アドアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アドアーズ株式会社
ADORES,Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門1-4-3
NT虎ノ門ビル5F
設立 2017年4月21日
(アドアーズ分割準備株式会社)
業種 サービス業
法人番号 1010401131152
事業内容 エンターテインメント施設の企画・開発・運営(ゲーム、カラオケ、カフェ、VR等)
外貨両替所、機器の企画・開発・運営
代表者 代表取締役社長 菊池康男
資本金 1億円
主要株主 (株)ワイドレジャー 100%
外部リンク http://www.adores.jp/
テンプレートを表示

アドアーズ株式会社(ADORES,Inc.)は、ゲームセンターなどを手がける日本の企業。株式会社ワイドレジャーの100%子会社。

概要[編集]

アドアーズ株式会社(初代、後の株式会社KeyHolder)は、メダルゲームなどを手がける一方で、1971年にゲームセンター事業に進出。その後も首都圏の駅前を中心に店舗を展開してきた。アドアーズ(初代)は、2017年10月1日付で持株会社制へ移行するに当たり、同年4月21日付でアミューズメント事業を承継する新会社として、アドアーズ分割準備株式会社を設立した。

アドアーズ(初代)は、2017年10月1日付で持株会社制へ移行し、アドアーズ(初代)はKeyHolderへ商号変更。同時にアドアーズ分割準備株式会社はアドアーズ株式会社(2代)へ商号変更し、アドアーズ(初代)からアミューズメント事業を吸収分割により譲受した。

その後福岡県小郡市に本社があるワイドレジャーから、今後の広域展開の一環としてKeyHolderへアドアーズを買収する旨の申出があり、KeyHolderとワイドレジャーは、2018年1月23日に、同年3月26日付でアドアーズの全株式をワイドレジャーへ譲渡する契約を締結[1]。アドアーズの全株式は、予定通り2018年3月26日付でワイドレジャーへ45億円で譲渡され[2]、アドアーズはワイドレジャーの100%子会社となった。同時に、KeyHolderは設立以来続けてきたアミューズメント事業から撤退した。ワイドレジャーはアドアーズ買収を足がかりに、首都圏における店舗網の構築を目指す[2]

沿革[編集]

  • 2017年
    • 4月21日 - アドアーズ分割準備株式会社として設立[3]
    • 10月1日 - アドアーズ株式会社(初代)からゲームセンター事業を吸収分割により譲受。同時に商号をアドアーズ株式会社(2代)へ変更。
  • 2018年
    • 1月23日 - 株式会社KeyHolderと株式会社ワイドレジャーとの間で、アドアーズ株式会社(2代)の全株式をワイドレジャーへ譲渡する契約を締結[1]
    • 3月26日 - 株式譲渡により、ワイドレジャーの100%子会社となる[4][5]。同時に本社所在地を虎ノ門ファーストガーデンからワイドレジャー東京事務所と同じNT虎ノ門ビル5Fへ移転。
    • 5月28日 - 本店所在地を虎ノ門ファーストガーデンから本社所在地と同じNT虎ノ門ビル5Fへ移転。

脚注[編集]

  1. ^ a b 連結子会社(アドアーズ株式会社)の株式譲渡契約締結及び特別利益の発生に関するお知らせKeyHolder 2018年1月23日
  2. ^ a b KeyHolder<4712>、エンタメ施設運営の子会社をワイドレジャーに譲渡M&A TIMES 2018年1月23日
  3. ^ 持株会社体制への移行KeyHolder
  4. ^ 子会社の株式譲渡に関する公告KeyHolder 2018年3月26日
  5. ^ 「お知らせ」当社ホームページの一部改訂及び過去のプレスリリースの非表示化に関しましてKeyHolder 2018年3月26日

外部リンク[編集]