高橋成人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙橋成人」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙橋 成人(たかはし のりんど1923年11月14日 - 2014年3月16日)は、日本の生物学者。東北大学名誉教授。農学博士。専門は植物遺伝育種学

経歴[編集]

神奈川県生まれ。1950年、東北大学農学部農学科卒業。

東北大学農学研究所[1]教授、所長などを経て、1987年、同大学名誉教授。主な研究分野は、栽培植物の生理遺伝と環境適応性。1972年、「の発芽性に関する生理遺伝学的研究」で日本育種学会賞受賞。

父は歌人の髙橋俊人、次女は同じく歌人の髙橋みずほ、その夫・吉野裕之も歌人。

2014年3月16日に死去。90歳没。歿日付で従四位

著書[編集]

  • 『作物-その形態と機能』(共著) 北条良夫・星川清親編、農業技術協会、1976年
  • 『植物遺伝学 第3巻 生理形質と量的形質』(共著) 木原均監修、高橋隆平編、裳華房、1976年
  • 『イネの生物学』 大月書店〈科学全書〉、1982年
  • 『Biology of Rice』(角田重三郎との共著) Japan Scientific Societies Press、1984年
  • 『現代農学事情』(共著) アグリカルチャークラブ編、汐文社、1992年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 農学研究所は東北大学附置研究所として1939年8月に設置。その後、遺伝生態研究センターを経て、2001年、大学院理学研究科、農学研究科、医学系研究科などの関連分野を再編成し、大学院生命科学研究科となる。

外部リンク[編集]