stシーズン前期オープニングテーマ・エンディングテーマとしてそれぞれ起用された。

女児を対象としたメディアミックス・プロジェクト『アイカツ!』はゲームおよびアニメが並行して制作され、音楽については本来のターゲットである女児に限らず幅広い年齢層に受容される楽曲を目指した制作が行われてきた。「Signalize!」と「カレンダーガール」はその傾向を汲んだ作品となっている。「Signalize!」は作曲・編曲を担当したNARASAKIおよびSADESPER RECORDによるテクノな要素を含んだポップ・ミュージックに仕上がっており、ニュー・ウェイヴニューロマンティックなサウンドで構成される。作詞家の畑亜貴による言葉選びについては複数の音楽ライターから肯定的な指摘を受けており、NARASAKIによるサウンドと合わせて女児向け作品らしくない風変わりな1曲と評されている。「カレンダーガール」は作曲・編曲を担当したMONACA田中秀和によって様々なヴォーカル加工が施されたディスコ調の楽曲に仕上がっており、女の子の日常が描かれた内容となっている。田中が影響を受けたダンス☆マンを彷彿とさせるサウンドに加え、曲中に組み込まれた多彩な編曲技術は複数の音楽ライターから賞賛されている。両楽曲を収録したシングルはオリコンシングルチャートにおいて最高105位を記録している。

「Signalize!」と「カレンダーガール」は様々なヴォーカルによるバージョンがリリースされ、『アイカツ!』関連のイベントなどにおいてライブ・パフォーマンスも披露されている。そのほかカバー・バージョンおよびミュージシャンのkzによる「カレンダーガール」のリミックス・バージョンも発表されている。さらにテレビアニメ『アイカツ!』において「Signalize!」と「カレンダーガール」は前述のように主題歌として用いられたほか、作中に登場するキャラクターの3DCGライブ・ステージで披露される楽曲としても用いられている。とりわけ、アニメ『アイカツ!』1stシーズン最終話に当たる50話の脚本や演出技法は、楽曲「カレンダーガール」のサウンド構成やその歌詞と密接に絡んで制作されている。

背景[編集]

『アイカツ!』のアーケードゲーム(中央)とゲームをプレイする親子
(台湾台北市の新光三越台北駅前店8階のキッズ館にて2018年10月16日撮影)

『アイカツ!』はデータカードダス[† 1]を用いたアーケードゲームおよびトップアイドルとなることを目指して日々特訓に励む少女らを描いたテレビアニメで構成される[1][2][† 2]。『アイカツ!』は女児をターゲットとして制作された作品であるが、2012年10月のアニメ放送開始1年後の時点において、作品自体や作中のキャラクターが披露する楽曲は女児に限らず異なる年齢層からも支持を得たタイトルとなった[2]

『アイカツ!』は2010年頃からテレビアニメに先行してゲーム展開のための制作プロジェクトが進行していた[4]。そのプロジェクトの最終企画会議の際に流す映像に組み合わせる楽曲制作のために[5]、2011年1月頃からのちにアニメの音楽制作を担当することとなる音楽制作集団・MONACA[6]アニメの原案を作成したバンダイ[† 3]から依頼が行われた[8]。当時、MONACAに参画して1年未満の田中秀和が制作に抜擢され[5]、その段階で『アイカツ!』のために最初に書き下ろされた楽曲はのちにアニメ内でも挿入歌として用いられる「アイドル活動!」であった[6]。以降ゲーム展開のための楽曲を数曲制作したあと[9]、ゲーム内容をアニメ化する新規プロジェクトが開始し、既存のゲーム用楽曲をアニメ向けに書き換える作業が行われた[9]。アニメとゲームの両方で用いられる楽曲の方向性はテレビアニメ『アイカツ!』の監督・木村隆一とスーパーバイザー・水島精二によって決定されてきた[10]。水島は当時のアニメソングやアイドルソングといった分野では様々な音楽制作クリエイターが参加し多岐に渡るジャンルの楽曲が包含されている背景を踏まえて、『アイカツ!』では女児向けの音楽ではなく、女児に限らず「全世界に開かれた、全年齢対象の良質な音楽を」目指す方向性で制作依頼を行っており、水島からの依頼内容に基づいた楽曲制作が進行していった[11]。本項で詳述する楽曲「Signalize!」と「カレンダーガール」はそういった広いジャンルの音楽を提供するという狙いのもとで制作された一面が垣間見える楽曲となっている[10]。日本語版の楽曲の歌唱を担当したSTAR☆ANISは秋葉原ディアステージに在籍する女性メンバーで構成されている[12]。彼女達は歌のデモ音源、もしくはタイアップ作品が知らされないまま行われたステージ上での歌唱オーディションによって採用され[13]、『アイカツ!』のタイアップ楽曲でメジャー・デビューを果たすこととなった[14]。スーパーバイザーの水島がこのオーディションで彼女達の歌唱パフォーマンスを吟味し、キャラクターごとに歌唱を担当するメンバーを割り当てており[13]、『アイカツ!』では1つのキャラクターに対し声優と歌唱で別の役者を割り当てている[1]

