玉川奈々福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉川 奈々福(たまがわ ななふく、7月19日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本浪曲協会所属の浪曲師曲師上智大学文学部国文学科卒業。日本浪曲協会理事。師匠は二代目玉川福太郎。様々な浪曲イベントを手掛けるプロデューサーでもある。

来歴[編集]

  • 1994年 -日本浪曲協会主宰の浪曲三味線教室に参加。
  • 1995年 -玉川福太郎門下に曲師(浪曲三味線奏者)として入門。以後、曲師修行に励み「玉川美穂子」の芸名で曲師として活動する。
  • 2001年 -師匠・玉川福太郎の勧めにより浪曲師としても修行する。2001年11月浪曲初舞台。以後、浪曲師と曲師の両方で活動。
  • 2004年 -プロデューサーとして『玉川福太郎の徹底天保水滸伝』を全5回プロデュース(ゲスト出演:小沢昭一井上ひさし澤田隆治なぎら健壱平岡正明)。曲師の沢村豊子、玉川みね子、沢村さくら等と浪曲三味線にスポットを当てた三味線ユニット『しゃみしゃみいず』の活動開始。浅草木馬亭でネタおろしの単独勉強会『おはようライブ~ほとばしる浪花節~』を始める(2015年現在も継続中)。
  • 2005年 -『玉川福太郎の浪曲英雄列伝』を全5回プロデュース(ゲスト出演:二代目春野百合子五月一朗、三代目神田山陽国本武春立川談春)。
  • 2006年 -本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』に出演。12月には芸名を「玉川美穂子」から「玉川奈々福」に改め名披露目興行を各会場で行う。この年より美術作家・深堀隆介の製作による金魚をあしらったテーブル掛けになる。
  • 2007年 -関西の若手女流浪曲師の菊地まどか春野恵子とともにユニット「浪曲乙女組!」を結成、浅草・木馬亭を皮切りに東西で公演を開始。
  • 2008年 -浅草公会堂にてヴェルディオペラ椿姫』の狂言回し(語り部)としてオーケストラと競演。小沢信男原作の新作浪曲『悲願千人斬りの女』の長編一挙口演を行なう。
  • 2009年 -寺山修司原作『新宿お七』を浪曲化。写真家・森山大道を特集したNHKドキュメンタリー番組で浪曲『新宿お七』を披露。武蔵野芸能劇場でスタジオジブリ高畑勲監督原作『平成狸合戦ぽんぽこ』を浪曲化、披露。
  • 2010年 -9月、文楽(人形浄瑠璃)の竹本千歳大夫鶴澤清二郎を迎え、前例の無い「義太夫節浪花節の会」をプロデュース。12月には浪曲師・国友忠によって浪曲化されていた前後編一時間半の大作『銭形平次 捕物控 雪の精』の長編浪曲一挙口演の独演会を開催した。10月、春野恵子とユニット『あとまわシスターズ』を組み「浪曲タイフーン!」の公演を東西で開始。
  • 2011年 -4月、東西講釈師神田愛山旭堂南海の二人会をプロデュース。11月、浅草公会堂にてプッチーニオペラ蝶々夫人』の語り部でオーケストラと競演。12月、上野の森美術館にて琵琶デュオ(後藤幸浩水島結子)の企画に招待され、浪曲と琵琶とのコラボレーション「音曲百人一首」を披露。
  • 2012年 -日本浪曲協会理事に就任。5月、『悲願千人斬りの女』の長編浪曲一挙口演の独演会を再演。同月、初CD『ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り』を発表。また明治~昭和時代に活躍した浪曲名人のリスニングイベント『爆音傑作浪曲会』をシリーズで開催する。7月、明治神宮における「明治天皇百年祭」にて浪曲『明治天皇』を披露。11月、『銭形平次捕物控 雪の精』の長編浪曲一挙口演の独演会をカメリアホールにて再演した。
  • 2013年 -2月、パンソリの安聖民を招いて『浪曲からパンソリへ、パンソリから浪曲へ~半島と列島を結ぶ芸能の道、路上の声~』と題した公演を行った。3月、白血病から復帰した浪曲師・幸いってんの復帰を祝う『東西浪曲若手競演』の会をプロデュース。同月、インターネットラジオ『玉川奈々福のほとばしるラジオ!』を開始(計7回配信)。5月よりライブハウスでの浪曲講座(『ガチンコ浪曲講座』)を全三回で行う。8月NHK東西浪曲大会に初出演。9月、京都造形芸術大学非常勤講師として講義を担当。
  • 2014年 -4月、明治神宮昭憲皇太后百年祭にて、オリジナル浪曲「浪曲 昭憲皇太后」を製作、口演、奉納。7月、木馬亭にて女流義太夫と浪曲とのコラボレーション口演「のう、じょぎ、ろう!」をプロデュース。同月、江戸型染作家・小倉充子と共に、三味線語りの会「夜の宴」を三回連続で開催。同月、「NHK浪曲特選・夏」に出演(演題「清水次郎長伝」より『お民の度胸』)。11月より渋谷ユーロライブにて開催されている『渋谷らくご』に定期出演。12月、三度目となる『銭形平次捕物控 雪の精』の長編浪曲一挙口演を木馬亭にて行った。
  • 2015年 -能楽師ワキ方・安田登主催のプロジェクトに参加し世界最古の神話「イナンナの冥界下り」を6月、山のシューレ(那須・二期倶楽部)にて初演。11月、セルリアンタワー能楽堂にて再演、この公演に、語りと三味線で参加。6月、ライブストリーミングチャンネルDOMMUNEにおける番組「浪曲DOMMUNE」のDJ担当。9月、上方落語定席『天満天神繁昌亭・昼席』に東京の浪曲師として初出演。4月から12月にかけて『玉川奈々福の浪曲破天荒列伝』を木馬亭にて開催(計5回。ゲスト出演:松尾貴史松元ヒロ立川談四楼橘右之吉春風亭昇太)。

