吉野裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉野 裕之(よしの ひろゆき、1961年8月1日 - )はプログラムオフィサー歌人俳人堂号は空蝉庵[1]。歌人の髙橋みずほは妻。同じく歌人の髙橋俊人は妻の祖父。

経歴[編集]

神奈川県横浜市根岸生まれ[2]横浜国立大学教育学部附属横浜小学校同中学校神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校を経て、九州大学農学部卒業、同大学院農学研究科修士課程修了。大学、大学院では木材化学を専攻。

長谷工総合研究所副主任研究員などを経て、ハウジングアンドコミュニティ財団チーフ・プログラム・オフィサー。この間、住まい・まちづくり活動推進協議会事務局長、住まい・まちづくり担い手支援機構理事などを兼務。NPO市民活動によるまちづくりの実務と研究を行う。2010年より内閣官房地域活性化伝道師[3]

短歌を加藤克巳に師事、光栄堯夫に兄事。1986年、「桜狩」に入会(2011年退会)、1988年、「個性」に入会(2004年終刊)。2002年、今井恵子、髙橋みずほとともに、短歌ユニット[BLEND]を始動、雑誌[BLEND]を第10号まで発行(2007年終刊)。1987年、角川短歌賞候補、1990年、1991年、歌壇賞候補。

俳句を今村俊三岸田稚魚に師事。1985年、「桃滴舎」に入会(1991年終刊)、1986年、「琅玕」(玕:王偏に干)に入会(1991年退会)。1991年、岡井省二岡本高明の誘いを受け、「槐」創刊に参加。翌年、第1回槐賞受賞。同世代の同門に、山西雅子加藤かな文、小山森生などがいる。2001年、「槐」退会。

2010年8月、プロデュースした短歌俳句の同人誌「ことばの楽園」が、2012年11月、同じく俳句の同人誌「豆句集 みつまめ」が創刊される。

法政大学ではコミュニティアートを、フェリス女学院大学では俳句の創作を、東京家政大学では暮らしの探究を講じている。横浜文芸懇話会副会長[4]横浜歌人会代表委員[5]。また、2013年1月より12月まで、砂子屋書房のサイトで「一首鑑賞*日々のクオリア」を連載[6]

テーマ・作風[編集]

活動のテーマは、「現代都市とぼくと」における3つの「と」の意味を探ること[7]。また、「短詩型と都市は双子の兄弟ではないか。数年前、ふと、このことに思い至った。いずれも身体の奥に潜んでいたなにかが、時間を可視化しながら形=空間になったものではないか。複数の領域での試みが、自分のなかで統一された」と、語っている[8]

短歌は現代仮名遣いで、俳句は歴史的仮名遣いで制作している。ライトヴァースとも見えるが、ただライトであるのではなく、一見抵抗感のない若者風の語法の裏側に、近代短歌の核心となってきた〈私〉が確かに存在しており[9]、都市に住む〈私〉の目に映ずる風景を、「すでにあるもの」として描くのではなく、「立ち現れるもの」として微細に描いていく[10]

著書[編集]

単著[編集]

  • 歌集『空間和音』 砂子屋書房、1991年
  • 歌集『ざわめく卵』 砂子屋書房、2007年
  • セレクション歌人 吉野裕之集』 邑書林、2008年
  • 歌集『博物学者』 北冬舎、2010年
  • 歌集『Yの森』 沖積舎、2011年
  • 歌集『砂丘の魚』 沖積舎、2015年

共著[編集]

  • パブリック・アートは幸せか』 公人の友社、1994年
  • 『横浜歌枕集成・新版』 短歌新聞社、2000年
  • 『岡井省二の世界 - 霊性と智慧』 北宋社、2001年
  • 『加藤克巳作品研究』 風心社、2003年

アンソロジー[編集]

  • 『現代の第一歌集 次代の群像』 ながらみ書房、1993年
  • 『現代短歌の全景 男たちのうた』 河出書房新社、1995年
  • 『現代短歌一〇〇人二〇首』 邑書林、2001年
  • 『2004年の桜/725首』 北冬舎、2004年
  • 『アンソロジー横浜2009』 六花書林、2009年

脚注[編集]

  1. ^ profile”. Made in Y. 2016年8月30日閲覧。
  2. ^ 横浜・根岸-ふるさとという場所」『神奈川県歌人会会報』第34号、2008年9月。
  3. ^ 地域活性化伝道師一覧”. 内閣府地方創生推進事務局. 2018年2月26日閲覧。
  4. ^ 横浜文芸懇話会とは”. 横浜文芸懇話会. 2016年8月30日閲覧。
  5. ^ 会員&役員”. 横浜歌人会. 2016年4月14日閲覧。
  6. ^ 一首鑑賞*日々のクオリア”. 砂子屋書房. 2018年2月11日閲覧。
  7. ^ Made in Y”. Made in Y. 2016年8月30日閲覧。
  8. ^ 「あとがき」『セレクション歌人33 吉野裕之集』 邑書林、2008年。
  9. ^ 吉野裕之 または、縮小する世界で我に返る歌”. 東郷雄二:今週の短歌. 2016年10月11日閲覧。
  10. ^ 吉野裕之『ざわめく卵』”. 東郷雄二:橄欖追放. 2016年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]