制作[編集]

「選ぶのに悩みますが、思い出深いという意味では「Signalize!」が別格です。クセのある曲だとは思うんですが、そのぶん、子ども向けアニメにはちょっとないオープニングになった。この曲で『アイカツ!』は始まったんです。」
『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』にて行われたスタッフ・インタビューにて、好きな歌に「Signalize!」を挙げたアニメ監督・木村隆一[15]

テレビアニメ『アイカツ!』の監督・木村は、ゲーム展開や他の使用楽曲との組合せを考慮してクールな属性の楽曲として「Signalize!」を制作することに決定した[† 4][16]。同作品のスーパーバイザー・水島が女児向けの作品に尖った曲をタイアップさせたいと考え、音楽プロデューサーのNARASAKIに作曲を依頼しており[17]、水島にとって「宇宙的な広がりを感じさせ」る内容で挑戦的な楽曲となっている[10]。歌唱担当のわかは「Signalize!」のデモを受け取った際、最初はアニメのオープニングテーマにそぐわない楽曲のように感じたが、序奏にあるチャイムの音が始まりを予感させ、アニメの映像が加わるとれっきとしたオープニングテーマとなっていることに驚いたと述べ、「聞けば聞くほど味が出てくるスルメ曲」と表現している[18]。「Signalize!」の少し尖った作風と作品『アイカツ!』の世界観を組み合わせて制作されたのがアニメの2ndシーズン前期オープニングテーマ「KIRA☆Power」に当たる[19]

「カレンダーガール」はアイドル活動を始める前の『アイカツ!』登場キャラクター達やアイドルになりたいと思う女の子の心情がテーマとなって制作された[19]。2012年夏の始め頃に水島がテレビアニメ『夏色キセキ』での大詰め作業と並行して楽曲制作に携わっている[20]。制作当初、作曲・編曲を担当したMONACAの田中はヴォーカルの加工編集を行ったバージョンもあらかじめ制作していたが、田中自身が過剰なアレンジと判断して水島にはヴォーカルを加工していない状態のデモテープを提出した[11]。しかし水島からは「楽曲的な面白みが足りない」という指摘を受けヴォーカルに加工を施す方針に再度修正し[11]、冒頭を含むヴォーカルの一部にフィルター効果を加えた[16]。他にも水島はメロディの移り変わりを多くするよう田中に制作を依頼している[20]。一方で「Yeah!」というコーラスを挿入することに関しては水島に否定されながらも、田中の意思が反映されて残っている[16][19]。楽曲の完成後、コーラスの挿入に関する一悶着が起きたのは水島と田中との間で正確な意思疎通が行われていなかったためと判明したが[20]、水島はコーラスの無いバージョンと比較すれば完成した楽曲の方が良い印象になったと考えている[16][20]。さらに「カレンダーガール」の続編として制作されたのがアニメの2ndシーズン前期エンディングテーマ「オリジナルスター☆彡」に当たる[16][21]

映像外部リンク
インドネシア語吹き替え版の
ミュージックビデオ
「Signalize!」 - YouTube
「Calendar Girl」 - YouTube

ユニット・STAR☆ANISのメンバーのうち「Signalize!」の歌唱を担当したのは、わか・ふうり・すなお・りすこで、「カレンダーガール」の歌唱を担当したのは、わか・ふうり・すなおである[22]。アニメ『アイカツ!』は日本国外でも放送されており、インドネシア語版ではJKT48がヴォーカルを担当した[23]

音楽性[編集]

「Signalize!」は本楽曲の編曲を担当したSADESPER RECORDの音楽性が反映されたテクノな要素が混じり[24]、アイドルのイメージに似つかわしいダンサブルポップ・ミュージックとなっている[25]。サウンドについてアニメ音楽専門雑誌『リスアニ!』副編集長の澄川龍一は[† 5]ニュー・ウェイヴニューロマンティックライクと指摘している[8][26]。歌詞は少し大人びた内容となっており[18]、目指す夢に向かって動き始める様子が表現されている[27]。序奏がチャイムの音から始まり[22]、そのチャイムや高い歌声が曲を盛り上げる一方で、4つ打ちのビートが重々しいサウンド構成となっている[28]ヤマハミュージックメディアによれば、この楽曲のBPMは132とされている[29]

「カレンダーガール」は、モーニング娘。およびそのサウンド・プロデューサーであるダンス☆マンに影響を受けたMONACAの田中が作曲・編曲を担当しており、ジャンルとしてはディスコに分類されるアイドル・ソングである[26]。歌詞は『アイカツ!』に登場する「スターライト学園」における学生生活よりも日々繰り返されるワンシーンを切り取ったような内容で[18]、女の子の日常風景が愉快に描かれている[22]。曲中には金管楽器の音やコーラスが散りばめられており、旋律の覚えやすいパーティ・ソングとなっている[28]。また、ラジオから聞こえるような音を篭らせた編集や音声波形を刻んで配置するチョップといった音声加工が施されている[25]。歌唱担当のふうりはCメロを特に盛り上がるパートとして挙げている[18]

