2002 FIFAワールドカップ・グループD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2002 FIFAワールドカップ > 2002 FIFAワールドカップ・グループD

2002 FIFAワールドカップのグループD2002年6月4日から6月14日にかけて韓国の各地で開催された。グループDには韓国が2勝1分けの勝ち点7でグループ1位となり決勝トーナメントに進出。残る1枠をポーランドアメリカ合衆国ポルトガルの3カ国で争い、3カ国間の対戦成績は互いに1勝1敗だったが、韓国と引き分けたアメリカがグループ2位で決勝トーナメントに進出した。

試合結果[編集]

チーム 出場権
1  韓国 (H) 3 2 1 0 4 1 +3 7 決勝トーナメント進出
2  アメリカ合衆国 3 1 1 1 5 6 −1 4
3  ポルトガル 3 1 0 2 6 4 +2 3
4  ポーランド 3 1 0 2 3 7 −4 3
出典: FIFA
順位の決定基準: 1.勝ち点、2.得失点差、3.総得点、4.勝ち点で並んだチーム同士での勝ち点→得失点差→総得点、5.抽選
(H) 開催地.

時刻表示は全て韓国標準時UTC+9

韓国 vs ポーランド[編集]

韓国
ポーランド
GK 01 李雲在
CB 04 崔眞喆
CB 20 洪明甫 (c)
CB 07 金泰映
RM 22 宋鐘國
CM 06 柳想鐵 61分に交代退場 61分
CM 05 金南一
LM 13 李乙容
RF 21 朴智星 70分に警告 70分
CF 18 黄善洪 50分に交代退場 50分
LF 09 薛琦鉉 89分に交代退場 89分
サブメンバー
FW 19 安貞桓 50分に交代出場 50分
MF 14 李天秀 61分に交代出場 61分
FW 16 車ドゥリ 90分に警告 90分 89分に交代出場 89分
監督
オランダの旗 フース・ヒディンク
GK 01 ドゥデク
RB 06 ハイト 79分に警告 79分
CB 20 J.ボンク 50分に交代退場 50分
CB 15 ヴァウドフ (c)
LB 04 Mi.ジェヴワコフ
RM 21 クジミンスキ
CM 10 カウジュニー 64分に交代退場 64分
CM 07 シビエルチェフスキ 84分に警告 84分
LM 18 クジノヴェク 31分に警告 31分
CF 19 ジュラフスキ 46分に交代退場 46分
CF 11 オリサデベ
サブメンバー
FW 09 クリシャウォヴィッツ 46分に交代出場 46分
DF 02 クウォシュ 50分に交代出場 50分
FW 14 Ma.ジェブワコフ 64分に交代出場 64分
監督
イェジィ・エンゲル
マン・オブ・マッチ
柳想鐵 (大韓民国の旗 韓国)
副審
Elise Doriri (バヌアツ)
Leif Lindberg (スウェーデン)
第四の審判
アンヘル・サンチェス (アルゼンチン)

アメリカ合衆国 vs ポルトガル[編集]

アメリカ
ポルトガル
GK 01 フリーデル
RB 22 サネー
CB 23 ポープ 80分に交代退場 80分
CB 12 アグース
LB 02 ヘイダック
RM 08 スチュワート (c) 46分に交代退場 46分
CM 05 オブライエン
CM 04 マストローニ
LM 17 ビーズリー 90+2分に警告 90+2分
CF 20 マクブライド
CF 21 ドノバン 75分に交代退場 75分
サブメンバー
MF 13 ジョーンズ 46分に交代出場 46分
FW 09 ムーア 75分に交代出場 75分
DF 16 ラモサ 80分に交代出場 80分
監督
ブルース・アリーナ
GK 01 バイーア
RB 22 ベト 34分に警告 34分
CB 05 F・コウト (c)
CB 02 J・コスタ 74分に交代退場 74分
LB 23 ルイ・ジョルジ 69分に交代退場 69分
RM 11 S・コンセイソン
CM 10 ルイ・コスタ 80分に交代退場 80分
CM 20 プティ 52分に警告 52分
LM 07 フィーゴ
SS 08 J・ピント
CF 09 パウレタ
サブメンバー
MF 17 P・ベント 69分に交代出場 69分
DF 13 J・アンドラーデ 74分に交代出場 74分
FW 21 ヌーノ・ゴメス 80分に交代出場 80分
監督
アントニオ・オリベイラ
マン・オブ・マッチ
ブライアン・マクブライド (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
副審
Bomer Fierro (エクアドル)
Awni Hassouneh (ヨルダン)
第四の審判
サッド・アミール・アル・ファドリ (クウェート)

韓国 vs アメリカ合衆国[編集]

韓国
アメリカ
GK 01 李雲在
CB 04 崔眞喆
CB 20 洪明甫 (c) 80分に警告 80分
CB 07 金泰映
RM 22 宋鐘國
CM 06 柳想鐵 69分に交代退場 69分
CM 05 金南一
LM 13 李乙容
RF 21 朴智星 38分に交代退場 38分
CF 18 黄善洪 56分に交代退場 56分
LF 09 薛琦鉉
サブメンバー
MF 14 李天秀 38分に交代出場 38分
FW 19 安貞桓 56分に交代出場 56分
FW 11 崔龍洙 69分に交代出場 69分
監督
オランダの旗 フース・ヒディンク
GK 01 フリーデル
RB 22 サネー
CB 23 ポープ
CB 12 アグース 39分に警告 39分
LB 02 ヘイダック 30分に警告 30分
RM 21 ドノバン
CM 10 レイナ (c)
CM 05 オブライエン
LM 17 ビーズリー 75分に交代退場 75分
CF 11 マティス 82分に交代退場 82分
CF 20 マクブライド
サブメンバー
MF 07 ルイス 75分に交代出場 75分
FW 15 ウォルフ 82分に交代出場 82分
監督
ブルース・アリーナ
マン・オブ・マッチ
ブラッド・フリーデル (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
副審
Egon Bereuter (オーストリア)
Ali Tomusange (ウガンダ)
第四の審判
ガマル・ガンドゥール (エジプト)

