三遊亭歌笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三遊亭 歌笑(さんゆうてい かしょう)は落語名跡。当代は4代目。


3代目[編集]

3代目 三遊亭 歌笑さんゆうてい かしょう
3代目 三遊亭 歌笑
三代目三遊亭歌笑(1947年)
本名 高水 治男
生年月日 1916年9月22日
没年月日 (1950-05-30) 1950年5月30日(33歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都
死没地 東京
師匠 3代目三遊亭金馬
2代目三遊亭円歌
名跡 1. 三遊亭金平(1937年 - 1941年)
2. 3代目三遊亭歌笑(1941年 - 1950年)
活動期間 1937年 - 1950年
活動内容 新作落語
所属 東宝名人会(1937年 - ?)
落語協会(? - 1950年)

3代目三遊亭 歌笑1916年9月22日 - 1950年5月30日)は東京都西多摩郡五日市町(現:あきる野市)出身の落語家。本名:高水 治男。

生まれてから[編集]

生家は高水製糸工場の二男で地元の小学校卒業。その後兵隊検査で極度の斜視弱視であるため(今で言えばロービジョンであった)丙種合格となった。エラの張った顔が特徴で、子ども時代からよくからかわれたという。

入門[編集]

そのことに失望して家出し産まれてから一度も出ていなかった町を出る。隣町の秋川と縁がある大スターの柳家金語楼の門を叩く。が断られ、金語楼から6代目春風亭柳橋を紹介される。だが、柳橋にも断られる。1937年9月、3代目三遊亭金馬に入門し、三遊亭金平の名をもらう。楽屋内では「化け」と言われ続け、後年の人気をも頑として認めない空気があったという。

二つ目から人気爆発まで[編集]

1941年3月[1]、(1942年とも)二つ目昇進、かつて師匠が名乗った歌笑を襲名する。後に寄席に出演するため、寄席に背を向けていた金馬門を離れ、2代目三遊亭円歌門に移る。人形町末広(石原席亭)から認められ始めた、戦況が刻一刻と悪くなるこの頃[2]には頭角を表し、周りから開催に反対もされた[3]柳家小きん(後の5代目柳家小さん)、4代目柳亭痴楽との「二つ目」だけで開かれた三人会(大塚鈴本)を大入りにする[4]

以下は『歌笑純情詩集』より「我生い立ちの記」(冒頭)

我、垂乳根(たらちね)の胎内より出(いで)し頃は
長谷川一夫も遠く及ばざる眉目秀麗なる男の子なりし
世の変わりともともに我が美貌も一変し
今や往年のスクリーン
フランケンシュタイン第二世の再現を思わせる如く豹変せり
されど我を育みしふるさとは
都を離れること三十五里
南奥多摩絶景の地なり

[5]

戦後。アプレゲールな新作派[編集]

結婚、召集から除隊後[6]に落語に帰って来る。が空襲が酷くなり、寄席はどこも閉まり[7]、人形町末広と神田の立花のみ残っていた[8]

戦後の復興が直線的に進んだ訳ではなく、まだ生きるのに必死で笑いに気を向ける余裕がない人が多い中、一足先に復興する銀座の風景で歌笑は作った。 以下は『歌笑純情詩集』より(冒頭)

銀座チャラチャラ人通り
赤青緑とりどりの
着物が風にゆれている
きれいなきれいな奥さんが
ダイヤかガラスか知らねども
指輪をキラキラさせながら
ツーンとすまして歩いてる

[9]

特異な風貌(どことなく愛嬌も感じられる「フラ」)と、それに似合わぬ純情な所が、終戦直後の荒んだ世相に明るい笑いを提供する。1947年10月に真打昇進。ラジオ出演をキッカケとして、日本劇場国際劇場等を満員にするほど人気が沸騰し、「爆笑王」、「笑いの水爆」と呼ばれ、一世を風靡。共に若手三羽烏と呼ばれた4代目柳亭痴楽9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)ら同年代の若手落語家に多大な刺激を与えた他、4代目桂米丸や後に同じ「爆笑王」の名を拝命する初代林家三平といった駆け出しの落語家の大きな目標となっていた。

得意ネタは、七・五調で演じる「歌笑純情詩集」[10]の他に「論文集」、「迷作集」[11]「ジャズ風呂」[12]がある。

SPレコードは現在確認されているもので「我が生い立ち記」「音楽花電車」「妻を語る」「音楽風呂」「スポーツショウの巻」の5枚が残されており、この5枚は2010年現在、全てCD化されている。趣味は読書であった。

1948年に映画「音楽二十の扉」、1949年「ホームラン狂時代」に出演。

映画「ホームラン狂時代」
映画「笑う地球に朝が来る」。川田晴久の虎造節映画に当時人気絶頂の三遊亭歌笑と広沢虎造、ともにギターを持っている。

米軍ジープによる突然の事故死[編集]

