倉橋 (海防艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉橋
東京湾で公試中の倉橋(1944年2月・推定)
東京湾で公試中の倉橋
(1944年2月・推定)
基本情報
建造所 日本鋼管鶴見造船所
運用者  大日本帝国海軍
Flag of Japan.svg 第二復員省/復員庁
艦種 海防艦(日本海軍)
掃海艦(第二復員省/復員庁)
特別輸送艦(復員庁)
級名 御蔵型海防艦
建造費 5,112,000円(予算成立時の価格)[注釈 1]
艦歴
計画 マル急計画
起工 1943年6月1日
進水 1943年10月15日
竣工 1944年2月19日
最後 1948年1月15日解体終了
除籍 1945年11月30日(日本海軍)
1947年9月4日(復員庁)
要目(竣工時)
基準排水量 940トン
全長 78.77m
最大幅 9.10m
吃水 3.05m
主機 艦本式22号10型ディーゼル2基
推進 2軸
出力 4,200hp
速力 19.5ノット
燃料 重油 120トン
航続距離 16ノットで5,000カイリ
乗員 定員149名[注釈 2]
兵装 45口径12cm高角砲 連装1基、単装1基
25mm機銃 連装2基
九四式爆雷投射機2基
爆雷120個
単艦式大掃海具1組
搭載艇 短艇3隻
レーダー 22号電探1基
ソナー 九三式水中聴音器1基
九三式水中探信儀1基
テンプレートを表示

倉橋(くらはし)は、日本海軍の海防艦御蔵型海防艦の5番艦。太平洋戦争を生き延び、戦後は掃海に従事したのち解体された。

艦歴[編集]

計画-竣工-練成[編集]

マル急計画の海防艦甲型、第310号艦型の18番艦[注釈 3]、仮称艦名第327号艦として計画。1942年2月14日、後に御蔵型と呼ばれることになる海防艦乙型の基本計画(基本計画番号E20)が決定したため、それに従って建造されることとなった。

1943年6月1日、日本鋼管株式会社鶴見造船所で起工。8月31日倉橋と命名され、御蔵型の4番艦に定められ[注釈 4]、本籍を横須賀鎮守府と仮定。10月15日、進水。12月20日、艤装員事務所を日本鋼管鶴見造船内事務所に設置し事務開始。1944年2月19日竣工し、艤装員事務所を撤去。同日付で本籍を横須賀鎮守府に、役務を横須賀鎮守府警備海防艦にそれぞれ定められる。呉防備戦隊に編入され、基礎術力練成教育に従事。

1944年3月-10月 ヒ船団護衛[編集]

1944年3月10日、海上護衛総司令部第一海上護衛隊に編入。11日から16日にかけて、海鷹の着艦訓練を警戒。訓練終了後、21日まで呉に在泊。21日、門司へ回航。23日、モタ13船団(12隻)を第26号駆潜艇とともに護衛し門司発。29日に船団から離れて対潜制圧を行いつつ、30日高雄着。

4月1日、タモ15船団(6隻)を護衛し高雄発。8日、門司の手前で船団から分離し佐世保へ回航。9日から12日にかけて、佐世保海軍工廠に入渠し修理を行う。14日、鎮海湾へ回航。16日、竹モタ17船団を護衛し鎮海発。途中泗礁山を経由し、27日マニラ着。29日、ヒ59船団と合同のため単艦でマニラ発。5月2日、同船団とともにマニラ着。

5月4日、マタ19船団(9隻)を護衛しマニラ発。5日、ヒ61船団(11隻)に合同するため単艦分離。6日から同船団を、7日からは同船団の海軍配当船仁榮丸を護衛し、8日1630時高雄着。高雄到着から2時間後には、7日に高雄を出港したミ03船団(20隻)に合同するため単艦高雄発。10日、特設運送船昌平丸と護衛の刈萱が被雷沈没したため対潜制圧を行い、11日マニラ着。12日、ヒ61船団を護衛しマニラ発。船団本隊は17日にシンガポールに入港したが、倉橋は16日からシンガポールの手前で対潜制圧を行い、19日にシンガポールに入港した。23日、ヒ62船団(8隻)を護衛しシンガポール発。29日、特設運送船神鳳丸に故障が発生したため、倉橋はこれを護衛し、船団本隊に1日遅れの30日にマニラ着。

6月1日、引き続きヒ62船団を護衛しマニラ発し、8日門司着。門司到着後に佐世保へ回航し、10日から22日にかけて佐世保海軍工廠で整備を行う。22日、20日に門司を出港したヒ67船団(門司出港時12隻)に合同するため単艦で佐世保発。29日、サンフェルナンド北西で2隻が被雷したが、沈没船を出さずに30日、全船マニラに入港した。

