福岡県道・大分県道111号東上戸原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県道111号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
大分県道111号標識

福岡県道・大分県道111号東上戸原線(ふくおかけんどう・おおいたけんどう111ごう ひがしかみとばるせん)は、福岡県築上郡上毛町大字東上と大分県中津市耶馬溪町戸原とを結ぶ一般県道である。

峠前後は両県とも幅員が狭くカーブの多い道路である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点 : 福岡県築上郡上毛町大字東上[1]
  • 終点 : 大分県中津市耶馬溪町戸原 国道212号交点
  • 総延長 : 【福岡県側】7980.0m[2]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡県京築県土整備事務所道路台帳
  2. ^ 福岡県京築県土整備事務所区域変更・認定台帳

関連項目[編集]