人気絶頂時の1950年、雑誌「夫婦生活」の大宅壮一との対談が終わり帰る途中、夕暮れの銀座松坂屋前の路上横断中、アメリカ軍ジープに轢かれて事故死。

先天性弱視が災いしたといわれる。享年32。真打としてはわずか2年半に終わった。人気者歌笑の突然の交通事故死に坂口安吾中央公論の中で「"歌笑"文化」の一文を寄せる[13]

また、人気絶頂の最中の突然の死であったため、多くの予定スケジュールが残された。この時穴埋めの代演としてフル回転すること になったのがライバルであり親友でもあった柳亭痴楽で、痴楽は「歌笑純情詩集」のテイストを折り込んだ新作落語「痴楽綴方狂室」をかけ、これで名を売って行くことになる。

師匠の円歌は歌笑の事故死当日、巡業先の和歌山県で仕事をしていた。一緒に来ていた3代目江戸家猫八が当時の人気者歌笑の物真似をするのをたまたま客席にまわって観ていた円歌には、声だけでなく表情や仕草までもがまるで歌笑の生き写しのように見えたという。翌日、円歌は移動先の奈良の旅館で歌笑の死を知らされたが、まさに歌笑が車に轢かれた時刻に猫八は舞台で演じていたのだった。そのことを知らされた時の円歌を見ていた浪曲師の相模太郎は、人の顔色がこれほどまでに激変するものなのかと思ったそうである。心から念仏を唱えたと、円歌は後に高座で語っている。

また、立川談志の少年期に影響を与えた一人とされており、歌笑の急逝を知った談志は生まれて初めて他人のために涙を流したという。『談志絶倒昭和落語家伝』によれば、昔々亭桃太郎の復員を聞いて、実力者の帰国に恐れていたという[14]

墓所は荒川浄閑寺にあり記念の(揮毫は武者小路実篤)が建立されている。生まれ故郷の五日市にも碑がある。

渥美清が映画(「おかしな奴1963年)とTVドラマ(「おもろい夫婦1966年10月6日ー翌年3月30日)で歌笑を演じている。

近年は風間杜夫が昭和の爆笑王ドラマスペシャル「林家三平ものがたり おかしな夫婦でどうもすいませーん!」(テレビ東京国際放映、2006年8月20日)の中で歌笑を演じた。

4代目[編集]

4代目 三遊亭 歌笑さんゆうてい かしょう
本名 高水 勉
生年月日 (1939-05-26) 1939年5月26日(78歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 2代目三遊亭円歌
3代目三遊亭圓歌
名跡 1. 三遊亭歌寿美(1958年 - 1961年)
2. 4代目三遊亭歌笑(1961年 - )
出囃子 大名行列
活動期間 1958年 -
所属 落語協会

4代目三遊亭 歌笑1939年5月26日 - )は東京都西多摩郡五日市町(現:あきる野市)出身の落語家。落語協会所属。本名:高水 勉。出囃子は『大名行列』。3代目歌笑とは親戚(叔父甥、当代4代目の母の弟が3代目)。

  • 幼少期から叔父の落語や叔父の思い出などを聞かされ興味を持つ。
  • 1958年4月2代目三遊亭円歌に入門して歌寿美(かすみ)を名乗る。
  • 1961年10月二つ目に昇進し、4代目歌笑を襲名。

弟子に大須くるみ(三遊亭笑くぼ)がいる。(2016年現在も、師匠の世話をしながら、独自で活躍している)。

  • 東京に戻る

過去に数度脳梗塞を患って倒れたことがある。

現在(2016年)も、闘病しながら、地方の寄席を開催中。

幼い頃から可愛がってくれていた叔父の突然の死に衝撃を受け『俺が遺志を継がなきゃ!!!!!!!』と考えたことが入門動機である。

得意ネタは若い頃は新作落語をやっていたが近年は古典落語に力を入れ、主にお酒の噺「うどんや」「野ざらし」「吝気の火の玉」「親子酒」など、新作では円歌の「呼び出し電話」などの電話シリーズ、「旅行カバン」など、叔父譲りの『歌笑純情詩集』は彼しか出来ないネタとして有名である。

脚注[編集]

  1. ^ p.252
  2. ^ p.262-268
  3. ^ p.269
  4. ^ p.267-282
  5. ^ p.260
  6. ^ 短期ではあるが、入営した様子が写真におさまっている p.318
  7. ^ p.324
  8. ^ p.330
  9. ^ p.333
  10. ^ p.257「純情詩集」
  11. ^ p.14
  12. ^ 昔々亭桃太郎の音楽風呂を下敷きにした p.260
  13. ^ 中央公論1950年8月号。青空文庫で全文読める
  14. ^ 大和書房、2007年09月19日。ISBN 9784479391623,p.130

参考文献[編集]

外部リンク[編集]