広沢虎造 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広沢虎造(二代目)

広沢 虎造(ひろさわ とらぞう、1899年明治32年)5月18日 - 1964年昭和39年)12月29日)は、昭和時代の浪曲師。東京府東京市芝区白金(現・東京都港区白金)出身。本名・山田信一。旧姓は金田。

来歴[編集]

少年時代から浪花節を好み、腕自慢の素人として天狗連で「東川春燕」の名で人気を取っていた。安立電気(現在のアンリツ)に就職していたが、それを辞め、地元の初代木村重松東家小楽燕に弟子入りを志願する。が素質無しと容れられず、19歳の時に冨士月子の手引きで上方の浪曲師・2代目広沢虎吉に弟子入りする。

修業時代を過ごした広沢館

広沢天勝、後に天華と名乗る。23歳で2代目広沢虎造を襲名、徴兵検査で麻布第三連隊に入営したのを機会に帰京。師匠譲りの関西節から、中京節の鼈甲斎虎丸関東節木村重松らの節回しを独自に取り入れた「虎造節」に節を作り変え、戦前から戦後にかけて一世を風靡した。1926年(大正15年)5月30日ラジオ初放送。演目は「次郎長と勝蔵」[1][2]。虎造を一躍有名にしたのは、既に次郎長伝をラジオ放送始めているこの時期に、自身も巻き込まれた交通事故である。1933年昭和8年)、世田谷碑文谷の電車踏切で、寄席掛け持ちのため一行が移動中のタクシーが電車と正面衝突、虎造のマネージャーが即死、運転手の助手も危篤、運転手は2週間の重傷、虎造も瀕死の重傷を負うものの、命は助かった。この事故を新聞各紙が報道する[3]

持ちネタは、国定忠治雷電爲右エ門、祐天吉松、寛永三馬術など多岐に渡るが、中でも人気を博したのが、講談師・3代目神田伯山の十八番を、追い掛け回して習得した『清水次郎長伝』であった。虎造本人が途中から伯山に弟子入りしたと言い分を変えているが、これは誤りで弟子の神田ろ山から習った。[4][5]。清水次郎長伝の外伝、とりわけ森の石松を題材にした『石松三十石船』は大人気を得た。特に「寿司を食いねえ」「馬鹿は死ななきゃなおらない」などの大ヒットしたフレーズは、ラジオ放送の普及も相まって、戦前戦後を通じて国民的な流行語となった。虎造自身の声は小音で、マイクが無い時代に大きな会場だと後ろから「聞こえん!もっと大きな声を出せ!」とヤジが飛ぶほどであったが、ラジオやレコードの登場に助けられたのである[6]

また戦前は映画にも積極的に出演し、劇中でしばしば浪花節を演じていた。映画出演に関して吉本興業のマネジメントを受けるだけでなく、浅草花月など当時吉本が東京に持っていた多くの劇場にも出演、吉本が中国大陸に派遣した軍隊慰問団・わらわし隊にも参加するなど、半ば吉本の専属状態となっていた。当時の出演映画には、出演者として「廣澤虎造(吉本興業提供)」とクレジットされているものもある(『エノケン・虎造の春風千里』など)。昭和15年晩夏、広沢虎造映画出演問題を巡っての、浅草田島町殺傷事件は、浪曲家の伝統生活中の、最も悪質に属する部分のあらわれと見てよい。

広沢虎造の清水次郎長外伝-ラジオ東京

戦後にも全盛は続き、浪曲の枠を超えた人気者の虎造は、民放の登場により、ラジオ浪曲ブームのけん引役として、連続読み番組(ラジオ東京の俗称「虎造アワー」)を長年持つことになる。当時の銭湯では虎造の「〽旅行けば」と節まねをしてうなる声が頻繁に聞かれたというエピソードが、昭和史の一面として残されている[7]

1959年(昭和34年)に脳溢血で倒れ、言語障害を発症。リハビリに取り組むも回復せず、1963年(昭和38年)の引退興行をもって浪曲界から身を引き、翌1964年(昭和39年)死去した。65歳没。戒名は「松寿院俉道日信居士」。

虎造の死後、浪曲界には虎造に続く図抜けた大スターが生まれず、以降浪曲界は、現在まで続く長い冬の時代を迎えることになる。だが虎造本人に関しては近年、『清水次郎長伝』をリアルタイムで聞いていた世代を中心に再評価の気運が高まっている。

子供たちと野球に高じる広沢虎造。次男がアナウンサーの山田二郎。

妻は曲師の広沢美家好。次男の山田二郎は、NHK佐賀放送局ラジオ東京・TBSの元アナウンサーである。

また、天津羽衣を世に出したのは虎造であった。

代表的な演目[編集]

  • 清水次郎長伝
    • 秋葉の火祭り
    • 名古屋の御難
    • 勝五郎の義心
    • お蝶の焼香場
    • 次郎長の貫禄
    • 久六の悪事
    • 次郎長の計略
    • 大野の宿場
    • 代官斬り
    • 石松金比羅代参
    • 石松三十石船
    • 石松と身受山鎌太郎
    • 石松と都鳥三兄弟
    • 石松と小松村七五郎
    • 閣魔堂の騙し討ち
    • お民の度胸
    • 石松の最後
    • 為五郎の悪事(本座村為五郎)
    • 追分三五郎
    • 追分宿の仇討ち
    • 清水の三下奴(善助の首取り)
    • 鬼吉喧嘩状
    • 次郎長と玉屋の玉吉
    • 血煙荒神山(蛤屋の喧嘩)
    • 血煙荒神山(神戸の長吉)
    • 吉良の仁吉
    • 仁吉男の唄
    • 吉良の仁吉(最後の荒神山)
    • 最後の荒神山
    • 石松若き日
    • 七五郎懺悔・追分宿の仇討ち(追分三五郎より)
    • 清水港義侠伝
    • 明月清水港
  • 国定忠治伝
    • 名月赤城山
    • 忠治ふたり
    • 赤城の血煙
    • 火の車お萬
    • 山形屋乗り込み
    • 唐丸籠破り
  • 祐天吉松
  • 夕立勘五郎
  • 寛政力士伝 雷電爲右エ門
  • 寛永三馬術

主な出演映画[編集]

関連書籍[編集]

  • 「江戸っ子だってねえ 浪曲師廣澤虎造一代」 新潮文庫(吉川潮
  • 「ご存知! 清水次郎長伝」 KKベストセラーズ(2代目 広沢虎造)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芝清之『浪花節. ラジオ・テレビ出演者及び演題一覧』月刊浪曲編集部、1986年6月。JP番号 87025030 p.14
  2. ^ 読売新聞『ヨミダス歴史館』で確認。顔写真入り。「名人虎丸の舎弟―虎造の処女放演」
  3. ^ 「浪界の人気者、広沢虎造重傷 番頭は絶命、円タク助手危篤 東横の踏切り惨事」朝日新聞1933年4月12日。読売新聞も同様記事
  4. ^ 桂米朝『米朝よもやま話』「講釈師追いかけ回した虎造 」p.109
  5. ^ エーピーピーカンパニー『江戸東京芸能地図大鑑』(マルチメディアCD-ROM)付属冊子p.22
  6. ^ 中川
  7. ^ 中川
  8. ^ NHKラジオ深夜便「あすへのことば・甦れ!浪曲師広沢虎造」山田二郎より
  9. ^ 「江戸っ子だってねえ 浪曲師広沢虎造一代」吉川潮 著より

外部リンク[編集]