松山足羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松山 足羽(まつやま あすわ、1922年2月1日 -2017年12月28日)は、日本俳人

略歴[編集]

福井県福井市生まれ。1944年「山茶花」「趣味」入会。敗戦で大陸から引き揚げ。1953年「寒雷」(加藤楸邨)「花実」同人。1970年「河」(角川源義)入会、1975年同人、俳人協会会員。1979年「人」創刊同人、発行所代表。1982年「人」結社賞。1988年「川」創刊主宰。俳人協会幹事[1]

著書[編集]

  • 『鉄橋 松山足羽句集』本阿弥書店 1986年12月 全国書誌番号:87053920 / 東京四季出版 2010年9月 ISBN 978-4812906330
  • 『座高』角川書店、1995年8月。ISBN 4048714864
  • 『松山足羽集』(自註現代俳句シリーズ) 俳人協会 1999年5月 全国書誌番号:20019287
  • 『山河 句集』本阿弥書店 2001年8月 ISBN 4893737392
  • 『俳句から俳句へ』本阿弥書店 2001年8月 ISBN 4893737406
  • 『愛の欲し 句集』(新精選作家双書) 本阿弥書店 2007年4月 ISBN 978-4776803539
  • 『男唄 句集』(平成の100人叢書) 本阿弥書店 2010年4月 ISBN 978-4776806950
  • 『課題句実践講座100』本阿弥書店 201311 ISBN 978-4776810506
  • 『一人 句集』本阿弥書店 2014年2月 ISBN 978-4776810599
  • 『究むべく 句集』(歳華シリーズ) 東京四季出版 2016年5月 ISBN 978-4812907832

関連書[編集]

  • 遠藤若狭男『人生百景 松山足羽の世界』本阿弥書店 2016

脚注[編集]

  1. ^ 『究むべく』著者紹介