福岡県道61号小倉中間線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
福岡県道61号標識
起点 北九州市小倉南区徳光交差点
終点 中間市土手ノ内
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0322.svg国道322号
福岡県道62号北九州小竹線
Japanese National Route Sign 0211.svg国道211号
Japanese National Route Sign 0200.svg国道200号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

福岡県道61号小倉中間線(ふくおかけんどう61ごう こくらなかません)は福岡県北九州市小倉南区徳光から中間市土手ノ内を結ぶ、主要地方道県道)である。

概要[編集]

山越え道である。起点と有名な合馬たけのこ産地の間は田園地帯である。以降終点に向かって急勾配かつ道幅の狭い峠道が続く。合馬峠を越えると一旦八幡東区田代地区で上り坂は終了するものの、「畑トンネル」を抜けてからは下り坂となる。こちらもカーブの連続で、難所である。国道211号との交差以降は住宅地を走る道路であるが、八幡西区楠橋では車線が消え、西鉄バスや対向車との離合の難しい箇所が一部存在する。

冬期には積雪あるいは凍結でチェーン規制が実施されることが多い。また、霧が発生することも多々ある。峠道区間にはほとんど街路灯がない。

事実上の代替路線となっているのは有料の九州自動車道小倉南インターチェンジ - 八幡インターチェンジ間)である。

路線データ[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 北九州市(小倉南区-八幡東区-八幡西区) - 中間市

交差する道路[編集]

周辺情報[編集]