福岡県道・大分県道112号福岡日田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県道112号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
大分県道112号標識

福岡県道・大分県道112号福岡日田線(ふくおかけんどう・おおいたけんどう112ごう ふくおかひたせん)とは、福岡県福岡市博多区から大分県日田市に至る一般県道である。

起点から筑紫野市までは国道3号と重複していたこともあるが、同国道の区間変更により単独区間となっている。また、福岡県朝倉郡筑前町から終点までは朝倉市街地前後の区間を除いて国道386号と重複する(大分県には実延長部分がない)。

路線概要[編集]

  • 起点:福岡市博多区
  • 終点:日田市
  • 総延長:

沿革[編集]

  • 1954年 建設省告示により主要地方道に指定。同年、大分県側が県道認定(福岡県は翌年認定)。
    当初の整理番号は、福岡が5、大分が2。
  • その後、1973年までに整理番号が1に統一される。
  • 1975年4月 朝倉郡筑前町(旧夜須町)から終点までの区間が国道386号として指定される(これにより、大分県での実延長部分がなくなる)。
  • 1976年 建設省告示で主要地方道とする指定がなされなかったため一般県道となる。
  • 1977年 整理番号が112に変更される(大分県は変更の告示を行っていない)。

通過する自治体[編集]

始点である東比恵交差点

重複区間[編集]

  • 国道200号(朝倉郡筑前町二 - 筑前町朝日)
  • 国道386号(朝倉郡筑前町朝日 - 筑前町久光、朝倉市古賀 - 終点)(久光 - 古賀間は国道386号バイパスが本道となった)

沿線[編集]

福岡市・大野城市[編集]

福岡市博多区の東比恵交差点が起点である。福岡空港の西側の住宅や店舗・事業所が密集する中を南東方向に進んでいく。東雲町交差点から山田4丁目交差点までは当道路が福岡市と大野城市の市境となっている。山田4丁目交差点を抜けて大野城市に入り、事代主神などを祀る雑餉隈恵比須神社、イオン大野城、大野城市役所、大野城まどかぴあを経て、瓦田橋で牛頸川を越え、大野小学校の前を経て、下大利団地の北側を通り御笠川を越えて太宰府市に入る。

太宰府市・筑紫野市[編集]

太宰府市内では引き続き住宅や事業所の中を抜け、菅原道真を祀る老松神社のそばを通り国道3号福岡南バイパス・九州自動車道の下を抜け、関屋交差点に至る。関屋交差点を左折すると太宰府市中心部や太宰府天満宮に行くことができる。同交差点を直進(右にカーブ)し、再び御笠川を越えて国道3号福岡南バイパスをくぐり抜け、西鉄天神大牟田線都府楼前駅をまたぎ越し、JR都府楼南駅付近の住宅地を抜けて筑紫野市に入る。

筑紫野市内では鹿児島本線と西鉄天神大牟田線に挟まれて南東に進み、JR二日市駅と西鉄紫駅の前を通る。石崎交差点で左にカーブして東南東に向きを変え、西鉄天神大牟田線を踏切で越えて朝倉街道駅の前を通り、ゆめタウン筑紫野のある針摺交差点を通る。針摺交差点から3kmほど進んで筑前町に入る。

筑前町・朝倉市[編集]

筑前町に入り300mほど進んだところにある山家道交差点から朝日東交差点までは国道200号との重複区間となる。この区間は国道200号の旧道(現在の福岡県道77号筑紫野三輪線の一部)が降格する前は、国道200号ではなくこの区間も国道386号であった。朝日東交差点からは国道386号との重複区間となる。筑前町役場の前を通り南東方向に直進した先にある久光橋交差点から国道386号は左手のバイパスに進み、再び当路線の単独区間となり、筑前町役場支所(旧三輪町役場)を経て朝倉市の中心部を抜けていく。その先にある佐田川橋交差点で当路線の単独区間は終了する。同交差点から先は全区間が国道386号との重複区間で、原鶴温泉を経て日田市に至る。

佐田川橋交差点以南の朝倉市内については国道386号#朝倉市を、大分県内については国道386号#日田市を参照。

主な接続道路[編集]

道の駅[編集]

  • 原鶴(国道386号重複区間に存在)

関連項目[編集]