リリース[編集]

映像外部リンク
『アイカツ!』ベスト・アルバム
『Calendar Girls』の試聴動画
「Signalize!」(0s〜) - YouTube
「カレンダーガール」(4m28s〜) - YouTube

「Signalize!」と「カレンダーガール」は、ランティスによりテレビアニメで使用される「TV Size」バージョンにカットされた形態でのデジタル・ダウンロードが2012年10月24日に解禁となった[30]。その後STAR☆ANISの1枚目のシングルとして、同年11月21日に両A面CDシングルの形態でランティスより発売された[31]。さらに2014年10月1日には両楽曲のハイレゾ音源のデジタル・ダウンロードが開始された[24][32]。2018年7月11日には音楽ダウンロード配信・定額配信サービスにおいて「Signalize!」と「カレンダーガール」のフルバーションを含む『アイカツ!』ディスコグラフィのデジタル・ダウンロードを[33]サンライズ音楽出版が開始した[34]

また、両楽曲は2013年9月25日発売のサウンドトラック『アイカツ!の音楽!! 01』[† 6]・2014年4月9日発売の『アイカツ!』のベスト・アルバム『Calendar Girls』に収録された[36]。2013年12月14日には『アイカツ!』に登場するキャラクター・三ノ輪ヒカリが公式グッズショップのサポーターとして就任することを記念したアルバム『HI・KA・RI Shining♪』が発売され、ゆにこが歌唱した「カレンダーガール」が4曲目に収録された[37]。さらに2017年6月28日に発売された「TVアニメ/データカードダス『アイカツ!』COMPLETE CD-BOX」にはSTAR☆ANISや同じくアイドルグループのAIKATSU☆STARS!のメンバーらによる複数の組み合わせによって両楽曲を歌唱したバージョンが収録された[38]

プロモーション[編集]

テレビアニメ『アイカツ!』放映前の2013年10月2日にZepp ダイバーシティ東京にて行われた記者向けのアイカツ!プロジェクト発表会において、アニメ本放送前に楽曲「Signalize!」を用いたオープニングテーマ映像が公開された[39]。CDシングル発売前日の11月20日にはSTAR☆ANISのライブイベントを含むシングルの先行販売イベントを秋葉原ディアステージにて実施した[40]。シングルがリリースされた後、11月中に複数回の販売記念イベントを実施している[† 7]

アートワーク[編集]

画像外部リンク
アートワーク
朝鮮語版ウィキペディアによる画像ファイルへのリンク。

アートワークには『アイカツ!』に登場するキャラクター、星宮いちご霧矢あおい紫吹蘭が描かれている[42]。『アイカツ!』のキャラクターデザインを行ったやぐちひろこがデザインワークス担当の石川佳代子と議論してデザインを固めており、輝く宝石のようなイメージで飾りや模様をたくさん散りばめた構成となっている[42]。本作はやぐちが自由にデザインできたことが理由で、担当した『アイカツ!』ディスコグラフィの中でやぐちの嗜好が最も反映されたアートワークとなっている[42]

批評[編集]

映像外部リンク
「Signalize!」と対照的な印象を持つと指摘された楽曲「START DASH SENSATION」のミュージックビデオ - YouTube

「Signalize!」について澄川龍一は、本楽曲だけで『アイカツ!』の楽曲が尋常ではない作品だと気付かされ、作詞を担当した畑亜貴と作曲を担当したNARASAKIといったクレジットの並びだけでも「刺激的すぎるが、そこで鳴らされるサウンドはさらに衝撃的」と評した[26]。また、前述のような古めかしいサウンドと弾むメロディに畑による歌詞が組み合わさって、これまでに聴いたことのないアイドル・ソングに仕上がっていると言及した[26]。『リスアニ!』誌上でライターの上田繭子は、アイドル活動で奮闘する女の子達の心情が表現され、上昇志向をもった明るいメッセージの中で憂鬱さも感じ取れる「実に不思議な曲」と表現した[28]。そしてサビの前にある「残酷な夢が夢で夢になるんだ」という詞に着目し、言葉遊びのようなフレーズを用いることで「フワフワとした心地良さのなかに宙づりにされてしまった気分」と評した一方で、女児向けアニメのタイアップ楽曲の詞に「残酷」という単語を組み込んだ畑に対し感服したと述べている[28]。さらに作曲を担当したNARASAKIとのタッグを踏まえて「贅沢でオトナなふたりのコンビネーションが光る」楽曲とした[28]。同じく『リスアニ!』誌上でライターの須永兼次も上田と同じ歌詞に注目し、生々しい単語を入れることで現実を垣間見せる内容は「単なる"女児向け"と斬って捨てるにはあまりにも惜しすぎる」と述べた[25]。また、株式会社クリエンタに所属するライターの市川太一は、テレビアニメ『アイカツ!』では最終編に当たる4thシーズンでオープニングテーマとして用いられた楽曲「START DASH SENSATION」がアニメソングとして鉄板な作風であるのに対し、同ジャンルでは異質な内容を含む対照的な「Signalize!」によってアニメがスタートしたことに「ちょっとしたドラマ性を感じないだろうか」と指摘している[43]。同様に、『アイカツ!』のような女児向けの作品に対し内容が明瞭で明るいイメージを持った一般的な楽曲ではなく一風変わった「Signalize!」を起用したことについて、アニメ音楽情報サイト「リスアニ!WEB」において『リスアニ!』編集部のレビュアーもリリース当時の音楽シーンにおいて女児はきゃりーぱみゅぱみゅSEKAI NO OWARIのようなアーティストが制作した複雑な楽曲に触れる機会があるため、本作品を受け入れられるのだろうと考察している[24]。さらに同レビュアーは本楽曲のハイレゾ音源についても以下のようにサウンド構成やヴォーカルに触れ、肯定的な言及をしている[24]

