堀本裕樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀本 裕樹(ほりもと ゆうき、1974年8月12日 - )は、日本の俳人文筆家。所属事務所はアドライフ。和歌山県出身。東京経済大学二松學舍大学非常勤講師、実践女子学園生涯学習センター講師、杉並区立角川庭園・すぎなみ詩歌館講師、俳人協会幹事。國學院大学法学部卒業。俳句結社「蒼海俳句会」主宰。

経歴[編集]

大学在学中に、國學院俳句(師範・鎌田東二)に入会。19歳から作句を始める。出版社勤務、コピーライターを経て角川春樹が主宰する俳句結社「河」に参加。所属中に結社賞の河新人賞、河賞、銀河賞、角川春樹賞を受賞した。3年間編集長を務めた後、2010年に独立。創作の傍らさまざまなかたちで句会やイベントを行うなど、老若男女幅広い層へ俳句の楽しさを伝えるために活動している。千野帽子長嶋有米光一成と句会ライブ「東京マッハ」を行う[1]又吉直樹に有季定型俳句の指導を担当した。2018年に俳句結社「蒼海俳句会」を立ち上げ、主宰を務める。

はじめは小説家を目指していたこともあり、同郷の中上健次[2]宮本輝に影響を受けた[3]。『本の雑誌』2013年6月発売号に宮本輝著作10冊に関する書評を執筆、2015年7月17日発売の宮本輝著『水のかたち』文庫版(集英社文庫)の解説を執筆するなど、文筆家としても活動している。

主な受賞歴[編集]

  • 第2回北斗賞
  • 第36回俳人協会新人賞(『熊野曼陀羅』)
  • 第11回日本詩歌句随筆評論大賞(『富士百句で俳句入門』)
  • 和歌山県文化奨励賞(2015年度)

著書[編集]

連載[編集]

  • 「千堀の投句教室575」日経ビジネスAssocié(アソシエ)にコラム連載、(2012年9月号で連載終了)
  • 「ササる俳句 笑う俳句」又吉直樹との不定期連載(集英社『すばる 』)、2012年10月号 -
  • 「マネー五七五」(小学館『マネーポスト』)、2011年7月号 - 2014年1月号
  • 「俳句と短歌の待ち合わせ 17×31」穂村弘との連載(新潮社『波』)、2013年9月号 -
  • 「富士山五七五」(webちくま)、2013年12月 - [5]
  • 「俳句時評」(朝日新聞朝刊)、2014年4月28日 -
  • 「ねこのほそみち」(さくら舎)、2014年5月 - 2016年2月 [6]
  • 「蕪村のまなざし」(世界文化社『家庭画報』)、2016年1月号 -
  • 「五七五の小説工房」(双葉社『カラフル』)、2016年2月 -
  • 「ねこもかぞく」(さくら舎)、2017年12月 - [7]
  • 「海辺の俳人」(幻冬舎『小説幻冬』)、2018年8月 -
  • 本田「ほしとんで」(監修、LINEマンガ)、2018年4月 -

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]