石本美由起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石本美由紀から転送)
移動先: 案内検索
石本 美由起
出生名 石本 美幸
生誕 1924年2月3日
出身地 日本の旗 日本 広島県大竹市
死没 (2009-05-27) 2009年5月27日(満85歳没)
ジャンル 演歌
職業 作詞家
活動期間 1948年 - 2009年
共同作業者 江口夜詩上原げんと古賀政男船村徹市川昭介 ほか
北原白秋ゲーテ

石本 美由起(いしもと みゆき、男性、1924年2月3日 - 2009年5月27日)は、広島県大竹市立戸出身の作詞家[1][2]昭和の歌謡界を代表する作詞家の一人である[2][3][4][5]。本名は美幸。

来歴・人物[編集]

幼少から喘息を患い、家に閉じこもるような生活を送る[2]。生家は宮島江田島など瀬戸内海を見渡せる風光明媚な場所に建ち、幾分救われる。そばにある文学は全て読んだが、なかでも北原白秋ゲーテを読みふけった[1][2]1944年海軍大竹海兵団に入隊するが、すぐ体調を崩して岩国海軍病院に入院。慰問に来た東海林太郎の歌声に戦争に傷ついた兵士たちが瞳を輝かせるのを見て歌の魅力を知った[1][4]。戦後、作詞を始め、高橋掬太郎が主宰する歌謡同人誌『歌謡文芸』に投稿を始める。夢中になった白秋の詩『思い出』の中の一篇「ザボンのかげ」からインスピィレーションを得て「長崎のザボン売り」という詩を書き、同人誌に投稿すると、作曲家江口夜詩の目にとまり、1948年小畑実の歌でレコード発売され大ヒットした。1950年暮れ、東京に住まいを移し、キングレコードの専属となって作詞家としてのスタートを切る。

1951年、作曲家上原げんとに見込まれ共にコロムビアレコードに移ったことで、上原をはじめ古賀政男船村徹市川昭介らの作曲家とコンビを組み、美空ひばり島倉千代子都はるみらの楽曲を手がける[2][6]。特に美空ひばりには、大ヒットとなる「ひばりのマドロスさん」、「港町十三番地[7]、「哀愁波止場」、「悲しい酒[4]、「人生一路」などの詞を提供し、ひばり伝説の一翼を担った[8]。美空ひばりには約200作を提供[6]加藤和也は「母は最後まで石本先生の歌を大事にしていた」と話し[1]、ひばり自身が選ぶコンサートの曲には必ず石本作品があった[1]。他に遠藤実らとこまどり姉妹のデビュー「浅草姉妹」等も手がけている。

総作詞作品は3500曲以上にも及び[2]、作詞界の大御所的存在だった。他の代表曲には、故郷の窓から遠い空を想い続けた少年の日を思い出して書いたという「憧れのハワイ航路」や「薔薇を召しませ」、「陽気なハーモニカ娘」、「こんなアベック見たことない」、「渡り鳥いつ帰る」、「逢いたかったぜ」、「東京の人さようなら」、「逢いたいなァあの人に」、「ソーラン渡り鳥」、「十国峠の白い花」、「おんなの海峡」、「大ちゃん数え歌」(アニメ「いなかっぺ大将」主題歌)、「長良川艶歌」(日本レコード大賞)、「矢切の渡し」(日本レコード大賞)、「河内おとこ節」「女の旅路」(日本レコード大賞)などがある[6]。「長良川艶歌」、「矢切の渡し」は2年連続の日本レコード大賞の偉業だった[5]。「酒場ひとり」は1992年日本作詞大賞グランプリ。

0

この他、玖波小学校校歌瀬野川中学校校歌、八本松中学校校歌、「四谷大塚進学教室の歌」、広島東洋カープ応援歌燃える赤ヘル僕らのカープ」、株式会社第一興商社歌「明日をつくる」等も手がけている。