ステージが一回り大きくなったような印象だ。アタックが強いビートが抜け良く響き渡り、クールな質感のサウンドがダイナミックに広がる。音像はソリッドながらも全体的に浮遊感が漂う。音の響きへのこだわりを感じさせ、アレンジの意図する所が充分に理解できる。(中略)ヴォーカルはそれぞれのキャラクターの個性を描き出し、その立ち位置も明瞭。夢に向かう真剣な眼差しが、しなやかで伸びのある歌の表情から伝わってくる。

—『リスアニ!』編集部レビュアー[24]

映像外部リンク
田中が作曲・編曲を担当したゆいかおりによる楽曲「LUCKY DUCKY!!」のミュージックビデオ - YouTube

次に「カレンダーガール」について『リスアニ!』の澄川は楽曲の構成要素について「とびきりキャッチーなメロディがまず何より素晴らしいが、一方でエフェクティブなイントロなど曲中に多彩なギミックがまぶされている」と指摘し[26]、ダンス☆マンを彷彿とさせるディスコ・サウンドになっていると述べた[8]。また、ライターの須永は「作品の余韻を残しつつもガーリーな世界をポップに描いた」作品と表現した[25]。『リスアニ!』編集部のレビュアーは田中が手掛けたゆいかおりの楽曲「LUCKY DUCKY!!」を引き合いに出し、同様の「巧みなエディットによるイントロから、音が弾ける鮮やかな解像度が感じられる。散りばめられた音があふれ飛び出してくる凝ったアレンジは、楽曲をいっそう華やかに演出する」と田中の編曲技術を評価した[24]。STAR☆ANISによるヴォーカルについては、「イエー」や「フゥー」といったコーラスも小気味良いとし、「あわただしい日常を過ごすキャラクターのイメージに一歩近づいたSTAR☆ANISの歌声のキュートさもさらに魅力的」と賞賛した[24]ボーカロイドソフトを用いて音楽プロデュースを行い、音楽配信サービスKKBOXのライターも務めるミスミはMONACAの田中が手掛ける楽曲には複雑かつ洒落たコード進行や旋律が含まれると指摘し、優れた作品の1つとして「カレンダーガール」を挙げている[44]

さらに、両楽曲が収録されたシングルについて音楽雑誌『CDJournal』のレビュアー・星隆行は4名のヴォーカルが「カラフルな世界を演出」していると評した[45]東京産業新聞社が運営するニュースサイト「ガジェット通信」のレビュアー3名は『アイカツ!』1stシーズン前期オープニングおよびエンディングテーマを総合してそれぞれ10点中7,6,6点をつけている[46]。ガジェット通信のレビュアー・srbnは「Signalize!」は同様のアイドルを描いたアニメ作品で用いられる主題歌と比較して「珍しく激しさがない」と指摘し、「カレンダーガール」は「Signalize!」やキャラクターの神崎美月が披露する「Move on now!」とは異なり「ノリやすい」点を評価し、楽曲タイトルについても賞賛した[46]

チャート成績と受容[編集]

オリコンの調査によると、「Signalize!/カレンダーガール」は2012年11月21日にCDシングルとしてリリースされた後、オリコンシングルチャート2012年12月第1週付のチャートランキングで105位を記録した[31][47]。推定初回売上枚数および推定累積売上枚数は903枚で以来週間チャート200位以内へのランクインは無い[47]

また、ニンテンドー3DS用ソフト『アイカツ! My No.1 Stage!』の発売前にユーザーによる『アイカツ!』楽曲の人気投票企画が行われ、上位4曲のなかに「カレンダーガール」がランクインした[† 8][48]。さらに、NHK BSプレミアムにて放送されたテレビ番組『ニッポンアニメ100』にて行われた約1万曲のアニメソングを対象としたNHK視聴者による人気投票企画・ベスト・アニソン100において楽曲「カレンダーガール」は210位にランクインした[† 9][50]

