大分県道707号大泊浜徳浦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
大分県道707号標識

大分県道707号大泊浜徳浦線(おおいたけんどう707ごう おおさこはまとくうらせん)は、大分県臼杵市と大分県津久見市とを長目半島の海岸沿いに結ぶ一般県道である。

概要[編集]

長目半島はリアス式海岸で出入りが多く、海岸まで急傾斜の山が迫るため交通の難所であり、津久見側にある長目地区からは津久見港まではかつては市営船で結ばれていた。本路線は、長目半島の北の臼杵市側、及び、南の津久見市側からそれぞれぞれ半島の沿岸に沿って延びるが、先端部分では、臼杵側は泊ケ内、津久見側は楠屋から先は未整備となっている。

先端部分が行き止まりとなっており、台風などの災害で道路が不通になると半島先端部の集落が孤立することがあったため、2006年から泊ケ内から楠屋までの南北を連絡する森林管理道長目半島線(延長2,273m)の工事が進められて2013年10月19日に開通している[1][2]

また、海岸に沿って急なカーブが連なるため、開通部分についても道路改良事業が進められている[3][4]2001年には津久見市長目 - 堅浦区間の改良工事が完了。道幅が6mに拡幅されるとともに、浦代トンネル(延長197m)[5]の完成等により、2,020mの区間が1,190mに短縮された[6]

接続する道路[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]