2002 FIFAワールドカップ・グループD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2002 FIFAワールドカップ > 2002 FIFAワールドカップ・グループD

2002 FIFAワールドカップのグループD2002年6月4日から6月14日にかけて大韓民国の各会場で6試合が行われた。グループDには大韓民国ポーランドアメリカ合衆国ポルトガルの4カ国が入っていた。試合の勝敗による勝ち点などでグループ内での順位が決まり、上位2チームが決勝トーナメントに進出した。グループDの1位はグループGの2位と6月18日に、グループDの2位はグループGの1位と6月17日にそれぞれ対戦。

試合結果[編集]

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
D1 韓国の旗 韓国 7 3 2 1 0 4 1 +3
D3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4 3 1 1 1 5 6 -1
D4 ポルトガルの旗 ポルトガル 3 3 1 0 2 6 4 +2
D2 ポーランドの旗 ポーランド 3 3 1 0 2 3 7 -4

試合時間は全て日本時間 (UTC+9)

大韓民国 vs ポーランド[編集]

2002年6月4日
20:30

韓国 韓国の旗 2 - 0 ポーランドの旗 ポーランド 釜山アジアード競技場, プサン
観客数: 48,760人
主審: オスカル・ルイス (コロンビア)
黄善洪 26分にゴール 26分
柳想鐵 53分にゴール 53分
レポート

アメリカ合衆国 vs ポルトガル[編集]

2002年6月5日
18:00

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗 3 - 2 ポルトガルの旗 ポルトガル 水原ワールドカップ競技場, スウォン
観客数: 37,306人
主審: バイロン・モレノ (エクアドル)
オブライエン 4分にゴール 4分
コスタ30分にゴール 30分 (o.g.)
マクブライド 36分にゴール 36分
レポート ベト 39分にゴール 39分
アグース71分にゴール 71分 (o.g.)

大韓民国 vs アメリカ合衆国[編集]

2002年6月10日
15:30

韓国 韓国の旗 1 - 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 大邱ワールドカップ競技場, テグ
観客数: 60,778人
主審: ウルス・マイヤー (スイス)
安貞桓 78分にゴール 78分 レポート マティス 24分にゴール 24分

ポルトガル vs ポーランド[編集]

2002年6月10日
20:30

ポルトガル ポルトガルの旗 4 - 0 ポーランドの旗 ポーランド 全州ワールドカップ競技場, チョンジュ
観客数: 31,000人
主審: ヒュー・ダラス (スコットランド)
パウレタ 14分にゴール 14分 65分にゴール 65分 77分にゴール 77分
ルイ・コスタ 88分にゴール 88分
レポート

ポルトガル vs 大韓民国[編集]

2002年6月14日
20:30

ポルトガル ポルトガルの旗 0 - 1 韓国の旗 韓国 仁川文鶴競技場, インチョン
観客数: 50,239人
主審: アンヘル・サンチェス (アルゼンチン)
レポート 朴智星 70分にゴール 70分

ポーランド vs アメリカ合衆国[編集]

2002年6月14日
20:30

ポーランド ポーランドの旗 3 - 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 大田ワールドカップ競技場, テジョン
観客数: 26,482人
主審: 陸俊 (中国)
オリサデベ 3分にゴール 3分
クリシャウォヴィッチ 5分にゴール 5分
ジェヴワコフ 66分にゴール 66分
レポート ドノヴァン 83分にゴール 83分

関連項目[編集]