ライブ・パフォーマンス[編集]

『アイカツ!』のライブ・イベント『アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!』公演初日の様子
(2018年2月27日撮影)

前述の発売記念イベントに加え、『アイカツ!』関連のライブ・イベントにて「Signalize!」と「カレンダーガール」は複数回披露され、一部のパフォーマンスは映像作品としてリリースしている[51]。『劇場版 アイカツ!』の公開日翌日の2014年12月14日には、お台場シネマメディアージュにおいて公開記念のミニライブを兼ねた上映会を実施し、STAR☆ANISが披露した「カレンダーガール」のパフォーマンスはライブビューイングによって日本全国の劇場6ヵ所で同時中継された[52]。2018年2月27日・28日に日本武道館にて行われた『アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!』では両日ともに「Signalize!」・「カレンダーガール」が披露された[53][54]。とりわけ最終日では「Signalize!」をSTAR☆ANISのメンバーと『アイカツ!』に登場するユニット・マスカレードの歌唱担当であるりさ・えいみと合同で披露し、アンコールにはSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!が登場し「カレンダーガール」を歌い上げた[54]

他のライブイベントでも複数回披露されている[55][56][57]。2014年に3日間に渡って潮風公園内の太陽の広場で行われたライブ・イベント『ランティス祭り』関東公演において初日の9月13日に「カレンダーガール」を披露した[55]。2014年9月22日にさいたまスーパーアリーナにて行われた『Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-』初日公演では楽曲「アイドル活動!」・「ダイヤモンドハッピー」と繋げたメドレー形式で「Signalize!」が披露され[56]、映像作品もリリースされた[58]。2016年4月30日に大宮ソニックシティ大ホールにて行われたMONACA主催のライブイベント『MONACAフェス2016』でも「カレンダーガール」を歌い上げた[57]

テレビアニメでの使用[編集]

映像外部リンク
インドネシア語版『アイカツ!』公式チャンネルにてアップロードされたアニメーション映像
オープニング(1m19s〜) - YouTube
エンディング(22m26s〜) - YouTube
17話の「Signalize!」3DCGライブ・ステージ(14m56s〜) - YouTube
「1年目のラスト(第50話)でいちごがアメリカに飛び立つ時、ずっと「カレンダーガール」が流れていてメンバー全員が涙ながらにアフレコをしていました。1年という月日が私たちを成長させてくれたことを実感しましたね」
雑誌『アニメージュ』の劇場版『アイカツ!』特別増刊号にて行われたキャスト・インタビューにて、「カレンダーガール」が流れる50話終盤をお気に入りシーンに挙げる神崎美月役の声優・寿美菜子[59]

「Signalize!」はテレビアニメ『アイカツ!』の1話から25話までの1stシーズン前期オープニングテーマとして起用され[22]、3DCGのキャラクターによるライブ・ステージ楽曲としては1stシーズンの17・40話で用いられ[60][61]、17話はわか・りすこのみがヴォーカルを務めるバージョンが使用された[60]。オープニング映像は物語の始まりを感じさせる内容になっており、キャラクターの星宮いちごと霧矢あおいが学園に通う場面や登場キャラクターそれぞれの日常風景が描かれている[22]

「カレンダーガール」も同アニメの1話から25話までの1stシーズン前期エンディングテーマとして起用された[22]。3DCGのキャラクターによるライブ・ステージ楽曲として1stシーズンの22・25・50話[60][61]、2ndシーズンの55話[62][63]および最終回の178話で用いられ[64]、ステージに登壇するキャラクターに合わせて様々な組み合わせのヴォーカルによるバージョンが使用されている[60][62][64]。エンディング映像ではアナログ・レコードが回り続け、歌詞の内容を反映したSDキャラが現れる[22]。この世界観をモチーフにしたピクチャー・レコードも制作され、「Signalize!」と「カレンダーガール」が収録される予定である[65]。ライターの上田繭子はアニメのエンディング映像を組み合わせると「カレンダーガール」が可愛らしく映えていると評価し[28]、ライターの市川太一もアニメのエンディングテーマとして起用されることで「カレンダーガール」は視聴者に「鮮烈なイメージを植え付けた」と言及した[66]