現在の活動[編集]

現在は浪曲師としての活動が中心であるが曲師として出演する事もある。 『浪曲定席・木馬亭』などの日本浪曲協会主催の会に出演するほか、浪曲イベントのプロデューサーとして自らの独演会や各種浪曲イベントを多数企画し出演。 舞台にかける演題としては古典はもとより新作浪曲を多数書き上げ披露している。 浪曲界内での活動以外にも、落語・講談・文楽・琵琶・篠笛・尺八・和妻・日舞・オペラ・パンソリなど他ジャンルの芸能・音楽との交流を多岐にわたって行い、2014年より能楽師・安田登と組み、日本の伝統的「語り」のコラボレーションの試みとして、夏目漱石の「夢十夜」「吾輩は猫である」、小泉八雲の「耳なし芳一」「雪おんな」などを各地で口演。 また2011年より一般人を対象とした浪曲講座の講師を務める。 浪曲師としての舞台では沢村豊子玉川みね子らベテラン曲師とコンビを組む。女流として稀有な関東節でケレン(笑い)の演目を主とした浪曲師である。

古典演目[編集]

  • 「天保水滸伝」より『平手の駆けつけ』『鹿島の棒祭』
  • 「寛永三馬術」より『愛宕山梅花の誉』『曲垣と度々平』『大井川乗り切り』『筑紫市兵衛』
  • 「甚五郎旅日記」より『掛川宿』『小田原の猫餅』
  • 「慶安太平記」より『牧野弥右衛門の駒攻め』『善達三島宿』『正雪と謡屋』
  • 「赤穂義士銘銘伝」より『俵星玄蕃』
  • 「清水次郎長伝」より『お民の度胸』『石松金毘羅代参』
  • 「国定忠治」より『忠治山形屋』
  • 『茶碗屋敷』
  • 『陸奥間違い』
  • 『団十郎と馬の足』
  • 『仙台の鬼夫婦』
  • 『阿漕が浦』
  • 『塩原多助 円次殺し』
  • 『亀甲縞の由来』
  • 『源太しぐれ』
  • 『梅ケ谷江戸日記』

など

新作浪曲[編集]

(玉川奈々福作)

(その他)

企画プロデュース[編集]

  • 玉川福太郎の徹底天保水滸伝』(全5回)
  • 『玉川福太郎の浪曲英雄列伝』(全5回)
  • 『しゃみしゃみいず』
  • 『浪曲乙女組!』
  • 『義太夫節と浪花節の会』
  • 『浪曲タイフ~ン!』
  • 『銭形平次捕物控 雪の精 長編浪曲一挙口演の会』
  • 『神田愛山・旭堂南海二人会 悪党物語長講一席二日連続公演』
  • 『天にとどろけ、地に響け! 浪曲の魂 大利根勝子in木馬亭』
  • 『今日はとことん 清水次郎長伝!』
  • 『爆音傑作浪曲会』
  • 『悲願千人斬りの女 長編浪曲一挙口演の会』
  • 『笑う浪花節vs.泣く浪花節』
  • 『講釈と浪曲でつづる 今日はとことん天保水滸伝』
  • 『浪曲からパンソリへ、パンソリから浪曲へ~半島と列島を結ぶ芸能の道、路上の声~』
  • 『祝・幸いってん舞台復帰! 東西浪曲若手競演』
  • 『玉川奈々福の浪曲破天荒列伝』(全5回)

など 

出演映画[編集]

過去の出演番組[編集]

CD[編集]

  • 『ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]