大分県道605号床木海崎停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
大分県道605号標識
大分県道605号
床木海崎停車場線
起点 大分県佐伯市弥生大字床木
終点 大分県佐伯市大字海崎
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0217.svg国道217号
大分県道36号佐伯津久見線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

大分県道605号床木海崎停車場線(おおいたけんどう605ごう ゆかぎかいざきていしゃじょうせん)は、大分県佐伯市弥生大字床木と大分県佐伯市大字海崎および大分県佐伯市大字戸穴を結ぶ一般県道。終点付近で二方向に分かれる。

概要[編集]

佐伯市山側の弥生地区と海沿いの海崎地区を結ぶ道路である。山越えの部分に狭隘区間残っており、その中の八明隧道(やめいずいどう)も狭小だったため普通車でも対向が困難であったが、2016年2月24日に新八明トンネルを含むバイパスが開通し狭隘区間は解消された[1]

路線データ[編集]

  • 陸上距離:約4.3km
  • 起点:大分県佐伯市弥生大字床木
  • 終点:大分県佐伯市大字海崎、大分県佐伯市大字戸穴

歴史[編集]

  • 2016年2月24日 - 新八明トンネルを含むバイパス道路が開通[1]

通過する自治体[編集]

  • 大分県
    • 佐伯市

接続する道路[編集]

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 一般県道床木海崎停車場線(海崎工区)開通のお知らせ (PDF)” (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。

関連項目[編集]