この記事は良質な記事に選ばれています

ヒトカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鉄人化計画が運営する一人カラオケ専門店には「ヒトカラ」の名称が使用されている(「ヒトカラの鉄人」下北沢店)。

ヒトカラとは、「一人カラオケ」の略語で、カラオケを一人だけで楽しむことや一人でカラオケの練習をすることを指す俗語である[1][2][3][4][5][6]。「ひとカラ」と表記される場合もある[7][8][9][10]。「ヒトカラ」は、株式会社エクシング登録商標である(登録番号第4858993号)[4][11]

一般的にカラオケは複数人・大人数で楽しむものとするイメージで語られるが、2000年代中盤から歌唱の練習やストレス発散を目的として一人でカラオケを楽しむ者が増加し始め、一人で食事や余暇などを楽しむいわゆる「おひとりさま」文化の流行、音楽の趣味の多様化、カラオケボックスの料金体系の変化、カラオケ機器の多機能化などが相俟って、徐々に市民権を得るようになった。「ヒトカラ」という言葉は、2003年頃には既に一部で使われていたものと報じられている。また、当初はセガのカラオケ関連サービスの名称としても使用されていた。

利用者側にとっては「一人では利用しづらい」、店舗側にとっては「一人での利用は採算性が良くない」とする見方もある一方、1990年代後半よりカラオケ市場が伸び悩んでいる中で、カラオケボックスの利用者における一人客の割合は全体の2 - 3割を占めるとも報じられており、一人客の扱いは業界にとって課題となりつつある。2011年からはヒトカラ需要の増加を見込んで一人カラオケの専門店が開店されたり、通常のカラオケ店に一人客の専用ルームが開設されるなどの現象も発生している。また、通常のカラオケ店では一人客に対して複数人で利用するより割高な料金を設定している店舗もある。

概要[編集]

語義[編集]

「一人でカラオケボックスを利用すること[2][4]」および「一人でカラオケに行き(自己満足的に[7])歌って楽しむこと[1][3][5]」を総じて「一人カラオケ」と称し、「ヒトカラ」はそれを更に省略したものである。単に「一人だけでカラオケを楽しむこと」の略語である[12][13][14]とも報じられている。

ヒトカラをする人を俗に「ヒトカラー」と呼称する[3][12][15][16]。ヒトカラに対して、2人でするカラオケを「フタカラ」、多人数でのカラオケを「タカラ」と呼称するとも報じられている[3][12]

発祥[編集]

「一人カラオケ(ひとりカラオケ)」という言葉自体は1990年代前半で使用例が見られる。例として、1991年トヨタ自動車がショールーム「アムラックス」にて社員のアイデア製品を展示するイベントを行った際、その一つとして「ヘルメットの中でひとりカラオケができる“カラオケメット”」が紹介されたほか[17]1995年毎日新聞記者が繁華街で配布される割引券の調査を行った際、一人で歩いている時にはカラオケルームの割引券を渡されないことが多いことから「一人カラオケはダメ?―新宿駅周辺」との見出しが登場している[18]。そのほか「一人カラオケ」という言葉は登場しないが、1989年から1990年代前半の新聞におけるカラオケ関連の報道の中で「一人だけでカラオケボックスを利用する者が存在する」旨の報道が散見され始める(後述)。朝日新聞では、1991年にカラオケボックスを一人だけで利用する客に対して明確にスポットを当てた記事が登場している[19]

フリーライター(新語ウォッチャー)のもりひろし[† 1]によれば、「ヒトカラ」という言葉の発祥は電子掲示板2ちゃんねるであるとしており、2003年には既に「ヒトカラ」という言葉の書き込みがあったと日経ビジネス上で述べている[20]。また、カラオケボックス「歌広場」を運営するクリアックスの社員によれば、同じく2003年頃には「ヒトカラ」という言葉を使う顧客が存在していたと毎日新聞の取材で答えている[† 2]。それと同時期にして、「ヒトカラ」という言葉は登場しないが、2000年代前半における報道で「一人でカラオケを利用する者が増えている」旨の報道が散見される。

週刊誌AERAにて2000年に掲載された「一人で食事や娯楽を楽しむ女性」を特集した記事の中では、周囲から奇異の目で見られながらも「一人カラオケ」でストレスを発散する様子が報じられたほか[21]読売新聞にて2002年に掲載された「カラオケ好き派・嫌い派」の声を特集した記事の中では「一人カラオケ派」の意見が報じられている[22]。同じく読売新聞にて2003年に掲載された記事では「カラオケボックスにおいて増え始める一人客の様子と店舗側の対応状況」が報じられたほか[23]、同年に日経流通新聞にて掲載された記事では「女性における一人の時間の過ごし方」の一つとして「ひとりカラオケ」が挙げられている[24]

2004年には、セガが一人客向けのカラオケサービスを開始する際に「ヒトカラ」の名称が採用された(後述[25][26]

歴史[編集]

通常のカラオケボックスにおける「ヒトカラ」の様子。一人だけでカラオケを楽しむ者は1990年代前半から存在し、その理由は練習やストレス発散など様々である。

前史[編集]

「新曲の練習やストレス発散を目的として、一人だけでカラオケを利用する例は昔から存在した」と日本経済新聞は報じている[27]1985年、日本で最初に「カラオケボックス」と呼ばれる店舗が登場し[28][† 3]1988年から本格的に流行し始めたとされているが[† 4]、既に1989年から1990年代前半における新聞報道の中で「一人だけでカラオケボックスを利用する者が存在する」旨の記述が見られる。

朝日新聞は、1989年に東海地方における個室型カラオケボックスの流行を伝える記事の中で「一人でやってきて熱唱する“おじさん”がいる」「昼間は一人でこっそり練習したい人達の利用が多い」と報じたほか[32]、カラオケボックスが非行少年の温床になっている事象を伝える記事の中で「人に聞かれず思い切り歌えるのがいい」として一人で利用する客の様子を紹介している[33]。1991年にはカラオケボックスを一人で利用する客に対して明確にスポットを当てた記事が登場しており、「男女二人組で来店したが部屋は別々に利用した」「アベックでも部屋は別々に歌っている」「“自分の世界に入りたい”として一人で来る客も珍しくない」「一人で来店する客は歌に安らぎや救いを求めている」との報道がなされている[19]

