金子皆子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 皆子(かねこ みなこ、1925年1月8日 - 2006年3月2日)は、埼玉県出身の俳人。旧姓・塩谷。秩父郡野上村(現・長瀞町)生まれ。1947年、金子兜太と結婚し句作をはじめる。1953年、兜太の所属誌「」に投句開始。1955年、風賞受賞。1962年、兜太の「海程」創刊に参加し、発行事務を全面的に担当する。海程賞、1988年、第35回現代俳句協会賞、2005年、『花恋』で第1回日本詩歌句大賞受賞。1996年頃より癌を患い長く闘病生活にあった。2006年3月2日死去、81歳。

句集[編集]

  • むしかりの花
  • 黒猫
  • さんざし
  • 花恋

参考文献[編集]

  • 『現代俳句大事典』 三省堂
  • 『現代の俳人101』 新書館

外部リンク[編集]