福岡県道96号八女瀬高線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
福岡県道96号標識
福岡県道96号八女瀬高線
起点 福岡県八女市納楚
終点 福岡県みやま市瀬高町上庄
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
Japanese National Route Sign 0442.svg国道442号
Japanese National Route Sign 0209.svg国道209号
Japanese National Route Sign 0443.svg国道443号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

福岡県道96号八女瀬高線(ふくおかけんどう96ごう やめせたかせん)は、福岡県八女市からみやま市までを結ぶ主要地方道県道)。

概要[編集]

起点から終点へ南西方向に向かう斜めルートである。八女市街筑後市の船小屋地区が2車線整備されている他は全体を通じて1.5車線程度の幅員である。また、筑後市の船小屋地区では幅員改良された迂回道路と旧道いずれも県道96号として案内しているが筑後船小屋駅とつながる福岡県道724号船小屋停車場線交点で再度合流するようになっている。

筑後市とみやま市瀬高町および柳川市三橋町の境界付近から終点までは福岡県道89号瀬高久留米線と重複している。

2013年5月25日に開通した国道442号八女筑後バイパスの開通に伴い、起点付近の道路区画が変更されている。[1]

筑後市の船小屋ルートを通るため、国道442号および国道209号の混雑回避にも利用できる。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 福岡県
    • 八女市 - 筑後市 - みやま市

交差する路線[編集]

沿線情報[編集]

バイパス[編集]

国道209号と九州新幹線船小屋駅を結ぶ道路として、筑後市大字尾島から同市大字津島まで2108mの2車線道路を拡幅およびバイパスにより事業中である。

脚注[編集]

  1. ^ 福岡県公報第3499号(福岡県・2013年5月28日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]