1992年ランチ付きのカラオケボックスが登場した際、日経流通新聞は「若いOLが一人で来店し歌っていくことがある」と報じ[34]1993年に日中仕事を“サボるサラリーマンを特集した記事では「一人で来て1時間程歌っていく人や、歌わずにひたすら昼寝をしていく人がいる」との従業員の声が掲載されている[35]

このようにカラオケボックスの黎明期より一人だけで利用する例は存在したものの、当時よりカラオケを「大人数で楽しむもの[1][4][27][36][37]」「他人に歌っている姿を見せて聴かせて、あるいは他人が歌っている姿を見て聴いて楽しむのが醍醐味[10]」「コミュニケーションツール[38]」「皆で盛り上がってこそ[38]」「若者が酒を飲んで騒ぐ場所[28]」「宴会の二次会場[28]」などとするイメージが強く、一人だけでカラオケをする者は決して多いとは言えない状況であった。1990年代前半にカラオケボックスでのアルバイト経験がある小説家内藤みかは、「東京都山梨県の店舗でそれぞれ一ヶ月アルバイトしていて、一人客は東京で2人、山梨ではゼロ。当時ヒトカラをする者は殆どいなかった」と述べているほか[8]詩人佐々木幹郎も1991年の日本経済新聞におけるカラオケ関連のインタビュー記事の中で「六本木のカラオケボックスでは一人で入っている人は殆どおらず、皆2 - 3人以上のグループであった」と述べている[39]

また、2002年頃までは、カラオケボックスの料金体系が現在主流となっている「一人あたりの利用時間」に応じて加算される「人数単位」ではなく、「一部屋あたりの利用時間」に応じて加算される「部屋単位」で定められた店舗が多く、大人数での利用に対して一人での利用は割高になってしまうことも一人での利用が少ない理由であった[5][37][40]

一人でカラオケボックスを利用する者の体験談として「“怪しい人”という目で見られる[21]」「店の出入り時に人目が気になる[21]」「店員や他の客の視線が気になる[6]」と語られることがあったほか、「カラオケボックスは一人では入りにくい[41]」「ヒトカラは勇気がいる[6]」との声も聞かれた。また、ヒトカラを「閉じた“個”の象徴」として批判的に論じられることもあり[38]、「寂しくなる[42]」「見られたくない[43]」「良い印象を持たない[3]」「後ろめたい、恥ずかしい、滑稽である[38]」とする論調も存在した。

流行[編集]

2002年頃から、カラオケボックスの料金体系が「一部屋あたりの利用時間」に応じて加算される「部屋単位」から「一人あたりの利用時間」に応じて加算される「人数単位」へ移行する店舗が増え始め、一人だけでも利用しやすくなってきたほか(後述[1][5][37][40][44]、一人で食事や余暇などを楽しむいわゆる「おひとりさま」文化が流行し始めたことに伴い[20][45][46][† 5]、2000年代中盤から後半にかけて一人での利用者が増え始め、徐々に市民権を得るようになった[† 6]。また、流行のきっかけとして一部の女性芸能人がブログ等で「ヒトカラ好き」を公言したことによってネガティブなイメージが薄れたため[15] とする報道もある[† 7]

読売新聞に掲載された2003年の記事によれば、カラオケ館(ビーアンドブイ)において顧客から「一人でも利用できるか」との質問が増え始め、自社ウェブサイト上の質問コーナーに一人での利用について言及するに至ったほか[23]、「レストランカラオケ」を謳うシダックスでは日中にランチを注文した客に対する部屋代の割引サービスがあったことから、一人で昼食を食べに来たついでに数曲歌っていく顧客が増えたと報じている[23]。2004年には歌広場クリアックス)でヒトカラ向けの割引サービスが提供され始め、2005年にはカラオケの鉄人(鉄人化計画)でも自社ウェブサイト上や店内ポスター等で「ヒトカラ歓迎」を積極的に打ち出す意向を示した[1]。日本経済新聞が実施したカラオケに関する調査によれば、2004年時点で「一人練習用の個室があったら利用してみたい」と回答した者は4割に達していた[51]

1990年代後半以降カラオケ市場が伸び悩んでいる[52] なか、2008年以降の各社カラオケチェーン店の利用者におけるヒトカラの割合は2 – 3割程度を占めている[† 8]全国カラオケ事業者協会によれば、2011年の全国のカラオケ店における平日昼間の一人客の割合は約2割であった[36]2012年日経MJヒット商品番付では、「一人カラオケ」が西の前頭にランクインした[53]

英語圏ニュースサイトでもカラオケに関する報道の中で“hitokara”として単語が出た例があるほか[54]研究社オンライン英和辞典でも“solo karaoke”として掲載されている[55]。しかし、海外、とりわけカラオケが一定の人気を持つアジア諸国でも一人でカラオケをすることはあまり一般的でないとしている[56]。特に中華人民共和国においては「絶対にありえない光景」とまで報じられた[57]

目的[編集]

「ヒトカラ」を行う動機・目的として、

  1. (歌唱力の上達、新曲や難易度の高い曲、カラオケ大会等に備えての)練習[1][4][5][12][27][36][58][59]
  2. ストレス発散[1][2][4][12][23][27][36][59]
  3. 他人を気にせずに好きな曲・マイナーな曲を(繰り返し)歌いたい[2][4][5][6][12][27][36][37][59]
  4. 自分に合ったキー設定を確認しておきたい[1]
  5. 複数人で行った際に場の空気を考えながら選曲することへの気疲れ[5][15][27][59]
  6. 複数人より一人の方が同じ料金でより多くの曲が歌え、コストパフォーマンスが良い[27]
  7. 健康目的[58]
  8. カラオケ好きの仲間がいない[6]
  9. 他人に聴かせる自信が無い[6]

などが挙げられる。そのほか、適当な振り付けと共に歌いたい、音痴である、ダイエット目的[60]、暇つぶし[61] なども理由として語られることがある。

大阪商業大学大学院特別教授前川洋一郎によれば、かつて一人でカラオケを利用する者の多くは「個人練習」が多く、その後大勢でカラオケに行った際に練習の成果を披露する形が多かったのに対して、昨今の一人カラオケは自分で歌って満足する「自己完結型」が多いと指摘している[10]

利用者[編集]

JOYSOUND f1用のサウンドエフェクター。歌うだけではなく、ギターなどの楽器を通してもカラオケを楽しむことができるようになった。
JOYSOUND CROSSO用の動画撮影カメラ。「うたスキ」に投稿される歌唱動画は一人で歌う姿が多くを占めている。