7月3日、被雷損傷した2隻を残して引き続きヒ67船団(10隻)を護衛しマニラ発。9日、シンガポール着。14日、ヒ68船団(7隻)を護衛しシンガポール発。19日、被雷した大井を救援するため一時船団から離れる。船団本隊は20日にマニラへ入港し、倉橋は21日になってマニラに入港した。24日、元モマ01船団や元ヒ69船団の構成船を加え再編成されたヒ68船団(14隻)を護衛しマニラ発。経由地の高雄へ向け航行中の25日から26日にかけて4隻が被雷(うち3隻沈没)し、倉橋は陸軍徴傭船安芸丸の救難と対潜掃蕩を行う。27日、高雄入港後に船団と船団護衛部隊双方の再編成を実施し、倉橋は引き続き同船団(9隻)[注釈 5]を護衛して28日、高雄発。8月3日、門司に到着した。

8月5日から7日にかけて、御蔵とともに佐世保海軍工廠で整備を行う。8日、伊万里に回航しヒ71船団(20隻)と合同。10日、同船団を護衛し伊万里発。出港後に1隻が故障のため離脱したが、15日に経由地の馬公に入港。17日、同船団は駆逐艦1隻と対潜掃蕩小隊の海防艦3隻を加え馬公を出港しマニラへ向かったが、18日から19日にかけてアメリカ潜水艦群の攻撃を受け8隻が被雷し、うち5隻が沈没した。倉橋は船団からはぐれた陸軍徴傭船日昌丸を護衛し、21日にマニラへ入港した。ヒ71船団と船団護衛部隊はマニラで再編成を行った。倉橋は26日、引き続きヒ71船団(6隻)を護衛しマニラ発。9月1日、シンガポール着。

9月6日、復航のヒ72船団(6隻)を護衛しシンガポール発。11日、同船団にマモ03船団(3隻)が合流し、ともに門司へ向かう。12日、ヒ72船団のうち4隻と船団護衛部隊の平戸敷波が相次いで撃沈され、倉橋は平戸の生存者を救助したのち特設運送船香久丸(元マモ03船団)を護衛し、13日海南島三亜に入港。14日、同じく三亜に回航していた御蔵とともに残存船の救援に出動し、同日楡林に入港した。16日、倉橋はヒ75船団(高雄出港時11隻)に合流するため楡林を発し、18日同船団に合流した。22日、シンガポール着。

10月2日、復航のヒ76船団(9隻)を護衛しシンガポール発。8日、マニラ西方で特設運送船君川丸が被雷しマニラへ回航。その後三亜への退避命令が出たため、11日三亜に入港した。17日、倉橋は第一遊撃部隊作戦指揮下に編入され、軍隊区分第二補給部隊に配置。18日、特設運送船日榮丸を護衛しパラワン島ウルガン湾へ回航し、24日まで同湾で待機。引き続き同船を護衛し26日コロン湾着、29日マニラ着。次いでシンガポールへ回航。

1944年11月-1945年1月 台湾方面護衛[編集]

1944年11月15日、倉橋は第一遊撃部隊作戦指揮を解かれて第一海上護衛隊に復帰。21日、単艦でシンガポールを発しミリへ回航。同地でシマ05船団(11月18日シンガポール出港時7隻、24日ミリ出港時4隻)と合同し、24日ミリ発。25日、陸軍徴傭船まにら丸が被雷沈没したが、他の艦船は29日にマニラに到着した。

12月10日、第一海上護衛隊は第一護衛艦隊に改編。31日、ヒ87船団(10隻)を護衛し門司発。途中、舟山島北東錨地に退避し、1月6日基隆港外で仮泊。

1945年1月7日、陸軍配当船宗像丸が被雷したため、倉橋は同船を護衛して同日基隆に入港し、さらに同日単艦で基隆を発し高雄へ回航。10日高雄を発し、13日香港着。15日から16日にかけて香港港外で空襲を受け、至近弾多数を受け損傷。20日、ヒ87B船団を護衛し香港発。同船団を海南海峡まで護衛し、単艦反転し24日香港に帰投。24日から29日まで、香港で修理を行う。29日、単艦基隆へ回航し、31日基隆着。

1945年2月以降[編集]

1945年2月3日、タモ40船団を護衛し基隆発。2月5日、第一海防隊に編入。6日から7日にかけて泗礁山で仮泊。12日、損害を受けることなく全艦船が六連に到着。倉橋は佐世保へ回航し、13日から3月5日にかけて佐世保海軍工廠で入渠し修理。

3月5日、ヒ88F船団と合同のため佐世保発。伏瀬灯台-彦島を経由し、7日に対馬北端で同船団と合同。8日、六連着。14日、モタ42船団(2隻)を護衛し六連発。途中、大長金山南方と大北列島を経由し、27日基隆着。31日、タモ52船団(2隻)を護衛し基隆発。内地到着後は朝鮮半島南岸で船団護衛に従事。

終戦時は元山に所在。8月15日、大湊へ回航。25日、横須賀鎮守府第一予備海防艦に定められる。9月15日から室蘭沖で掃海に従事。11月30日、海軍省の廃止に伴い、帝国海防艦籍から除かれた。

1947年春、特別保管艦として横須賀で繋留中の倉橋(左)と屋代(右)

戦後 復員輸送[編集]

