松田ひろむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 ひろむ(まつだ ひろむ、1938年8月25日-)は俳人。本名は英孝(ひでたか)。第28回現代俳句評論賞、第9回新俳句人連盟賞、第1回雑草賞受賞。古沢太穂師系「鴎座」代表、現代俳句協会参与、新俳句人連盟永年会員。

略歴[編集]

1938年8月25日、高知県高知市小津町に生まれる。高知市立城北中学校、高知県立高知工業高等学校機械科卒業。高校時代、秋元不死男の「氷海」に入会。高校卒業後、東京電力に入社。藤田湘子の「」に入会、のち同人となるも、古沢太穂と出会い傾倒し「鷹」を退会、太穂が主宰する「道標」に入会、のち同人となり、新俳句人連盟会員に推薦される。また第5回道標賞を受賞[1]

1973年、新俳句人連盟第1回雑草賞受賞。[2]

1974年、「雑草」にて第2回新俳句人連盟賞佳作。[3]

1976年、現代俳句協会会員に推薦される[4]

1977年、「十七年」にて第5回新俳句人連盟賞佳作。[5]

1978年、「白い訴状」にて第6回新俳句人連盟賞選外佳作。[6]

1979年、「鴎俳句会」を結成。「翼」にて第7回新俳句人連盟賞佳作。[7]

1980年、「冬かもめ」にて第8回新俳句人連盟賞選外佳作。[8]

1981年、「埠頭」にて第9回新俳句人連盟賞受賞。[9]

2000年、古沢太穂死去後に退会し「道標」は分裂、2001年「鴎座」の創刊代表となる。現代俳句協会企画部副部長、IT部長に就任。

2007年、東京都区現代俳句協会顧問に就任。

2008年、「白い夏野―高屋正國ときどき窓秋」にて第28回現代俳句評論賞受賞。[10]

2009年、現代俳句協会参与、日本詩歌句協会常任理事に就任。

2012年4月1日より、翌3月31日まで、1日10句の荒行に挑戦し、その作品は第三書館より2017年、『一日十句』として出版された[11]

2016年、新俳句人連盟永年会員となる。

2017年4月「道標」休刊[12]、古沢太穂の師系が「鴎座」に統一される。

句集・著書[編集]

蒐集家として[編集]

蒐集家としても知られ[13]テレホンカードは元「テレカ収集協会」会長で多数の著書もある。こけしのコレクターでもあり、その数は一時1000本にもなった[14]。東京こけし友の会会員。

出典[編集]

  • 句集『黄梅』
  • 句集『飛景』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『黄梅』略歴
  2. ^ 『新俳句人連盟七〇年 ―歴史と作品―』p332
  3. ^ 『俳句人』1974年1月号p8
  4. ^ 『黄梅』略歴
  5. ^ 『俳句人』1977年2月号p8
  6. ^ 『俳句人』1978年2月号p24
  7. ^ 『俳句人』1979年2月号p4
  8. ^ 『俳句人』1980年2月号p20
  9. ^ 『新俳句人連盟七〇年 ―歴史と作品―』p306
  10. ^ 現代俳句協会 現代俳句評論賞受賞者
  11. ^ 版元ドットコム
  12. ^ 『俳句人』2017年5月号、後記
  13. ^ 「私の自由時間」『俳壇』(本阿弥書店)2016年2月号、120-121頁(本阿弥書店)
  14. ^ 「私の自由時間」『俳壇』(本阿弥書店)2016年2月号、120頁(本阿弥書店)

外部リンク[編集]