性別・年齢層[編集]

年齢層は学生から主婦高齢者まで幅広く[2][45][59]、特に10代から30代[27] 及び高齢者[58][59] が多い。昔は時間に余裕のある高齢者がヒトカラの多くを占めていたとの報道がある[62]

マーケティングサイト「モッピーラボ」を運営するセレスが20 - 40代の女性を対象として2012年に実施したアンケートによれば、ヒトカラの経験者は20代で26.7%、30代で18%、40代で12%であった[63]。リサーチサービス「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングが20 - 50代のカラオケ経験のある男女を対象として2013年に実施したアンケートによれば、一人カラオケの経験者は14.3%であり、年齢別に見ると20代が30%、30代が16%、40代が7%、50代が4%であった[61]。また、一人カラオケをする理由としては「ストレス解消」が61.4%、「歌の練習」が50.9%、「暇つぶし」が43.9%であったほか、一人カラオケ未経験者がヒトカラをしない理由としては「一人だと入店しづらい」が35.9%と最も高かった[61]サンケイリビング新聞社が実施したアンケートによれば、20 - 50代女性のカラオケ経験者のうち27.7%にヒトカラの経験があると回答した一方で、一人でカラオケをすることを「痛い」と考える否定的な回答も21.5%にのぼっている[64]

全国カラオケ事業者協会がカラオケボックス利用者を対象に実施したアンケートによれば、「一人でよく行く」と回答した者は20 - 24歳で男性8.2%・女性15.2%であり、25 - 29歳で男性7.9%・女性5.9%であった[37]後述のヒトカラ専門店『ワンカラ』の利用者は多くが20 - 30歳代の男性である[36][65]

利用状況[編集]

来店時(受付時)は複数人であったにも関わらず、一人一人別々の部屋で歌う傾向も見られる[37][45][59]前述の1991年に一人カラオケを特集した朝日新聞の記事によれば、かつては最初から一人で来店するのではなくカップルなど二人組で受付を済ませ、部屋のみ別々で取るというパターンが多かったようである[19]

一人で入店することに最初は障壁を感じるが、「一度慣れてしまえば気にならない[5][12][66]」「歌っているうちに気にならなくなる[23]」と語られることが多い。歌われる曲では、普段大人数では歌いづらいアニメソングバラード、女性アイドルの楽曲が人気と報じられている[36][67]

カラオケ機器に備え付けのカメラで撮影した動画を投稿するサービスでは一人で歌っている動画が多くを占めており、自分の動画と他人の動画を合成した「コラボ動画」を作成する機能も広く利用されている[27][36]ギターなどの楽器を持ち込んで利用する客も存在し[6][59][67]、実際にJOYSOUNDではオプションのエフェクターを使ってギターを接続することが可能となっており[6][68]、歌うことが不得手な人でも楽器を通してヒトカラを楽しむことができるようになっている[6]。他人とのコミュニケーションを断って一人で楽しむヒトカラであるが、昨今はカラオケ配信業者が運営するSNSなどを通じて自身の歌唱映像や楽器の演奏映像をアップロードし、お互いにコメントしたりコラボ動画を作成したりするなど、個々のヒトカラーを繋ぐ新しいコミュニケーションの形も生まれている[6][69]

中には歌うだけではなく読書をしたり睡眠をとる者[15]、部屋に設置されたWi-Fiを利用して仕事をする者[70] も存在し、カラオケルームを歌うだけではない「万能的な空間」として使われる傾向もある[28]

店舗側から見た「ヒトカラ」[編集]

一人客に対して別の料金体系を設けるカラオケボックスも存在する。一例として、ヴァリックが運営する「コート・ダジュール」ではヒトカラ料金を別に定めており、通常の料金と比べて若干高くなっている。

利用料金が「部屋単位」から「人数単位」に応じて加算される体系に変化し一人でも利用しやすくなっていった一方、一人で一部屋を占領することになるヒトカラは店舗にとって採算性が良くないために敬遠される傾向もあり[1][45]、ヒトカラを歓迎するか否かは店舗により異なる[12]。店舗側としても「“混雑している時間帯以外”は一人客を受け入れる」と表明している場合がある[23]

例として、ビッグエコー第一興商)、コート・ダジュール(ヴァリック)、カラオケ本舗まねきねこ(コシダカホールディングス)などでは一部店舗の利用料金表に「一人カラオケ(ヒトカラ)料金」などと称して通常の利用料より若干高い料金が提示されている[† 9]。カラオケの鉄人(鉄人化計画)では、自社ウェブサイト上でヒトカラ歓迎を表明しながらも「休日前日の夜間や休日の昼間、年末年始などの繁忙期では一名のみの利用を制限する」としているほか[71]カラオケ館(ビーアンドブィ)でも自社ウェブサイト上の「よくある質問」コーナーにおいて「一人での利用も問題ないが、混雑時はお断りする場合もある」としている[72]

ヒトカラは店舗にとって飲食代収入は見込めないが、その代わりにリピート率が高い[2][3]。一人でも多くの顧客を呼び込むのが課題となりつつある一方[45][70]、一人客を取り込むことは店舗にとって「空室を抱えるよりマシ」という程度であり、主要顧客層である若年層が少子化で減少している点、ソーシャルゲームなどに娯楽が移行している点などから、カラオケボックスの客足回復には繋がらないとする指摘もある[73]

「ヒトカラ」専門店の誕生[編集]

通信カラオケメーカー・複合カフェによる参入[編集]

最初に「ヒトカラ需要」へ着目したのは、ゲームメーカーであり、当時子会社だったセガ・ミュージック・ネットワークスを通じて業務用通信カラオケ「セガカラ」を展開していたセガである。2004年に複合カフェ「ゲラゲラ」を運営するアイデアリンク(現・ベンチャーバンク)と組み、セガ・ミュージック・ネットワークスがパソコン向けに提供するカラオケサービス「セガカラ for PC」を複合カフェの個室に設置する形でヒトカラ専用ルームの実証実験を始めたのが先駆けである[25][26][41]。セガが「友人とカラオケをする前に練習したい需要[25][41]」があることに着目し、元々一人客が多い複合カフェと提携をしたものである[26][41]

