大石悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大石 悦子(おおいし えつこ、1938年昭和13年) - )は、京都府出身の俳人。舞鶴町(現舞鶴市)生まれ。1954年、府立西舞鶴高校に入学、「鶴」門の工藤雄仙が主宰する「飛翔」に誘われ句作を開始。1956年ごろ「」に入会。石田波郷石塚友二星野麦丘人に師事する。1957年、和歌山大学に入学。学生サークルの俳句研究会に所属し、一時「天狼」にも投句した。子育てのために句作を一時中断後、1981年に鶴俳句賞を受賞、「鶴」同人。

1984年、「遊ぶ子の」50句により第30回角川俳句賞を受賞。1986年、句集『群萌』により第10回俳人協会新人賞を受賞。1991年、後藤綾子の呼びかけによる「あの会」発足に参加。のちに澁谷道の「紫薇」にも参加する。2005年、句集『耶々』により第5回俳句四季大賞および第1回日本詩歌句大賞を受賞。2013年、句集『有情』により第53回俳人協会賞を受賞。

代表句に「てふてふや遊びをせむとて吾が生れぬ」(『群萌』所収)などがある。『万葉集』などの古典の素養と漢語を生かした骨太な作風。2002年より芝不器男俳句新人賞選考委員。

著書[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]