ヤヴィンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤヴィンの戦い
戦争:銀河内乱
年月日:0BBY
場所ヤヴィン
結果:反乱同盟軍の勝利
交戦勢力
反乱同盟軍 銀河帝国
指導者・指揮官
ジャン・ドドンナ将軍 グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン
戦力
戦闘機30機、貨物船 デス・スター1、他TIEファイターなど多数
損害
死者27人、戦闘機27機 デス・スターとその乗組員約90万人以上、TIEファイター7000機、戦闘車両、軍事輸送艇多数

ヤヴィンの戦い(ヤヴィンのたたかい、Battle of Yavin)とは、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズの映画版第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の中で起こる、反乱同盟軍帝国軍の戦いである(架空の戦い)。

概要[編集]

反乱同盟軍スカリフの戦い(非正史ではトプラワ、ダヌータという2つの惑星での戦い)により、帝国軍よりデス・スターの設計図を盗み出すことに成功した。タンティヴィIVに乗船していたレイア・オーガナはこの設計図を受信し、反乱同盟軍の指導者であり、父であるベイル・プレスター・オーガナへ届けにオルデランへ向かっていた。

しかし、途中で帝国軍インペリアル級スター・デストロイヤー「デヴァステーター」の攻撃を受けてレイアは捕らえられ、そのレイアの眼前でデス・スターによってオルデランは破壊された。だが、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーハン・ソロらによってレイアは救助され、紆余曲折の果てにレイアと設計図は反乱軍の秘密基地のあるヤヴィン第4衛星へ届けられた。そこで設計図は分析され、反乱軍は「弱点がない」と言われてきたデス・スターの弱点を突き止めることとなる。デス・スターの弱点とは、表面のトレンチ奥深くにある、反応炉に直結するわずか直径2メートルの排熱孔だった。

反乱同盟軍はこれをもとに、戦闘機によってトレンチに侵入して排熱孔へプロトン魚雷を撃ちこむという作戦を立てた。一方、レイア達を密かに追尾していた帝国軍はヤヴィン第4衛星に反乱同盟軍の基地があることを察知。デス・スターをもって反乱同盟軍を殲滅せんと、進軍を開始する。

迎え撃つ反乱同盟軍はルーク・スカイウォーカー、ビッグス・ダークライターウェッジ・アンティリーズ(アンティルス)などの所属するXウイング戦闘機を使用するレッド中隊と、Yウィング戦闘機からなるゴールド中隊、合わせて30機の戦闘機部隊が出撃し、迫り来るデス・スターに攻撃を仕掛ける。デス・スターの対空兵装は大型戦闘機や戦艦との戦闘のみで小型戦闘機からの攻撃は想定していなかったため照準が合わず、表面を集中的に爆撃される。しかし、表面からの砲台による攻撃でジェック・ポーキンスの乗るXウイングが撃墜され、さらにデス・スターから出撃したTIEファイター隊が襲来、さらにダース・ベイダー自らが迎撃に出てきたために肝心の廃熱孔爆撃隊が二度までも撃滅され、ゴールド・レッド両中隊長が戦死する。さらに最後の突入を試みたルークたちもベイダーの猛攻を受け、ルークの旧友であったビッグスが戦死、ウェッジ機も被弾して前線離脱し、残るはルーク機のみとなった。そしてそのルーク機までもが被弾したとき、ハン・ソロのミレニアム・ファルコンが来援、ベイダー機を撃退した。

そしてルークはフォースの力を借りてプロトン魚雷を排熱孔に撃ちこむことに成功し、ヤヴィンが破壊される寸前にデス・スターは爆散。反乱同盟軍は辛くも勝利を収めた。

この戦いで反乱同盟軍側は上記のようにビッグスを含め多くの戦死者を出し、出撃した30機のうち、生還できたのはルーク・スカイウォーカー、ウェッジ・アンティリーズが搭乗するXウイング2機に加え、Yウィング1機のみであった。なお、非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品ではこのYウィングの搭乗者としてキーヤン・ファーランダーという人物が設定され、後にジェダイになっている。

一方の帝国軍は、デス・スターとターキン総督を初めとする有力者たちを多数失った。ターキンとその側近たちの死は、治安の悪いアウター・リムを統治していた権力機構の最高指導部が、一気に消滅したことを意味していた。このため、各地で帝国に対する反乱の火の手が上がり、反乱同盟軍は勢力を拡大した。

だが、ベイダーはただ一人生き延び、飛び去っていった。そのベイダーが帝国艦隊を率いて逆襲してきた時、次の戦いがはじまる。

なお、スター・ウォーズ・シリーズの歴史軸はこのヤヴィンの戦いを原点に、以前の出来事をBBYBefore Battle of Yavin)、以後の出来事をABYAfter Battle of Yavin)と呼ぶ。

関連項目[編集]