1.5畳程の個室にパソコンを設置し楽曲はインターネット経由により配信され、後述の『ワンカラ』と同様にヘッドホンを使用する形となっており、歌声が外部に漏れないよう店内BGMの音量を大きくするなどの工夫がなされていた[25]。2004年8月に神奈川県横須賀市の店舗(ゲラゲラ横須賀店)にて実験を開始し、同年11月以降より本格展開をするとしており[41]、実際に「同じ曲を何回も歌っている明らかな“練習客”がいた」「販促はしていないが週末は満室になった」「アイデアリンク以外の複合カフェにも展開する予定」などと報じられていたが[25]、その後大幅な普及には至らなかったようで2006年には店舗のウェブサイトよりカラオケルームの案内が削除されている[† 10]

カラオケ店による参入[編集]

コシダカHDが運営する一人カラオケ専門店「ワンカラ」の部屋(ピット)の一例。ミキサーコンデンサーマイクヘッドホン等を使用する点が特徴であり、概ね他社のヒトカラ専門ルームもそれに追随している。

「カラオケ本舗まねきねこ」を運営するコシダカホールディングス2010年頃より自社の経営するステージ付居酒屋に小型のカラオケルームを設置したところ、一人で練習する客が目立ち始めた点から「ヒトカラ需要」が高いと見込み[65]、2011年に一人カラオケ専門店「ワンカラ」を東京都千代田区神田に開店[27][65][74]。後に池袋新宿渋谷秋葉原など都内各地、および神奈川県川崎市宮城県仙台市に出店した[† 11]。それに追随する形でカラオケ館(ビーアンドブィ)[27]ジャンボカラオケ広場東愛産業[27]アドアーズ[67]、カラオケの鉄人(鉄人化計画[75]、フタバ@カフェ(フタバ図書[76]、快活CLUB(ヴァリック[77] など、既存のカラオケボックスやインターネットカフェにおいてヒトカラ用ルームが開設されたり、新業態としてヒトカラ専門店を開店するなどの事象も多発した。

前述の通り一般的なカラオケ店でのヒトカラは店舗にとって採算が良くないとする見方があるが、「ワンカラ」ではドリンクのみをセルフサービスで提供しているため、既存店より人件費を安価に抑えられるメリットがあるほか[65]調理場を設ける必要がないため初期投資の圧縮にもつながるとしている[74]

ヒトカラ専門店の多くは、総じて2 - 3平方メートル[28][74] の小部屋の中にモニターやミキサー[67]、通常のハンドマイクの他にスタンドマイクが壁に設置されており[28]ハウリング防止[74] および「音楽に入り込める」ように[65] カラオケの演奏や自分の歌声はヘッドホンを通じて聴く形式となっている[28]。一人カラオケ専門店に設置されているスタンドマイクの多くは、通常のハンドマイク(ダイナミックマイク)に比べて高音質なコンデンサーマイクを使用しており、本格的なレコーディングも可能となっている[78][79]。女性専用の部屋も備えられており[28]、利用料金は通常のカラオケ店より高めであるがリピーターは多い[36][65]

「一人焼肉」や「一人ディズニー」などの「ひとり○○」という語形が流行する契機となったのは、一人カラオケ専門店の登場によるものであるとする指摘がある[20]。また、これによりコシダカHDは「業界で初めて一人カラオケというジャンルを確立した会社」として報じられるようになった[80]

その他[編集]

タイトー電話ボックスのような筐体をした少人数向けのカラオケシステム「ちょいKARA」を発売しており、タイトーステーション等のゲームセンターに設置されている[81][82]。ヒトカラ需要を見込んだものとされているが、実際は最大3名までの収容が可能である[81][83]。料金設定は店舗により異なるが[82]、1曲100円[81] ないし3曲200円[83] などと報じられている。

商標としての「ヒトカラ」[編集]

「ヒトカラ」は現在JOYSOUNDUGAを運用するエクシングの登録商標である(2004年8月9日出願、2005年4月22日登録、第4858993号[11])が、元々「ヒトカラ」の商標はセガの子会社であったセガ・ミュージック・ネットワークスによって登録出願された[26]。このため、かつて「ヒトカラ」の呼称はセガの関連商品で使用されており、セガ・ミュージック・ネットワークスが2007年まで運営していた通信カラオケ「CANDOONE(カンドーネ)」においては「ヒトカラの利用も想定した未来型カラオケ」との商品紹介がなされていた[84]。その後、セガはセガ・ミュージック・ネットワークスの全株式をBMBに譲渡したため[85]、「ヒトカラ」の商標権もBMBに移ることとなった。さらに2010年にエクシングがBMBを吸収合併したため、現在はエクシングが商標権を持つ。

セガでは2007年秋から「ヒトカラ」の名称で携帯電話を使ってカラオケが無料で楽しめるサービスを提供しており、2009年3月末時点で会員数は200万人を超え、楽曲数約43000曲を配信していたが[13][86]、2010年6月25日をもってサービス終了した[87]セガトイズからは、「ヒトカラ」対応のスピーカーマイク「おうちでヒトカラ」が2008年12月に発売された[3]

一人カラオケ専門店や専用ルームでは、前述の「ワンカラ(登録番号5459792号[11])」のほか、鉄人化計画では「ヒトカラの鉄人[75]」、東愛産業では「イチカラ[36]」、フタバ図書では「ソロカラ[76]」、ヴァリックでは「ワンツーカラオケ[77](登録番号5563728号[11])」などの商標が登録、使用されている[† 12]

流行の背景[編集]

業界側による要因[編集]

カラオケボックスの利用料金表の一例(2013年撮影)。「一人あたりの利用時間」に応じて加算される料金システムが採用されている。

前述した通り、カラオケボックスの料金体系はかつて「一人あたりの利用時間」に応じて加算される「人数単位」ではなく、「一部屋あたりの利用時間」に応じて加算される「部屋単位」が主流であった[40]。全国カラオケ事業者協会の「カラオケ白書」によれば、1997年当時のカラオケボックスにおける料金体系の採用率は「部屋単位」が67%、「人数単位」が23%であった[40]。その後、2001年にはそれぞれ40%台で拮抗し、2006年には「部屋単位」が27%、「人数単位」が67%と逆転する形となっている[40]。原因はカラオケ離れによって一組あたりの利用人数が減少したことにより「部屋単位」での加算システムでは割高感が生じるため、店舗側が料金体系の見直しを迫られたためである[40]。この料金体系の変化をヒトカラ流行のきっかけとする指摘がある[1][5][37][40][44]。全国カラオケ事業者協会では、料金体系の変化による要因が最も大きいものであるとしている[5][37][44]