1945年12月1日、第二復員省の開庁により、大湊地方復員局所管の掃海艦に定められ、引き続き掃海に従事。

1946年9月1日、大湊地方復員局所管の特別輸送艦に改められたが、同日付で特別保管艦に指定され、横須賀特別保管艦艇第四保管群に配される。

1947年3月31日、大湊地方復員局の廃止により、所管を横須賀地方復員局に改められる。9月4日、特別輸送艦の定めを解かれる。14日、賠償艦としてイギリスへ引き渡されたが売却され、1948年1月15日にかけて名古屋船渠で解体された。倉橋の残務整理は第四群残務整理班で実施され、1947年11月1日に終了した[1]

艦長[編集]

艤装員長
  1. 仁木伊三郎 大尉:1943年12月30日 - 1944年2月19日
海防艦長/艦長
  1. 仁木伊三郎 大尉/少佐:海防艦長 1944年2月19日 - 1945年6月30日
  2. 森泰隆 少佐/第二復員官:1945年6月30日 - 1945年12月10日
  3. 繼一 第二復員官/第二復員事務官:1945年12月10日 - 艦長 1945年12月20日 - 1946年4月1日
  4. 田中一郎 第二復員事務官:1946年4月1日 - 退任年月日不明[注釈 6]
  5. 冨士川賢次 復員事務官:1947年8月15日 - 1947年9月1日

脚注[編集]

注釈
  1. ^ これは第310号艦型の価格であり、基本計画番号E20としての価格ではない。
  2. ^ この数字は法令上の定員数であり、特修兵、その他臨時増置された人員を含まない。
  3. ^ マル急計画の当初計画での番数。
  4. ^ 1943年12月16日付で能美が艦艇類別等級別表に登載されたため、通算で5番艦。
  5. ^ 『第一海上護衛隊戦時日誌(昭和19年7月1日-31日)』の記述による。駒宮『戦時輸送船団史』、p. 213では8隻としている。
  6. ^ 2015年現在公開中の第二復員省辞令公報および復員庁第二復員局辞令公報では、田中第二復員事務官の退任発令は確認できない。
脚注
  1. ^ 昭和22年11月20日付 第二復員局公報 第156号。

参考文献[編集]

  • 海軍省
    • 法令、令達
      • 昭和18年5月25日付 内令第1008号。
      • 昭和18年8月31日付 達第202号、内令第1775号、内令第1778号、内令第1779号ノ2。
      • 昭和18年10月30日付 内令第2241号、内令第2242号。
      • 昭和19年2月19日付 内令第339号。
      • 昭和20年2月5日付 内令第99号。
      • 昭和20年8月25日付 内令第747号。
    • 人事発令
      • 昭和18年12月31日付 海軍辞令公報(部内限)第1291号。
      • 昭和19年2月25日付 海軍辞令公報(部内限)第1341号。
      • 昭和20年7月11日付 秘海軍辞令公報 甲 第1853号。
    • 戦時日誌、報告等
      • 昭和19年1月4日付 海軍公報(部内限)第4582号。
      • 昭和19年2月24日付 海軍公報(部内限)第4624号。
      • 呉防備戦隊戦時日誌。
      • 第一海上護衛隊戦時日誌。
      • 昭和19年12月1日付 第二艦隊機密第45号『第一遊撃部隊戦闘詳報(昭和19年10月16日-28日)』
      • 第一護衛艦隊戦時日誌。
  • 第二復員省
    • 法令、令達
      • 昭和20年12月1日付 内令第5号。
      • 昭和20年12月20日付 内令第12号、官房人第19号。
    • 人事発令
      • 昭和21年1月12日付 第二復員省辞令公報 甲 第32号。
      • 昭和21年1月26日付 第二復員省辞令公報 甲 第44号。
      • 昭和21年4月17日付 第二復員省辞令公報 甲 第109号。
  • 復員庁
    • 法令、令達
      • 昭和21年8月23日付 復二第187号。
      • 昭和21年9月1日付 復二第210号。
      • 昭和21年9月5日付 復二第230号。
      • 昭和22年3月31日付 復二第215号、復二第217号、復二第218号、復二第219号。
      • 昭和22年9月4日付 復二第631号。
    • 人事発令その他
      • 昭和22年8月18日付 復員庁第二復員局辞令公報 第52号。
      • 昭和22年9月5日付 復員庁第二復員局辞令公報 第55号。
      • 昭和22年11月20日付 第二復員局公報 第156号。
  • 海防艦顕彰会『海防艦戦記』、原書房、1982年。
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』、出版共同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 坂本正器/福川秀樹 『日本海軍編制事典』、芙蓉書房出版、2003年。ISBN 4-8295-0330-0
  • 世界の艦船 No. 507 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、海人社、1996年。
  • 福井静夫 『昭和軍艦概史III 終戦と帝国艦艇 -わが海軍の終焉と艦艇の帰趨-』、出版共同社、1961年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、朝雲新聞社、1969年。
  • 丸スペシャル No. 28 日本海軍艦艇シリーズ 『海防艦』、潮書房、1979年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。