ラウリー・マルケネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ラウリ・マルカネン
  • ラウリー・マルッカネン
ラウリ・マルケネン
Lauri Markkanen
EuroBasket 2017 France vs Finland 01.jpg
フィンランド代表でのマルケネン (2017年)
シカゴ・ブルズ  No.24
ポジション PF/C
背番号 24
身長 213cm (7 ft 0 in)
体重 109kg (240 lb)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Lauri Markkanen
ラテン文字 Lauri Markkanen
フィン語 Lauri Markkanen
誕生日 (1997-05-22) 1997年5月22日(22歳)
 フィンランド
出身地 ウーシマー県ヴァンター
出身 アリゾナ大学
ドラフト 2017年 7位 
選手経歴
2014-2016
2017-
フィンランドの旗 HBA-Märsky
シカゴ・ブルズ
代表歴
キャップ フィンランドの旗 フィンランド U-18 2015
フィンランドの旗 フィンランド U-20 2016-
フィンランドの旗 フィンランド 2017-

ラウリ・マルケネン (フィンランド語の発音に近い読み方ではラウリ・マルッカネン, Lauri Markkanen, 1997年5月22日 - ) はフィンランドウーシマー県ヴァンター出身のフィンランドのプロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワードNBAシカゴ・ブルズに所属している。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ラウリー・マルカネンは、フィンランドのプロバスケットボール選手だったペッカ・マルケネン、リーカ・マルカネン夫妻の子として、ヴァンターで生まれた。そして小さい頃は地域のチームHoNsUでバスケットボールをプレイし、2014年から2016年の間はヘルシンキ・バスケットボールアカデミーの男子チーム(HBA-Märsky)で活躍した。

大学[編集]

アリゾナ大学[編集]

NBA選手を目指す為に渡米したマルカネンは2015年10月17日、NCAAディヴィジョン1に属するアリゾナ大学の男子バスケットボールチーム「ワイルド・キャッツ」に加入する事を口頭で合意し、同年11月11日に書面で正式に契約を交わした。当時、ESPN.comはマルカネンの事をアメリカ国内ならばTOP25位に入れる選手であり、「何人かのコーチは、彼は大学には1年だけの在籍でNBAドラフト候補になれる逸材だと言っている」と報じている。背番号はマイク・ビビー以来の10番を付けた。 2017年1月10日、SB Nationは「今まで見てきたカレッジバスケットボールの中で、最も優れたシューティング7フッターだ」と評価した。 同じ月、マルカネンはpac-12カンファレンスの週間最優秀選手とオスカー・ロバートソン週間最優秀選手に、同時に選出された。

また、シーズンが開始する前からシーズンが終わるまでの間に、オスカー・ロバートソン賞やカール・マローン賞など、様々な賞の受賞候補として名前を挙げられた。

2017年1月12日、マルカネンはライバル校であるアリゾナ州立大学を相手に18本のシュート試投数のうち12本を決めて30点を奪い、キャリアハイを記録した。それ以外にも13リバウンド(キャリアハイ)を3度記録するなど、シーズンを通して優秀な選手である事を証明した。

2017年3月6日、マルカネンはオールアメリカン3rdチームに選出された。また、同時にPac-12カンファレンス内のオール1stチームと、Pac-12カンファレンス内の大学1年生の1stチームにも選出されている。

上記のような活躍を残したことで、ESPN.comが報じていた通りにマルカネンは1年のみ大学に在籍して、2017年のNBAドラフト候補となる事を宣言した。

NBAキャリア[編集]

シカゴ・ブルズ[編集]

2017年のNBAドラフトにおいてミネソタ・ティンバーウルブズから全体7位で指名された後、ドラフト会議当日にジミー・バトラーザック・ラヴィーンなどが絡んだ大型トレードが成立し、シカゴ・ブルズに入団[1]。7月5日に正式にブルズと契約した[2]。ルーキーシーズンとなった2017-18シーズン開幕戦のトロント・ラプターズ戦でいきなり先発起用され、17得点8リバウンドを記録し、NBAデビューを飾った[3]。2018年1月10日に行われたニューヨーク・ニックス戦でキャリア・ハイとなる33得点を記録、試合はダブルオーバータイムの末、ブルズが122-119で勝利した[4]。2018年1月28日に行われたミルウォーキー・バックス戦で17得点を記録、これで通算721得点となりハンノ・モットーラが保持していた715得点を更新し、フィンランド出身選手の最多得点記録となった[5]

フィンランド代表[編集]

2015年にU-18FIBAヨーロッパ選手権に、フィンランド代表として招集され、試合平均18.2点の好成績を残した。

翌年2016年のU-20のFIBAヨーロッパ選手権にもフィンランド代表選手として招集され、決勝トーナメントで試合平均24.9点を記録して得点王とオール・トーナメント・チームに輝いている。

人物[編集]

兄が2人いて、そのうちの1人はプロサッカー選手であるエーロ・マルカネンである。

両親は共にバスケットボール選手としてフィンランド代表選手として選出された事があり、親子2代でフィンランド代表として国際大会に出場している。

2018年2月2日、第一子が誕生した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]