その他、精密採点に代表される「採点機能」の強化によって[4][48] 一人で高得点を目指すという楽しみ方が生まれた点や[5]占い機能や動画撮影機能の搭載など、カラオケ機器の多機能化がヒトカラ増加の一因とする指摘がある[37]

楽曲による要因[編集]

楽曲自体の変化をヒトカラ流行の背景とする意見もあり、エクシングの社員は「音楽の趣味が多様化した現代では大勢の前で新曲を歌っても盛り上がりにくくなったため」と指摘しているほか[88]、朝日新聞も同様に「広い世代で共有できるヒット曲が少なくなったため」と指摘している[6]

利用者側による要因[編集]

精密採点DX」を搭載する第一興商LIVE DAM(RED TUNE)。採点機能の強化によって純粋に歌うことを楽しむ利用者が増えた。

電通総研の研究員は、若者におけるヒトカラ流行の背景にとして「“周囲の空気を読む”とされる若者気質の反動」を挙げており、「若者は人生の大半を不況下で過ごしているために失敗したくない気持ちが強く、複数人で行くと雰囲気を壊さないために消極的な理由で選曲しがちであることから、本来の欲求をヒトカラで満たしたい気持ちが高まってきたため」と指摘している[27]

インターネットや電子メール、携帯電話の普及がヒトカラ流行の背景とする意見があり、ニッセイ基礎研究所の研究員は「時間や場所を問わずに他人と繋がる機会が増えたことにより、逆に他人に気を使わず自由に行動したい欲求が強まった」と指摘し[27]博報堂生活総合研究所の研究員も同様に「他人と常に繋がっている状態に疲れ、全てを遮断して一人になりたい人が増えている」との指摘をしている[2]富山大学人文社会学部准教授黒川光流は「実際に顔を合わせる人間関係を苦手、煩わしいと思う若者が増えている。人間関係の希薄化がカラオケの楽しみ方を変化させた」と指摘している[59]名古屋商科大学商学部教授小野裕二は「“一人焼肉”“一人プリクラ”など他人と触れ合わないマイペースな消費が若年層で広まっているのと同じ傾向」とした上で、前述したカラオケ配信業者が運営するSNSが流行している点を挙げ「趣味が同じならば見知らぬ相手と関係を持つことにも抵抗が少ない。若年層のコミュニケーションのあり方が変化してきている」と論じている[36]心理カウンセラーの根本裕幸は「普段の生活から隔離された非日常を楽しむもので、“癒やし”ブームのひとつ」と論じている[1]

フリーライターのもりひろしは、「そもそもカラオケに一人で行く行為はカラオケマニアにとっては不可避な選択であったが、広く世間に知られることはなかった」とした上で、「それが“ヒトカラ”という言葉と共に2ちゃんねるに書き込まれ、インターネット上に“可視化”されることによって知名度を増した」と分析している[20]

