イナンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花瓶に描かれたイナンナ

イナンナシュメール語: 𒀭𒈹翻字: DINANNA、音声転写: inanna)はシュメール神話金星の女神で、ウルク文化期(紀元前4000年-紀元前3100年)からウルクの守護神として崇拝されていたことが知られている(エアンナ寺院に祭られていた)。夫にドゥムジ英語版をいただく。

呼称[編集]

その名は「天の女主人」を意味するとされている[1]アッカド帝国en)期には「イシュタル」(新アッシリア語: DINGIR INANNA)と呼ばれた。イシュタルは南アラビアアスタル神やシリアの女神アスタロテと関連し、古代ギリシアではアフロディーテーと呼ばれ、ロ-マのヴィーナスウェヌス)神と同一視されている[2]

神話のなかのイナンナ[編集]

メソポタミア神話において、イナンナは神エンキの誘惑をふりきり、酔っ払ったエンキから、文明生活の恵み「メー」をすべて奪い、エンキの差し向けたガラの悪魔のその追跡から逃がれ、ウルクに無事たどりついた。エンキはだまされたことを悟り、最終的に、ウルクとの永遠の講和を受け入れた。この神話は、太初において、政治的権威がエンキの都市エリドゥ紀元前4900年頃に建設された都市)からイナンナの都市ウルクに移行するという事件を示唆していると考えられる。イナンナは系譜上はアンの娘だが、月神ナンナ(シン)の娘とされることもあり、この場合太陽神ウトゥ(シャマシュ)とは双子の兄妹で冥界の女王エレシュキガルの妹でもある[3]

王権を授与する神としてのイナンナ[編集]

イナンナ神は外敵を排撃する神としてイメージされており、統一国家形成期には王権を授与する神としてとらえられている。なお、それに先だつ領域国家の時代、および後続する統一国家確立期においては王権を授与する神はエンリルシュメール語: 𒀭𒂗𒇸)であり、そこには交代がみられる[4]

ウルクの大杯[編集]

高さ1m強、石灰岩で造られた大杯。ドイツ隊によって発見され、イラク博物館に展示されていた[5]。最上段には都市の支配者が最高神イナンナに献納品を携え訪れている図像が描かれ、最下段にはチグリスユーフラテスが、その上に主要作物、羊のペア、さらに逆方向を向く裸の男たちが描かれている[6]。図像はイナンナとドゥムジの「聖婚」を示し、当時の人々が豊穣を願う性的合一の儀式を国家祭儀にまで高めていた様子を教えている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アンソニー・グリーン監修『メソポタミアの神々と空想動物』p24、 山川出版社 、2012/07
  2. ^ アンソニー・グリーン監修『メソポタミアの神々と空想動物』p24、 山川出版社 、2012/07
  3. ^ アンソニー・グリーン監修『メソポタミアの神々と空想動物』p25、 山川出版社 、2012/07
  4. ^ 前田(2003)p.21
  5. ^ 前川和也『図説メソポタミア文明』p6
  6. ^ 前川和也『図説メソポタミア文明』p8
  7. ^ 前川和也『図説メソポタミア文明』p9

出典[編集]