小沢信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小沢 信男(おざわ のぶお、1927年6月5日 - )は日本作家

来歴・人物[編集]

東京市(現東京都港区新橋出身。1947年東京府立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)を卒業。日本大学芸術学部に進学し、在学中に「新日本文学」に参加。「江古田文学」に掲載された「新東京感傷散歩」が花田清輝に認められる。卒業後、小説・詩・戯曲・評論・俳句・ルポルタージュなど多岐にわたる執筆活動を展開し、著書多数。2000年に『裸の大将一代記――山下清の見た夢』で桑原武夫学芸賞受賞。

著書[編集]

  • 『わが忘れなば 短編集』晶文社 1965
  • 『ドキュメント犯罪の主役たち』三一新書 1968
  • 『小説昭和十一年』三省堂 1969
  • 『ドキュメント悪女』三一新書 1970
  • 『若きマチュウの悩み わがバリエテ』創樹社(バリエテ・シリーズ) 1973
  • 『赤面申告 詩集』朔人社 1975
  • 『東京の人に送る恋文』晶文社 1975
  • 『犯罪専科』東邦出版社 1978 のち河出文庫
  • 『大東京24時間散歩』現代書林 1979
  • 『犯罪紳士録』筑摩書房 1980 のち講談社文庫ちくま文庫
  • 『いま・むかし東京逍遥』晶文社 1983
  • 『書生と車夫の東京』作品社 1986
  • 『東京百景』河出書房新社 1989
  • 『あの人と歩く東京』筑摩書房 1993
  • 『昨日少年録 その1) 亀山巌』私家版 1997
  • 『句集 足の裏』夢人館 1998
  • 『全句集・んの字』大日本印刷ICC本部 2000
  • 『裸の大将一代記 山下清の見た夢』筑摩書房 2000 のち文庫
  • 『悲願千人斬の女』筑摩書房 2004
  • 『通り過ぎた人々』みすず書房 2007
  • 『東京骨灰紀行』筑摩書房 2009
  • 『本の立ち話』西田書店 2011

共著編[編集]

  • 『文学と性』瀬沼茂樹,長岡弘芳共著 知性社 1958
  • 『秘められた恋文』瀬沼茂樹,長岡弘芳共著 秋田書店(サンデー叢書) 1967
  • 『犯罪百話 昭和篇』(編)ちくま文庫 1988
  • 『東京の池』冨田均共著 作品社 1989
  • 『東京下町親子二代 写真集』高田行庸写真 童牛社 1992
  • 『時代小説の愉しみ』多田道太郎,原章二共著 平凡社新書 2001

脚注[編集]