また、『アイカツ!』1stシーズンの最終話に当たる50話の終盤ではいちごが神崎美月とのライブ・ステージ対決の後、いちご・あおい・蘭のユニット「ソレイユ」が披露する「カレンダーガール」のライブ・ステージがあり、いちごがアメリカに旅立つ際に仲間に見送られるシーンまで続けて「TV Size」バージョンではなくフルコーラスの「カレンダーガール」が流れる[16][67][† 10]。ここでは、「カレンダーガール」の歌詞からフレーズを抜き出し、キャラクターの台詞に組み込む演出も行われている[68]。このような演出は脚本家の加藤陽一によって視聴者を感動させる意図で行われ、加藤の手掛けた舞台『ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ〜』での成功経験を基に制作されている[68]。さらに、歌詞「思い出は未来のなかに」というフレーズが流れてあおいが初めてスターライト学園に登校した日を思い出すシーンで、彼女の流す涙が零れ落ちるカットに曲中最後のサビ前にあるウィンドチャイムの音が対応付けられている[16]。この演出も加藤のアイデアが反映されたものであり、彼の書いた脚本にも組み込まれていた[16]。加藤はこのように楽曲とアニメ演出が絡んだ50話の脚本を執筆するために「カレンダーガール」を5000回以上聴き込んでいる[69]アキバ総研のライター・やまゆーは50話が視聴者を感涙させる話に仕上がっていると述べ、「カレンダーガール」に含まれる日常のかけがえなさを表現した歌詞について登場キャラクターの別れのシーンで重要な役割を担ったとした[70]

カバー・リミックス[編集]

映像外部リンク
「カレンダーガール」カバー・バージョンのダンス・ビデオ - YouTube
リミックスアルバム『AIKATSU! ANION “NOT ODAYAKA” Remix』試聴動画 - YouTube

「Signalize!」・「カレンダーガール」は本田洋一郎によってリアレンジされ、声優の秋奈杜野まこが歌唱を担当したカバー・バージョンが子供を対象とした複数のアルバムに収録され、キングレコードから発売された[71]

また、2018年3月23日にバンダイの公式通販サイト・プレミアムバンダイおよび新木場ageHaで開催されたイベント「アイカツ!アニON ALL-MIX」において、『アイカツ!』ディスコグラフィ13曲のリミックスアルバム『AIKATSU! ANION “NOT ODAYAKA” Remix』が発売され、ミュージシャンのkzによってリミックスされた楽曲「カレンダーガール」が1曲目に収録された[72]。なお同年6月17日に新木場STUDIO COASTにて実施されたアニメソングイベント『リスアニ!PARK Vol.02』では、kzが本リミックス・ナンバーのDJパフォーマンスを披露した[73]。同じくkzがリミックスを手掛けた、ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場する大槻唯のキャラクターソング「Radio Happy」から連続して「カレンダーガール」をかけたkzのパフォーマンスについて、音楽ライターの北野創は高い満足感を観客に与えたと言及した[74]

シングル収録曲[編集]

CD[75]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Signalize!」畑亜貴NARASAKISADESPER RECORD
2.「カレンダーガール」こだまさおり田中秀和 (MONACA)田中秀和 (MONACA)
3.「Signalize! (OFF VOCAL)」畑亜貴NARASAKISADESPER RECORD
4.「カレンダーガール (OFF VOCAL)」こだまさおり田中秀和 (MONACA)田中秀和 (MONACA)
合計時間:

クレジット[編集]

[76]

「Signalize!」[編集]

  • 林田涼太 - ミキシング・エンジニア
  • Iroha Studio - ミキシング・スタジオ

「カレンダーガール」[編集]

  • 後藤貴徳 - ギター
  • 鹿島達彦 - ベース
  • 淺野浩伸 (redefine) - ミキシング・エンジニア
  • Splash Sound Studio - ミキシング・スタジオ

スタッフ[編集]

  • STUDIO emPOINT - レコーディング・スタジオ
  • M's disk mastering - マスタリング・スタジオ
  • 滝瀬真代 - マスタリング・エンジニア

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ データカードダスとは、ゲーム機能を備えたトレーディングカードの自動販売機を指す[1]
  2. ^ そのほか、コンシューマーゲームも並行して制作されている[3]
  3. ^ のちに『アイカツ!』のアニメ化を検討する際、バンダイによって先に企画されていたアーケードゲームの案と連動するように構成要素のすり合わせがなされた[7]
  4. ^ ゲーム『アイカツ!』では登場するファッションブランドや楽曲の属性がキュート・クール・セクシー・ポップの4種類に分類されている[16]
  5. ^ 出典として用いた『リスアニ! vol.12.1』・『リスアニ! vol.14.2』が発行された当時、澄川は副編集長を担当していた。2015年8月発売の『リスアニ! vol.22』より編集長を務める。
  6. ^ 収録されたのは「TV Size」バージョン[35]
  7. ^ ライブハウスでは11月21日に秋葉原ディアステージにて、11月25日にSHIBUYA BOXXにてイベントを開催した[40]。アニメショップではシングル購入者を対象として、11月21日にアニメイト横浜店にてミニライブと握手会を、11月24日にアニメイト渋谷店にて握手会を実施している[41]
  8. ^ 人気投票の結果、上位4曲が初回特典のプレイアブル楽曲として収録された[48]。投票の対象となったのは計53曲で、うち「Signalize!」は10位にランクインした[49]
  9. ^ 2016年12月12日 - 2017年2月10日にかけて行われたウェブ投票にて集計され、「カレンダーガール」が記録した210位は『アイカツ!』ディスコグラフィの中では最上位となった[50]
  10. ^ 物語の内容については『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』69頁を参照した。

