日本詩歌句協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本詩歌句協会(にほんしかくきょうかい)は、2006年8月3日に設立された特定非営利活動法人(NPO法人)である。所轄庁は東京都。詩歌文化の発展のために、日本詩歌句大賞と日本詩歌句協会賞を制定している。

定款に記載されている目的[編集]

この法人は、広く一般市民に対し、短歌及び俳句(詩歌句)のそれぞれの魅力を結集し、伝えるための文芸講座及びイベント等の企画運営を通じて、新たな詩歌の潮流を提示し、詩歌文芸の発展に寄与することを目的とする。

活動分野 学術・文化・芸術・スポーツ、NPO支援

所在地 新宿区山吹町344 第三英晃ビル2階

主な役員(2009年度)[編集]

日本詩歌句大賞・日本詩歌句協会賞[編集]

日本詩歌句大賞[編集]

第1回(2005年度)

第2回(2006年度)

第3回(2007年度)

第4回(2008年)

第5回(2009年度) 

第6回(2010年度)

  • 詩部門 石川逸子 詩集『ロンゲラップの海』花神社
  • 短歌 なし
  • 俳句 加古宗也 句集『花の雨』角川グループパブリッシング

日本詩歌句協会賞[編集]

第5回(2009年度) 

  • 詩部門 該当なし 奨励賞 伊藤一郎(一本の線)
  • 短歌部門 該当なし 奨励賞 橋本紀代子(昔はねえ)、間中恵美子
  • 俳句部門 該当なし 奨励賞 宮田祥子、桂正淑子

日本詩歌句随筆評論賞[編集]

  • 第11回(2015年)
  • 随筆部門 堀本裕樹『富士百句で俳句入門』(ちくまプリマー新書)
  • 第12回(2016年) 
  • 詩部門

 大賞 田中裕子 詩集『カナリア屋』  優秀賞 咲まりあ 詩集『わたしの季節を』(土曜美術社賞)     水野ひかる  詩集『水辺の寓話』

  • 短歌部門

 大賞 村田淳子 歌集『上山から』  優秀賞 麻美美和子 歌集『妙見の杜』

  • 俳句部門

 大賞 岡田史乃 句集『ピカソの壺』(東京四季出版社賞)  特別賞 日比野里江 句集『幣辛夷』  奨励賞 日原正彦 句集『てんてまり』

  • 随筆部門

 大賞 能村研三 随筆集『飛鷹抄』  奨励賞 こたきこなみ 随筆集『岩肌と人肌のあいだ』

  • 評論部門

 大賞 浅沼璞 評論集『俳句・連句REMIX』

  • 第13回(2017年)
  • 詩部門

 大賞 鈴木正枝 詩集『そこに月があったということに』  土曜美術社賞 斎藤菜穂子 詩集『霧の町を訪ねる日』

  • 短歌部門

 大賞 高島静子 歌集『飛びなさい』  優秀賞 福田淑子 歌集『ショパンの孤独』

  • 俳句部門

 大賞 水野晶子 句集『十井』  特別賞 松山足羽 句集『究むべく』      大久保昇 句集『天職へ』  俳句四季賞 山川和代 句集『葉桜』

  • 評論部門

 大賞 遠藤若狭男 評論集『人生百景――松山足羽の世界』  奨励賞 堀内統義 評論集『戦争・詩・時代――平和が平和であるために』

  • 随筆部門 大賞 該当者なし

 優秀賞 岡三沙子 随筆集『寡黙な兄のハーモニカ』

選考委員

  • 詩部門 
2009 菊田守鈴木哲雄・中原道夫
2010- 菊田守・田中眞由美・中原道夫
  • 短歌部門
2009- 秋葉雄愛・神作光一・西川修子
帯川千・秋葉雄愛・桜井健司
大久保白村・大高霧海・加藤耕子・平田繭子
  • 随筆部門
2010- 二ノ宮一雄・増田稔田口兵
 二ノ宮一雄・坂口昌弘・田口兵  

外部リンク[編集]

日本詩歌句協会ブログ