この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

J.J.Express

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本光平 (アイドル)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

J.J.Express(ジェイ・ジェイ・エクスプレス)は、ジャニーズ事務所に所属していたジャニーズJr.内の男性アイドルグループ。ユニット名は「Johnny's Junior EXPRESS」の略[1]。「Kis-My-Ftの弟分」と紹介されていた[1]

メンバー

生年月日順

  • 髙木雄也(たかき ゆうや、1990年3月26日 - ) - 大阪府出身[2]
  • 伊野尾慧(いのお けい、1990年6月22日 - ) - 埼玉県出身[3]
  • 有岡大貴(ありおか だいき、1991年4月15日 - ) - 千葉県出身[4]。2004年に加入[4]
  • 亀井拓(かめい たく、1991年9月9日 - ) - オーストラリア出身。[5]
  • 深澤辰哉(ふかざわ たつや、1992年5月5日 - ) - 東京都出身。
  • 橋本良亮(はしもと りょうすけ、1993年7月15日 - ) - 千葉県出身。

過去のメンバー

  • 松本光平(まつもと こうへい、1989年6月15日 - ) - 神奈川県出身[6]
  • 村野貴繕(むらの たかよし、1990年10月25日 - ) - 東京都出身[1]
  • 玉森裕太(たまもり ゆうた、1990年3月17日 - ) - 東京都出身。
  • 山下拓海(やました たくみ、1991年11月29日 - ) - 東京都出身。[1]
  • 浅香航大(あさか こうだい、1992年8月24日 - ) - 神奈川県出身[7]
  • 中島裕翔(なかじま ゆうと、1993年8月10日 - ) - 東京都出身[8]。結成時からのメンバー[8]
  • 森本龍太郎(もりもと りゅうたろう、1995年4月6日 - ) - 神奈川県出身[9]。2005年に加入[9]

来歴

2004年
  • 5月、松本・伊野尾・山下・中島の4名で結成。
  • 秋に松本が活動を休止し、伊野尾・山下・中島の3名での活動となる。その後山下が脱退し、有岡・村野・玉森・浅香の4名が加入するが、後に村野と玉森も脱退。
2005年
  • 松本が復帰し、松本・伊野尾・中島・有岡・浅香の5名での活動となるが、松本が再び活動を休止し、後にグループ脱退及び事務所を退所。
  • その後、髙木・橋本・亀井・深澤・森本龍太郎の5名が加入し、伊野尾・中島・有岡・浅香・髙木・橋本・亀井・深澤・森本の9名での新体制となる。
2007年

メンバー変遷

『duet』2004年6月号(初登場)発売時[1][注 1]
  • 伊野尾慧・中島裕翔・有岡大貴・山下拓海・村野貴繕
『duet』2004年7月号発売時[6][注 1]
  • 伊野尾慧・中島裕翔・有岡大貴・山下拓海・松本光平
『duet』2005年8月号発売時[10]
  • 伊野尾慧・中島裕翔・有岡大貴・浅香航大
『duet』2005年9月号発売時
髙木が加わり、5人体制になる[11]
  • 伊野尾慧・中島裕翔・有岡大貴・浅香航大・髙木雄也
『POTATO』2006年3月号発売時点[12]
  • 伊野尾慧・中島裕翔・有岡大貴・浅香航大・髙木雄也・橋本良亮・亀井拓・深澤辰哉・森本龍太郎
『POTATO』2006年9月号発売時点[13]
  • 伊野尾慧・有岡大貴・浅香航大・髙木雄也・橋本良亮・亀井拓・深澤辰哉
『POTATO』2007年6月号発売時点 - 『POTATO』『duet』[14]『Wink up』[15]各2007年11月号まで[注 2]
  • 伊野尾慧・有岡大貴・髙木雄也・橋本良亮・亀井拓・深澤辰哉