出典[編集]

  1. ^ a b c 夏葉 2013, p. 41.
  2. ^ a b 澄川 2013b, p. 67.
  3. ^ 「キャラクター解剖 07」, 『CGWORLD 2012年12月号 vol.172』, p. 102.
  4. ^ 丸本 2014, p. 1.
  5. ^ a b 澄川 2013a, p. 52.
  6. ^ a b 澄川 2013b, p. 69.
  7. ^ 「GO TO THE TOP!」, 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』, p. 68.
  8. ^ a b c 澄川 2013a, p. 53.
  9. ^ a b 澄川 2013a, pp. 52 - 53.
  10. ^ a b c 水島 2012, p. 132.
  11. ^ a b c 澄川 2013a, p. 54.
  12. ^ 「Sing for a Dream」, 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』, p. 72.
  13. ^ a b SHIDA 2013, p. 148.
  14. ^ 澄川 2013b, p. 73.
  15. ^ 「スタッフインタビュー1 監督 木村隆一」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, p. 128.
  16. ^ a b c d e f g h i アニメイトタイムズ 2018a.
  17. ^ 野島 2016.
  18. ^ a b c d 「Sing for a Dream」, 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』, p. 73.
  19. ^ a b c 澄川 2013b, p. 74.
  20. ^ a b c d 水島 2013, p. 135.
  21. ^ 「スタッフインタビュー6 音楽(作曲・編曲) MONACA」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, p. 142.
  22. ^ a b c d e f g 「主題歌コレクション☆〜1stシーズン〜」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, p. 58.
  23. ^ 電通報 2014.
  24. ^ a b c d e f g リスアニ!編集部 2014.
  25. ^ a b c d 須永 2012, p. 98.
  26. ^ a b c d e 澄川 2013b, p. 76.
  27. ^ 市川 2014, p. 108.
  28. ^ a b c d e f 上田 2012, p. 97.
  29. ^ ヤマハミュージックメディア.
  30. ^ mora.
  31. ^ a b オリコンa.
  32. ^ OTOTOY 2014.
  33. ^ アニメイトタイムズ 2018b.
  34. ^ アップル.
  35. ^ 澄川 2013b, p. 79.
  36. ^ オリコンb.
  37. ^ データカードダス アイカツ!.
  38. ^ オリコンd.
  39. ^ TOKEN 2012.
  40. ^ a b サンライズ 2012.
  41. ^ ランティス 2012.
  42. ^ a b c 「穏やかじゃない、夏!」, 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』, p. 76.
  43. ^ 市川 2016, p. 110.
  44. ^ ミスミ 2016.
  45. ^ 星 2013, p. 142.
  46. ^ a b ガジェット通信 2012.
  47. ^ a b you大樹.
  48. ^ a b イナバ 2015.
  49. ^ バンダイナムコエンターテイメント.
  50. ^ a b NHK.
  51. ^ オリコンc.
  52. ^ アニメ!アニメ! 2014.
  53. ^ Komatsu 2018.
  54. ^ a b 加東 2018.
  55. ^ a b アニメイトタイムズ 2014.
  56. ^ a b News Lounge 2014.
  57. ^ a b 音楽ナタリー 2016.
  58. ^ 音楽ナタリー 2014.
  59. ^ 「CAST INTERVIEW PART 2 寿 美菜子×下地紫野」, 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』, p. 34.
  60. ^ a b c d 「ステージパフォーマンス&ミュージックガイド 1stシーズン」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, pp. 118 - 121.
  61. ^ a b 「1stシーズンステージリスト」, 『アイカツ!ステージビジュアルブック』, p. 111.
  62. ^ a b 「ステージパフォーマンス&ミュージックガイド 2ndシーズン」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, pp. 122 - 125.
  63. ^ 「2ndシーズンステージリスト」, 『アイカツ!ステージビジュアルブック』, p. 113.
  64. ^ a b 「ステージパフォーマンスミュージックガイド」, 『アイカツ!あかりGenerationオフィシャルコンプリートブック』, pp. 127 - 129.
  65. ^ 音楽ナタリー 2018.
  66. ^ 市川 2014, p. 109.
  67. ^ 丸本 2014, p. 3.
  68. ^ a b 丸本 2015.
  69. ^ 「スタッフインタビュー2 シリーズ構成 加藤陽一」, 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』, p. 132.
  70. ^ やまゆー 2016.
  71. ^ タワーレコードb.
  72. ^ おんだ 2018.
  73. ^ 北野 2018a, pp. 124 - 127.
  74. ^ 北野 2018b.
  75. ^ タワーレコードa.
  76. ^ VGMdb.