ポルトガル vs ポーランド[編集]

ポルトガル
ポーランド
GK 01 バイーア
RB 18 フレシャウト 25分に警告 25分 63分に交代退場 63分
CB 05 F・コウト (c)
CB 02 J・コスタ 27分に警告 27分
LB 23 ルイ・ジョルジ 31分に警告 31分
CM 20 プティ
CM 17 P・ベント
RW 11 S・コンセイソン 69分に交代退場 69分
AM 08 J・ピント 60分に交代退場 60分
LW 07 フィーゴ
CF 09 パウレタ
サブメンバー
MF 10 ルイ・コスタ 60分に交代出場 60分
DF 22 ベト 63分に交代出場 63分
FW 19 カプーショ 69分に交代出場 69分
監督
アントニオ・オリベイラ
GK 01 ドゥデク
RB 21 クジミンスキ
CB 06 ハイト
CB 15 ヴァウドフ (c)
LB 04 Mi.ジェヴワコフ 71分に交代退場 71分
RM 19 ジュラフスキ 56分に交代退場 56分
CM 10 カウジュニー 16分に交代退場 16分
CM 07 シビエルチェフスキ 21分に警告 21分
LM 18 クジノヴェク
CF 11 オリサデベ
CF 09 クリシャウォヴィッツ
サブメンバー
MF 17 A.ボンク 39分に警告 39分 16分に交代出場 16分
FW 14 Ma.ジェブワコフ 56分に交代出場 56分
DF 05 ジョンサ 71分に交代出場 71分
監督
イェジィ・エンゲル
マン・オブ・マッチ
ペドロ・パウレタ (ポルトガルの旗 ポルトガル)
副審
Igor Sramka (スロバキア)
Wagih Farag (エジプト)
第四の審判
カルロス・バトレス (グアテマラ)

ポルトガル vs 韓国[編集]

ポルトガル
韓国
GK 01 バイーア
RB 22 ベト 22分に警告66分に2枚目の警告66分に退場 22分、66分
CB 05 F・コウト (c)
CB 02 J・コスタ 83分に警告 83分
LB 23 ルイ・ジョルジ 73分に交代退場 73分
CM 20 プティ 77分に交代退場 77分
CM 17 P・ベント
RW 11 S・コンセイソン
AM 08 J・ピント 27分に退場 27分
LW 07 フィーゴ
CF 09 パウレタ 69分に交代退場 69分
サブメンバー
DF 13 J・アンドラーデ 69分に交代出場 69分
DF 03 A・シャヴィエル 73分に交代出場 73分
FW 21 ヌーノ・ゴメス 77分に交代出場 77分
監督
アントニオ・オリベイラ
GK 01 李雲在
CB 04 崔眞喆
CB 20 洪明甫 (c)
CB 07 金泰映 24分に警告 24分
RM 22 宋鐘國
CM 06 柳想鐵
CM 05 金南一 74分に警告 74分
LM 10 李榮杓
RF 21 朴智星
CF 19 安貞桓 90+3分に警告 90+3分 90+3分に交代退場 90+3分
LF 09 薛琦鉉 57分に警告 57分
サブメンバー
MF 14 李天秀 90+3分に交代出場 90+3分
監督
オランダの旗 フース・ヒディンク
マン・オブ・マッチ
朴智星 (大韓民国の旗 韓国)
副審
Ali Al Traifi (サウジアラビア)
Ferenc Szekely (ハンガリー)
第四の審判
キュロス・ヴァサラス (ギリシャ)

ポーランド vs アメリカ合衆国[編集]

ポーランド
アメリカ
GK 12 マイダン 44分に警告 44分
RB 02 クウォシュ 89分に交代退場 89分
CB 13 グウォヴァツキ
CB 03 ジェリンスキ (c)
LB 21 クジミンスキ 46分に警告 46分
RM 19 ジュラフスキ
CM 08 クハルスキ 63分に警告 63分 65分に交代退場 65分
CM 16 ムラフスキ
LM 18 クジノヴェク
CF 11 オリサデベ 86分に警告 86分 87分に交代退場 87分
CF 09 クリシャウォヴィッツ
サブメンバー
FW 14 Ma.ジェブワコフ 65分に交代出場 65分
MF 23 シビク 87分に交代出場 87分
DF 15 ヴァウドフ 89分に交代出場 89分
監督
イェジィ・エンゲル
GK 01 フリーデル
RB 22 サネー
CB 23 ポープ
CB 12 アグース 36分に交代退場 36分
LB 02 ヘイダック 72分に警告 72分
RM 08 スチュワート 68分に交代退場 68分
CM 10 レイナ (c)
CM 05 オブライエン
LM 21 ドノバン
CF 11 マティス
CF 20 マクブライド 58分に交代退場 58分
サブメンバー
MF 17 ビーズリー 36分に交代出場 36分
FW 09 ムーア 58分に交代出場 58分
MF 13 ジョーンズ 68分に交代出場 68分
監督
ブルース・アリーナ
マン・オブ・マッチ
ヤツェク・クジノヴェク (ポーランドの旗 ポーランド)
副審
Bomer Fierro (エクアドル)
Jaap Pool (オランダ)
第四の審判
コフィ・コジア (ベナン)

関連項目[編集]