楽曲

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「J.J.Express」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • BACK IN TIME(作詞:ERYKAH、作曲:INDREHUS PER KRISTIAN) - JASRAC作品コード:0R5-2133-0
  • SUPER STAR(作詞・作曲:森元康介) - JASRAC作品コード:124-6133-4
  • LOVE ME BABY(作詞・作曲:蔦谷好位置) - JASRAC作品コード:128-7039-1
  • 少年のまま[18](作詞・作曲:磯崎健史) - JASRAC作品コード:134-9084-2
  • Carnival★ガンニバル[18](作詞:宇都直樹、作曲:OKUDA) - JASRAC作品コード:136-1219-1
  • 感じるままにYOU & I[18](作詞:漆野淳哉、作曲:Kazuya Izumi) - JASRAC作品コード:139-5968-9
  • HOW TO TREAT YOUR WOMAN(作詞:近藤ナツコ、作曲:YURONG RONI JR) - JASRAC作品コード:126-7941-1

出演

各メンバー単独・他ユニット出演は、それぞれの記事に記載。

バラエティ番組

コンサート

舞台

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 「J.J.EXPRESS」と全て大文字表記。
  2. ^ 2007年12月号からは掲載無し[16][17]
  3. ^ 「ちびっコチーム」として「PLEASE×3」、「大人チーム」として「感じるままにYou & I」を披露している[18]

出典

  1. ^ a b c d e 「J.J.EXPRESSが走り出す!!」、『duet』2004年6月号、ホーム社2004年、 60頁。
  2. ^ 高木雄也(Hey! Say! JUMP) プロフィール”. CDJournal. 2017年2月17日閲覧。
  3. ^ 伊野尾慧 プロフィール”. CDJournal. 2017年2月17日閲覧。
  4. ^ a b 有岡大貴 プロフィール”. CDJournal. 2017年2月17日閲覧。
  5. ^ 「「はじめまして!僕たちが“金八Jr.”ですっ!」」、『ポポロ』2008年3月号、麻布台出版社2008年1月23日、 46-49頁。
  6. ^ a b 「5つの元気、超特急ですっ!」、『duet』2004年7月号、ホーム社2004年、 136-137頁。
  7. ^ 浅香航大”. Smartザテレビジョン. 2016年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月17日閲覧。
  8. ^ a b 中島裕翔 プロフィール”. CDJournal. 2017年5月13日閲覧。
  9. ^ a b 森本龍太郎 プロフィール”. CDJournal. 2017年5月13日閲覧。
  10. ^ 「ANOTHER DREAM」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 61-63頁。
  11. ^ 「猛暑は友だち」、『duet』2005年9月号、ホーム社2005年、 167-169頁。
  12. ^ 「Go ahead!」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 113-115頁。
  13. ^ 「HOP STEP JUMP」、『POTATO』2006年9月号、学研2006年8月7日、 102-103頁。
  14. ^ 「秋探し…何度詠んでも時があまる!?(笑)」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 44-46頁。
  15. ^ 「lightness」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 60-62頁。
  16. ^ POTATO 2007年12月号”. POTATO. 学研 (2007年). 2018年3月17日閲覧。
  17. ^ Wink Up 2007年12月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2007年). 2018年3月17日閲覧。
  18. ^ a b c d 「武道館が揺れた!100人分のJr.が歌い踊った、180分!」、『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社2007年1月23日、 108-109頁。
  19. ^ 番組情報”. Ya-Ya-yah. テレビ東京 (2007年). 2007年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月7日閲覧。
  20. ^ 「ジュニアの夏も熱い!」、『POTATO』2006年9月号、学研2006年8月7日、 65-66頁。
  21. ^ “来春ジャニーズ新アイドルデビュー”. デイリースポーツonline. (2006年10月2日). オリジナル2006年11月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061102221956/http:/www.daily.co.jp/gossip/2006/10/02/0000126860.shtml 2018年6月24日閲覧。 
  22. ^ “ジャニーズJr.武道館5daysで100人登場”. スポーツ報知. (2006年11月26日). オリジナル2007年2月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070203091453/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061126-OHT1T00060.htm 2017年5月13日閲覧。 
  23. ^ 「Johnny's Jr.『ジャニーズJr.の大冒険!'07』」、『duet』2007年10月号、ホーム社2007年9月7日、 52-55頁(前ページから数えて)。
  24. ^ 滝沢秀明主演 時代劇LIVEミュージカル『滝沢演舞城』製作発表記者会見”. シアターガイド (2006年1月24日). 2016年12月4日閲覧。