山口登 (暴力団)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 登(やまぐち のぼる、1902年 - 1942年10月4日)は、日本ヤクザ山口組二代目組長。通称は切戸の親分

来歴[編集]

兵庫県神戸市兵庫区出身。山口組初代組長山口春吉の長男として生まれる。1925年、23歳で二代目組長を継承後、新進気鋭の若親分(切戸の親分としてその名を響かせる)として港湾事業や歓楽街、また相撲界から浪曲界・歌謡界へと興行面にも進出する。これらの二代目山口登が残していった有形・無形の足跡は、後に三代目組長田岡一雄が港湾事業への進出や興行師永田貞雄とのなど、港湾界と芸能界を牛耳るための重要な布石となったと言われる。

1940年春、吉本興業の絡んだ抗争で、下関籠寅組浅草田島町で襲われ重傷を負った。1942年10月、41歳で死去。

人物・エピソード[編集]

  • 頭を短く2枚刈りにし、大島の着物を着て、鼻の下にちょび髭を生やしておりゴルゴ松本とよく似ている。肥満型の体型だった。
  • 横綱玉錦三右衛門と義兄弟の盃を交わした。これにより、玉錦の経営していた二所ノ関部屋には山口組の紹介で入門した力士が数多くいたと言われており、関西で悶着のあった組員が二所ノ関部屋にかくまってもらうこともあった[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)P79


関連項目[編集]

先代:
山口春吉
山口組組長
2代目: 1925-1942
次代:
田岡一雄