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『アイカツ!あかりGenerationオフィシャルコンプリートブック』 学研プラス2017年8月17日ISBN 978-4-05-611196-5 
    • 「ステージパフォーマンスミュージックガイド」、127 - 129頁。
  • 『アイカツ!オフィシャルコンプリートブック』 学研パブリッシング2014年12月25日ISBN 978-4-05-610718-0 
    • 「主題歌コレクション☆〜1stシーズン〜」、58 - 59頁。
    • 「ステージパフォーマンス&ミュージックガイド 1stシーズン」、118 - 121頁。
    • 「ステージパフォーマンス&ミュージックガイド 2ndシーズン」、122 - 125頁。
    • 「スタッフインタビュー1 監督 木村隆一」、126 - 128頁。
    • 「スタッフインタビュー2 シリーズ構成 加藤陽一」、130 - 133頁。
    • 「スタッフインタビュー6 音楽(作曲・編曲) MONACA」、141 - 143頁。
  • 『アイカツ!ステージビジュアルブック』 学研プラス、2015年12月12日ISBN 978-4-05-610884-2 
    • 「1stシーズンステージリスト」、110 - 111頁。
    • 「2ndシーズンステージリスト」、112 - 113頁。

雑誌記事[編集]

  • 『アニメージュ2月号増刊 劇場版アイカツ!特別増刊号』、徳間書店2015年2月1日
    • 「CAST INTERVIEW PART 2 寿 美菜子×下地紫野」、34 - 35頁。
    • 「GO TO THE TOP!」、68 - 71頁。(『アニメージュ 2013年7月号』アーカイブ)
    • 「Sing for a Dream」、72 - 73頁。(『アニメージュ 2013年8月号』アーカイブ)
    • 「穏やかじゃない、夏!」、74 - 76頁。(『アニメージュ 2013年9月号』アーカイブ)
  • 月刊ニュータイプ 2013年3月号』、角川書店2013年2月10日
    • HIDEKUNI SHIDA「TVアニメ『アイカツ!』オーディションシングル③ 「Third Action!」STAR☆ANIS」、148頁。
  • CGWORLD 2012年12月号 Vol.172』、ワークスコーポレーション2012年12月1日
    • 「キャラクター解剖 07」、102 - 105頁。
  • 『CDJournal 2013年01月号』第57巻第1号、音楽出版社、2013年1月1日
    • 「CD新譜試聴記 2012.11.30発売分まで」、105 - 171頁
      • 「アニメーション、特撮」、142 - 143頁。
  • Febri Vol.16』、一迅社2013年5月1日
    • 「アイドルアニメ新世紀」、26 - 48頁。
      • 夏葉薫「アイカツ!」、40 - 45頁。
  • 『リスアニ! vol.11』第22巻第17号、エムオン・エンタテインメント2012年10月25日ISBN 978-4-7897-7180-1
    • 「2012 10月クール OP×EDレビュー」、96 - 106頁。
    • 水島精二「水島精二 妄想タイアップ研究所 第十一回」、132 - 133頁。
  • 『リスアニ! vol.12』第23巻第1号、エムオン・エンタテインメント、2013年1月25日ISBN 978-4-7897-7185-6
    • 水島精二「水島精二 妄想タイアップ研究所 第十ニ回」、134 - 135頁。
  • 『リスアニ! vol.12.1』第23巻第4号、エムオン・エンタテインメント、2013年3月28日ISBN 978-4-7897-7189-4
    • 澄川龍一「PICK UP CREATOR 02 田中秀和」、50 - 55頁。
  • 『リスアニ! vol.14.2』第23巻第10号、エムオン・エンタテインメント、2013年9月28日ISBN 978-4-7897-7197-9
    • 「アイカツ!」、66 - 79頁。
      • 澄川龍一「『アイカツ!アイドルカツドウ!』の音楽カツドウ」、67頁。
      • 澄川龍一「作家陣、MONACA集合!! アイカツ!楽曲解説」、68 - 75頁。
      • 澄川龍一「アイカツ!ディスコグラフィー」、76 - 79頁。
  • 『リスアニ! vol.18.1』第24巻第10号、エムオン・エンタテインメント、2014年10月9日ISBN 978-4-7897-7220-4
    • 「リスアニ!ライター陣が選ぶ キャラソンガイド100 ハードコア編」、102 - 125頁。
  • 『リスアニ! vol.26.1』第26巻第5号、エムオン・エンタテインメント、2016年9月9日ISBN 978-4-7897-7254-9
    • 「リスアニ!ライター陣が選ぶ アイドルアニソン&キャラソンガイド100」、108 - 127頁。
  • 『リスアニ! vol.34』第28巻第7号、エムオン・エンタテインメント、2018年8月9日ISBN 978-4-7897-7284-6
    • 北野創「リスアニ!PARK Vol.02 LIVE REPORT」、124 - 127頁。

オンラインの情報源[編集]

外部リンク[編集]