晩年は糖尿病に悩まされた。2009年5月27日午前零時50分、病気のため横浜市内の病院にて逝去。85歳没。法名は「慧楽院釋醇美」。

新歌謡界[編集]

作詞家を志す後進の育成を目的として歌謡同人誌「新歌謡界」を主宰した[9]1952年6月23日発行の創刊号から1982年8月20日発行の第171号で廃刊となるまで、満30年に及ぶ長きに渡っての活動であった。 ここから星野哲郎松井由利夫八反ふじをたなかゆきをらを初めとする多くの優れた才能が世に輩出されている[1][10]

要職[編集]

日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長、日本音楽作家協会理事長、日本作詞家協会会長、日本音楽作家団体協議会副会長などを歴任し、私的録音録画補償金制度など音楽著作権制度の整備・発展に尽力[8][11]。面倒見の良さでも知られ[12]、広く後進の指導にもあたった[4]

主な作品[編集]

関連項目[編集]

亀居公園の「詩の坂道」
  • 亀居公園 - 作詞家生活40周年を記念した「詩の坂道」があり、歌碑・記念碑が設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “石本美由起 人生描いて作詞一路-マイタウン広島”. 朝日新聞広島版: p. 28. (2010年1月7日) 
  2. ^ a b c d e f “石本美由起 - NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人にあいたい”. NHKアーカイブス. (2013年1月26日). オリジナル2015年4月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150407065613/http://www.nhk.or.jp/archives/anohito/past/2012/337.html 2015年11月4日閲覧。 
  3. ^ “昭和歌謡を代表する作詞家・石本美由起さんが死去”. ORICON STYLE. (2009年5月27日). オリジナル2015年11月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151104130826/http://www.oricon.co.jp/news/66463/full/ 2015年11月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d “戦後史を彩った4000曲…作詞家・石本美由起さん”. 夕刊フジ (ZAKZAK). (2009年5月28日). オリジナル2012年9月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120903005224/http://www.zakzak.co.jp/gei/200905/g2009052813_all.html 2015年11月4日閲覧。 
  5. ^ a b “作詞家石本美由起さん死去、戦後日本に光”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年5月28日). オリジナル2012年9月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090612072001/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090528-499873.html 2015年11月4日閲覧。 
  6. ^ a b c “細川たかしらが石本美由起さんに訃報コメント”. ORICON STYLE. (2009年5月27日). オリジナル2015年11月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151104114901/http://www.oricon.co.jp/news/66468/full/ 2015年11月4日閲覧。 
  7. ^ 港町(みなとちょう)駅 - 朝日マリオン・コム美空ひばり - 歌謡曲リミテッド - MUSICSHELF
  8. ^ a b “昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2009年5月28日). オリジナル2012年9月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151104152712/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/05/28/kiji/K20090528Z00001250.html 2015年11月4日閲覧。 
  9. ^ 佐藤健 『演歌・艶歌・援歌 わたしの生き方 星野哲郎』 毎日新聞社2001年、49-51頁。ISBN 4-620-31478-1
  10. ^ “詩心が結んだ作詩家の師弟 石本さんしのぶ企画展『瀬戸内につなぐ詩(うた)心』”. 朝日新聞デジタル. (2013年1月7日). オリジナル2015年11月4日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2015-1104-2128-40/www.asahi.com/area/yamaguchi/articles/SEB201301060009.html 2015年11月4日閲覧。 星野哲郎記念館 新春特別企画展”「石本美由起先生を偲ぶ企画展 ~瀬戸内につなぐ詩心~」
  11. ^ 作詩家・石本美由起氏と私的録音録画問題 | C-Japan戦略広場
  12. ^ 池田憲一 『歌謡界人間(ひと)模様』 白馬出版、1990年、260-262頁。ISBN 4-8266-0238-3

参考文献[編集]

  • 奥山弘「艶歌の竜」と歌謡群像、1995年、三一書房

外部リンク[編集]