精神科医の香山リカ週刊朝日誌上にて、「今までのカラオケは“歌うこと”よりも“友達や恋人と過ごすための手段”であったり、“楽しい状況にある自分を周囲にアピールする”目的が大きかったが、現在は純粋に歌うことを楽しみたいとする人が増えてきている」と分析している[15]。実際に全国カラオケ事業者協会が実施したアンケートによれば、20 - 24歳の男性がカラオケ店を利用する理由として「歌いたい歌があるから」という回答が21.5%を占めており、「自分が楽しみたいから歌う」という若年層のニーズは増加していると言える[65]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 作家・工学博士の森博嗣(もり ひろし)とは別人。
  2. ^ 2007年に掲載された毎日新聞の記事によれば、クリアックス社員が「ヒトカラ」という言葉を使う男性客に初めて遭遇したのが4年前(=2003年)である旨の記述がある[1]
  3. ^ 全国カラオケ事業者協会のカラオケ歴史年表によれば、「カラオケボックス」と呼ばれる店舗は岡山県で1985年に船舶用コンテナを利用してできたものが最初としている[29]。一方、前川洋一郎によれば、「カラオケボックス」第一号は岡山県にてトラックコンテナを改造して1986年に誕生したものであるとしており[30]、発祥年に食い違いがある。
  4. ^ 前川洋一郎、全国カラオケ事業者協会共に「カラオケボックス」の本格的なブームは1988年からとしている[29][31]
  5. ^ おひとりさま」は、ジャーナリスト岩下久美子がかつて運営していたウェブサイト「おひとりさま向上委員会」及び書籍「おひとりさま(ISBN 978-4120031793)」で考案した言葉で、「個の確立した女性[20]」「精神的に自立した女性[47]」「一人で過ごす時間を作ることで自立心を育むこと[20]」などと定義されており、本来女性を想定した言葉であった。岩下久美子が2001年に他界した後、エッセイスト葉石かおりが言葉の遺志を受け継ぎ、2005年の流行語大賞にノミネートされた[47]。現在では「一人で飲食店に入る女性[47]」「恋人や夫がいない寂しい女性[47]」などと拡大解釈されているほか、女性のみならず老若男女を問わない概念[20] として捉えられている。
  6. ^ クリアックスは、毎日新聞の取材に対して「2005年から一人客が増えた」と語っており[1]日本証券新聞でも「2005年あたりから若者を中心にヒトカラが増え始めた」と報じている[3]シダックスは、産経新聞の取材に対しては「2006年の総客数における一人客の割合は15%で、4年前の2.4倍に増加した」と語っており[2]日本経済新聞の取材に対しては「2006年の一人客の割合は16%で、ここ3年間で倍増した」と語っている[48]。カラオケの鉄人(鉄人化計画)は、読売新聞の取材に対して「2008年の平日昼間の利用客のうち3割が一人客で、この半年で倍増した」と語っている[5]
  7. ^ 具体的には中川翔子[49]小倉優子[15][49][50]ベッキー[15][50] の3名が取り上げられることが多い。
  8. ^ 日本証券新聞は「シダックスのとある店舗では1年間の総客数における一人客の割合は2割近く[3]」、読売新聞は「カラオケの鉄人(鉄人化計画)における平日午前から夕方までの利用者のうち、約3割が一人客[5]」、日本経済新聞では「ビッグエコー(第一興商)における一人客の割合は25%、シダックスでは2割、まねきねこ(コシダカHD)では3割弱[27]」、朝日新聞は「首都圏のまねきねこにおける一人客は部屋ベースで3割を占める[36]」と報じている。
  9. ^ ビッグエコーの事例(新宿西口店)コート・ダジュールの事例(池袋南口店)カラオケ本舗まねきねこの事例(千歳烏山店)。利用料金表に一人カラオケ(ヒトカラ)向けの料金が別に設定されている、若しくは一人で利用時の料金は別途従業員に確認するよう注意書きがなされている(2017年5月6日閲覧)。
  10. ^ インターネットアーカイブのキャッシュによれば、2004年12月9日時点でのゲラゲラ横須賀店の 店舗案内 には個室ルームにセガカラが導入されている旨が記載されているが、2006年1月16日時点での 店舗案内 には記載が無くなっている(2014年2月10日閲覧)。
  11. ^ 店舗の詳細は ワンカラ公式サイト の店舗一覧(SHIP LIST)を参照のこと。
  12. ^ 「イチカラ」の商標は「一カラ(登録番号5525337号)」として福岡県のカラオケボックス運営企業である 有限会社クイーンズエコー が取得しているほか[11]、「ソロカラ(登録番号5506566号)」の商標は福岡県のアミューズメント企業である 大洋グループ が取得している[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 柴田真理子 (2007年7月10日). “増える「一人カラオケ」 ストレス解消に練習に(くらしナビ)” (日本語). 毎日新聞(東京、朝刊): p. 15  - 新聞縮刷版平成19年7月号(No.691)381ページ
  2. ^ a b c d e f g h 海老沢類 (2007年10月1日). “気を使わず没頭、一人カラオケ"ヒトカラ" ストレス発散に人気(ENAK)” (日本語). 産経新聞(東京朝刊). http://www.sankei.co.jp/enak/2007/oct/kiji/01life_hitokara.html 2012年12月24日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 市民権を得た"ヒトカラー" 「一人カラオケ」何か問題でも?” (日本語). コラム(NSJモバイル). 日本証券新聞 (2008年10月7日). 2012年12月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h “ヒトカラ(新語流行語)” (日本語). イミダス. 集英社. (2012).  - ジャパンナレッジにて2013年5月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m “広がる「ヒトカラ」 大声でストレス発散、納得いくまで歌練習” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活A): p. 15. (2008年6月3日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 寺下真理加 (2013年9月14日). “堂々楽しむ「一人カラオケ」 楽器も動画でコラボ 機械の精密採点で鍛錬(be report)” (日本語). 朝日新聞be on saturday: p. b4 
  7. ^ a b 現代用語の基礎知識2009年版』 自由国民社2008年、1201頁(日本語)。ISBN 978-4426101275
  8. ^ a b 内藤みか (2010年10月21日). “ひとりカラオケ、930円。(ラブログ、なのかも。リターンズ)” (日本語). dot.(ドット). 朝日新聞出版. 2014年1月21日閲覧。
  9. ^ "「熱唱! ひとりカラオケ」". ドキュメント72時間. NHK総合テレビジョン. 2013年5月17日放送. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。 2017年5月5日閲覧。
  10. ^ a b c 前川洋一郎 2009, p. 195.
  11. ^ a b c d e f 特許情報プラットフォーム” (日本語). J-PlatPat. 工業所有権情報・研修館. 2014年3月3日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h “ヒトカラ(キーワード)” (日本語). 日経流通新聞: p. 2. (2007年6月6日)  - 日経テレコンにて2012年10月13日閲覧。
  13. ^ a b “10代に人気、一人カラオケ「ヒトカラ」携帯利用、登録200万人=YJP” (日本語). 読売新聞(東京夕刊、子供D): p. 7. (2009年5月23日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  14. ^ 前川洋一郎 2009, p. 14,237.
  15. ^ a b c d e f g 小宮山明希「なぜか現代に流行する、女性一人の「ひとり上手」」、『週刊朝日』第114巻第13号、朝日新聞出版2009年3月27日、 36頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月20日閲覧。
  16. ^ 前川洋一郎 2009, p. 197.
  17. ^ “トヨタ、きょうから都内で、ショールームで「アイデア五輪」” (日本語). 日経産業新聞: p. 13. (1991年12月4日)  - 日経テレコンにて2013年1月20日閲覧。
  18. ^ “街を歩けば、何をもらえる?―師走の都内5ヵ所で、記者7人がチャレンジ” (日本語). 毎日新聞(東京夕刊、総合): p. 3. (1995年12月19日)  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  19. ^ a b c “一人の世界(新宿劇場:4)” (日本語). 朝日新聞(東京、朝刊): p. ページ数不明. (1991年6月14日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g もりひろし (2013年7月29日). “ひとり消費のコトバたち:80年代から兆しがあった単独行動(社会を映し出すコトバたち)” (日本語). 日経ビジネスオンライン. 日経BP. 2014年1月27日閲覧。
