蓬莱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
山東半島の位置

蓬萊(ほうらい)とは、古代中国で東の海上海中)にある仙人が住むといわれていた仙境の1つ。道教の流れを汲む神仙思想のなかで説かれるものである。

中国山東省の蓬莱県(市)については、蓬莱市を参照。

『山海経』における記述[編集]

中国最古の地理書「山海経」の「海内北経」に、「蓬莱山は海中にあり、大人の市は海中にあり」と記されている[1]。「市」とは蜃気楼のことで、実際、山東省蓬莱県は、蜃気楼の名所で古来より有名である[2]

五神山の一山として[編集]

仙人が住むといわれていた五神の一つ。五神山には蓬萊の他に、「方丈」(ほうじょう)「瀛州」(えいしゅう)「岱輿」(たいよ)「員喬」(いんきょう)があり、そのうちの「岱輿」及び「員喬」は流れて消えてしまったとされている。

東方三神山の一山として[編集]

また蓬萊は、方丈瀛州(えいしゅう)とともに東方の三神山の1つであり、渤海湾に面した山東半島のはるか東方の海(渤海とも言われる)にあり、不老不死の仙人が住むと伝えられている。徐福伝説を記した司馬遷史記』巻百十八『淮南衝山列伝』で記されている。

  • なお、他の二山の、「方丈」とは神仙が住む東方絶海の中央にあるとされる島で、「方壷(ほうこ)」とも呼ばれる[3]
  • 瀛州はのちに日本を指す名前となった[4]。「東瀛(とうえい)」ともいう。魏晋南北朝時代487年、「瀛州」は、行政区分として制定される。

または台湾を指すとされる。台湾は、蓬萊仙島と中国語では呼ばれる。

日本における蓬萊[編集]

日本では浦島伝説の一つ『丹後国風土記』逸文では「蓬山」と書いて「とこよのくに」と読み、文脈にも神仙などの用語が出てくること、田道間守の話や他の常世国伝承にも不老不死など神仙思想の影響が窺えることから理想郷の伝承として海神宮などと習合したとも思われる。

平安時代に、僧侶の寛輔が、「蓬莱山」とは富士山を指すと述べた[5]

竹取物語』にも、「東の海に蓬莱という山あるなり」と記される[6]。ほか、「蓬萊の玉の枝」が登場するが富士山の縁起を語るところではやはり不老不死の語が出ており神仙思想との繋がりが窺える。

ホツマツタヱ』では蓬萊山(富士山)の蓬莱の意味は「はらみ」と呼ばれ、食べると千年寿命が延びるという、蓬莱山(はらみ山)に生えていたとされる、栄菜(はほな)、老菜(らはな)、身草(みくさ)の千代三草の頭文字のは・ら・みを意味していると言われ、また孝霊天皇の御代の500年前の蓬莱山(富士山)の火山噴火で千代三草は絶滅したとされている[7]。 また蓬莱山(富士山)の麓に蓬莱宮(はらみの宮)が存在していたとされてる。天孫降臨のニニギの時代にニニギが蓬莱宮と名付けて、宮をきらびやかに改築して宮を統治していたとされ、後にこれは酒折宮と呼ばれる様になった。孝霊天皇の御代の500年前の蓬萊山(富士山)噴火で、宮は大きな被害を受けた為、廃宮として、後に甲斐国に別の酒折宮が建てられたとされる。ヤマトタケルが東征の帰りに甲斐国の酒折宮に立ち寄った時、朽ち果てながらもニニギ時代の蓬莱宮の建物の面影を残す廃宮にも立ち寄り、尾張国にニニギの蓬莱宮と同じ宮を建て、結婚の約束をした尾張国造の娘宮簀媛と暮らして楽しみたいと願った。ヤマトタケルの望みを聞いた、尾張国造の乎止与命が蓬萊山(富士山)の麓の廃宮の蓬莱宮こと旧酒折宮に行き、新しい蓬莱宮を建てる為、宮を描き写した。ヤマトタケルの死後、ヤマトタケルの生前の願いを叶える為、熱田にニニギの蓬莱宮と同じ宮が建てられたとされている[8][9]


ほか、熊野熱田などの霊山や仙境を蓬莱と呼ぶ[10]

その他[編集]

  • 日本が台湾を統治した時代食糧不足の日本に米を輸出していたが、日本人の口に合うよう磯永吉ジャポニカ米をベースに品種改良を行った米が「蓬莱米」と命名された。

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、63頁
  2. ^ 同書64頁
  3. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、68頁
  4. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、68頁
  5. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、69頁
  6. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、68頁
  7. ^ ハラミ【(孕み/蓬莱身)】・ハラミヤマ【(孕み山/蓬莱身山)】・ハラヤマ【(孕山/蓬莱山)】
  8. ^ 蓬莱浅間宮
  9. ^ 人の巻40【熱田神 世を辞むの紋】
  10. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、69頁

関連項目[編集]