  21. ^ a b c 高橋淳子「独り遊びの女 都市空間のあそこに、ここに神出鬼没」、『AERA』第13巻第8号、朝日新聞出版2000年2月21日、 49頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  22. ^ “「当世・常識非常識」カラオケ編 好き派・嫌い派、歩み寄るには” (日本語). 読売新聞(東京夕刊、夕一面): p. 1. (2002年7月1日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  23. ^ a b c d e f “「ひとり流」"一人カラオケ"で発散…気兼ねせず大声 好きな曲次々” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活B): p. 17. (2003年7月1日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  24. ^ 野村浩子 (2003年11月6日). “家族や恋人と過ごすより大切(日経ウーマン野村浩子編集長の女性真理学)” (日本語). 日経流通新聞: p. 11  - 日経テレコンにて2012年12月13日閲覧。
  25. ^ a b c d e “カラオケボックス共演中、くつろぎのレストラン、1.5畳の1人用、低迷打開へ” (日本語). 日経産業新聞: p. 20. (2004年10月6日)  - 日経テレコンにて2012年10月13日閲覧。
  26. ^ a b c d “業界初、パソコン向けカラオケ配信サービス「セガカラ for PC」を複合カフェに提供” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2004年8月19日), オリジナル2015年4月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150416220642/http://sega.jp/corp/release/2004/0819_1/ 2015年12月25日閲覧。 
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大西康平 (2012年7月27日). “「1人カラオケ」若い世代で増加―気疲れイヤ、「独唱」謳歌(消費を解く)” (日本語). 日経流通新聞: p. 16  - 日経テレコンにて2013年9月23日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g h “「カラオケ万能空間」(1)お一人さま専門店も登場” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活A): p. 21. (2012年1月25日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  29. ^ a b カラオケ歴史年表” (日本語). 全国カラオケ事業者協会. 2014年2月19日閲覧。
  30. ^ 前川洋一郎 2009, p. 99,100.
  31. ^ 前川洋一郎 2009, p. 101.
  32. ^ “東海地方で個室カラオケ流行中 健全ムードに人気” (日本語). 朝日新聞(名古屋、夕刊、1社): p. 19. (1989年4月28日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  33. ^ “「密室」カラオケボックス 防犯面に問題(NEWS三面鏡)” (日本語). 朝日新聞(西部、朝刊、1社): p. 23. (1989年9月6日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  34. ^ “カラオケ最前線、この演出がたまらない―マイク片手にランチ、東京・中目黒” (日本語). 日経流通新聞: p. 24. (1992年3月17日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  35. ^ “平成不況下のサラリーマン、オサボリ族が増殖―潜在需要をパブが"飲む"” (日本語). 日経流通新聞: p. 28. (1993年5月18日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g h i j k l 大内奏 (2012年6月18日). “一人カラオケ"定着" 専門店、関東や関西に続々と【名古屋】” (日本語). 朝日新聞(夕刊、1社会): p. 9  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i “大学生がつくる新聞:カラオケ、居酒屋、回転寿司…「一人」を楽しむ学生/静岡” (日本語). 毎日新聞(地方版、静岡): p. 24. (2010年10月30日)  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  38. ^ a b c d 山内浩司 (2012年4月3日). “ヒトカラは座禅なり(甲乙閑話)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、文化1): p. 29  - 聞蔵IIビジュアルにて2012年10月13日閲覧。
  39. ^ 宮川匡司 (1991年4月13日). “佐々木幹郎氏―カラオケは現代の「障」落とし(土曜版)” (日本語). 日本経済新聞(朝刊): p. 45  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g 小林明 (2008年5月24日). “カラオケ代は「おひとり様」へ(裏読みWAVE)” (日本語). 日経プラスワン: p. 13  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  41. ^ a b c d e “1人でカラオケ、セガがサービス―複合カフェと組む” (日本語). 日経産業新聞: p. 5. (2004年8月20日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  42. ^ 北山修 (2004年12月12日). “誓い:2 カラオケ きたやまおさむ(ちょっと深呼吸)【西部】” (日本語). 朝日新聞(朝刊、生活2): p. 32  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  43. ^ “さらばストレス(電脳喫茶 aspara倶楽部)” (日本語). 朝日新聞夕刊be、木曜2面): p. 6. (2007年10月4日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  44. ^ a b c “「ヒトカラ」浸透中/利用者増加、専門ブースも(香川ニュース)” (日本語). 四国新聞. (2014年2月23日). オリジナル2014年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140401070455/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/trend/20140223000117 2015年12月25日閲覧。 
  45. ^ a b c d e “「おひとりさま」に市民権 需要増に不況も後押し=岩手” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、岩手2): p. 32. (2010年5月27日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  46. ^ 加渡いづみ (2012年7月28日). “おひとりさま消費(土曜コラム けいざい道標)” (日本語). 徳島新聞. オリジナル2014年4月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140421005248/http://www.topics.or.jp/special/130516742292/2012/07/2012_134343851504.html 2015年8月19日閲覧。 
  47. ^ a b c d 嶋田淑之 (2010年8月28日). “「おひとりさま」の本当の意味―きき酒師・エッセイスト 葉石かおりさん(嶋田淑之の「この人に逢いたい!」)” (日本語). ITmediaエグゼクティブ. アイティメディア. p. 5. 2014年2月10日閲覧。
  48. ^ a b 松永高幸 (2007年4月7日). “納得?カラオケの採点―音程偏重に不満、抑揚などで加点(暮らしサプライズ)” (日本語). 日経プラスワン: p. 15  - 日経テレコンにて2013年1月20日閲覧。
  49. ^ a b 「一人カラオケ」、したことありますか?” (日本語). Excite Bit コネタ. エキサイト (2008年6月26日). 2014年2月17日閲覧。
  50. ^ a b ゆうこりんも「推奨」 「一人カラオケ」がブーム” (日本語). J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2007年7月16日). 2014年2月17日閲覧。
  51. ^ “カラオケに行く回数増えましたか(ネット1000人調査)” (日本語). 日経産業新聞: p. 20. (2004年10月8日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  52. ^ カラオケ施設の推移” (日本語). カラオケ業界の概要と市場規模. 全国カラオケ事業者協会 (2012年). 2013年1月13日閲覧。
  53. ^ Archived 2013年4月7日, at the Wayback Machine.2013年4月7日時点の オリジナル よりアーカイブ
  54. ^ “How karaoke took over the world” (英語). Yahoo! News UK (Yahoo!). (2012年5月24日). http://uk.news.yahoo.com/how-karaoke-took-over-the-world-20120524.html 2012年12月24日閲覧. "If you know your jūhachiban from your hitokara, then you'll know that we're talking about one of the most popular social pursuits of the past 40 years; karaoke." 
  55. ^ 石山宏一 (2009年4月6日). “石山宏一の新語ウォッチング” (日本語). 小学館ランゲージワールド. 小学館. 2013年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月11日閲覧。 “研究社のオンライン辞典KODには「ヒトカラ」を「ひとりカラオケ」と書き換えて「(1人で楽しむカラオケ)solo karaoke; karaoke on one's own」とあった”
  56. ^ カジハマトモコ (2012年12月19日). “母国のカラオケ事情はどんな感じ? 日本在住の外国人に聞いてみた” (日本語). マイナビニュース. マイナビ. 2013年1月28日閲覧。
  57. ^ 小豆沢紀子 (2013年5月30日). “"ヒトカラ"に"1人酒"…日本人はなぜこれほど「孤独」が好きなのか?―華字紙” (日本語). 中国情報の日本語メディアFOCUS-ASIA.COM. フォーカス・アジア. p. 2. 2016年1月24日閲覧。
  58. ^ a b c “歌って元気に:3 一人カラオケ、好きに練習(55プラス)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、生活2): p. 31. (2011年7月31日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2012年10月13日閲覧。
  59. ^ a b c d e f g h i 小幡雄也 (2012年6月26日). “ストレス発散か特訓か 心ゆくまで一人カラオケ” (日本語). 北日本新聞47NEWS. オリジナル2014年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140306201743/http://www.47news.jp/localnews/toyama/2012/06/post_20120626091944.html 2015年12月25日閲覧。 
  60. ^ 宮野茉莉子 (2012年3月23日). “一人カラオケ専門店まで登場!ダイエットにもオススメ!?「ヒトカラ」の楽しみ方(Peachy)” (日本語). Livedoor ニュース. LINE. 2012年12月24日閲覧。
  61. ^ a b c 鈴木英子 (2013年10月15日). “20代の3割が「ひとりカラオケ」経験有り” (日本語). 日経ウーマンオンライン. 日経BP. 2014年2月10日閲覧。
  62. ^ 鈴木勝一 (2008年2月7日). “街の詩:一人カラオケ” (日本語). 毎日新聞(北海道夕刊): p. 8  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  63. ^ おひとり様に関する調査” (日本語). モッピーラボ. セレス (2012年5月16日). 2012年12月26日閲覧。
  64. ^ vol.120「おひとり様」旅行?ディナー?カラオケ?「おひとり様」で痛いと思う行為ランキング&「行為別おひとり様」の経験率を発表!” (日本語). OLマーケットレポート. サンケイリビング新聞社 (2012年10月26日). 2012年12月24日閲覧。
  65. ^ a b c d e f g “カラオケ進化系、個性「満点」―コシダカ、一人客、「気兼ねせず」若者熱唱” (日本語). 日経流通新聞: p. 3. (2012年1月18日)  - 日経テレコンにて2012年12月4日閲覧。
  66. ^ 七ノ瀬 『女の子の声になろう!秀和システム2009年、24頁(日本語)。ISBN 978-4-7980-2330-42013年1月6日閲覧。
  67. ^ a b c d “幅広げるカラオケ王国 1人演奏・足湯にVIPルームも(東京照射)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、東京西部、1地方): p. 25. (2012年9月23日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  68. ^ ギター練習に最適!カラオケで楽器を弾こう!” (日本語). JOYSOUND. エクシング. 2015年8月19日閲覧。
  69. ^ 前川洋一郎 2009, p. 196,197.
  70. ^ a b 今や専門店まである一人カラオケ ゆとりやノマドも積極活用” (日本語). NEWSポストセブン. 小学館 (2012年10月28日). 2013年4月4日閲覧。
  71. ^ ヒトカラデビュー計画” (日本語). ちょっと違った遊び方. 鉄人化計画. 2012年12月24日閲覧。 “金・土・祝前日の夜間、土・日曜日の昼間時間帯、年末年始等、混雑のためお一人様でのご利用をお断りさせていただく場合がございます。”
  72. ^ よくあるご質問” (日本語). ビーアンドブィ. 2014年11月11日閲覧。 “1人で行ってもいいのでしょうか?”
  73. ^ カラオケボックス業界 かつての「国民的娯楽」は今や前途に光が見えず(企業徹底研究)” (日本語). キャリコネ. グローバルウェイ (2012年12月6日). 2015年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月24日閲覧。
  74. ^ a b c d “コシダカ、「お一人様」カラオケ店、今月下旬、東京・神田に” (日本語). 日本経済新聞(地方経済面、北関東): p. 41. (2011年11月3日)  - 日経テレコンにて2013年9月23日閲覧。
  75. ^ a b “下北沢に一人カラオケ専門店―「カラオケの鉄人」が新業態” (日本語). 下北沢経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2012年9月13日). http://shimokita.keizai.biz/headline/1597/ 2012年12月24日閲覧。 
  76. ^ a b フタバ@カフェ 中洲gate's店” (日本語). フタバ@カフェ. フタバ図書. 2014年3月3日閲覧。
  77. ^ a b ワンツーカラオケ” (日本語). 快活CLUB. ヴァリック. 2014年3月3日閲覧。
  78. ^ 安福聰 (2012年2月29日). “ヒトカラ(一人カラオケ)専門店に行ってみた!” (日本語). アスキーPC編集部ブログ. KADOKAWA. 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月5日閲覧。
  79. ^ カラオケ館に「ひとりカラオケ」専用ルーム 本格レコーディングもできるぞ!” (日本語). ねとらぼ. アイティメディア (2012年3月7日). 2014年3月4日閲覧。
  80. ^ “第30回サービス業総合調査、カラオケスタジオ、6.8%↑、「1人」で利用広がる” (日本語). 日経流通新聞: p. 7. (2012年11月14日)  - 日経テレコンにて2013年4月4日閲覧。
  81. ^ a b c 1曲100円! ゲームセンターに"ヒトカラ"用カラオケボックス登場(News Walker)” (日本語). Walker plus. KADOKAWA (2012年3月23日). 2014年2月10日閲覧。
  82. ^ a b ちょいKARA” (日本語). アーケードゲーム. タイトー (2012年11月22日). 2013年4月4日閲覧。
  83. ^ a b “ニュー新橋ビルの一人用カラオケ撤退へ―設置1カ月、需要見込めず” (日本語). 新橋経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年3月2日). http://shinbashi.keizai.biz/headline/1364/ 2013年4月4日閲覧。 
  84. ^ カンドーネってなあに?” (日本語). カンドーネ公式サイト. セガ・ミュージック・ネットワークス. 2007年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  85. ^ “セガ・ミュージック・ネットワークス株式の譲渡に関する基本合意のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2007年7月27日), オリジナル2011年11月7日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111107201026/http://sega.jp/corp/release/2007/0727/ 2015年12月25日閲覧。 
  86. ^ “無料ケータイサイト『ヒトカラ』会員数が200万人を突破!” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2009年4月1日), オリジナル2015年4月13日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150413223241/http://sega.jp/kt/hitokara/campaign/2009/0401/ 2015年12月25日閲覧。 
  87. ^ “『ヒトカラ』サービス終了のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2010年6月25日), オリジナル2015年6月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150608185635/https://sega.jp/kt/hitokara/ 2015年12月25日閲覧。 
  88. ^ "ヒトカラ"など利用形態が多様化 カラオケルームの音楽プロモーション” (日本語). ORICON STYLE. オリコン (2013年2月11日). 2013年2月17日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]