ゲイリー・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲイリー・サンチェス
Gary Sánchez
ニューヨーク・ヤンキース #24
Gary Sánchez on August 16, 2016.jpg
2016年8月16日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1992-12-02) 1992年12月2日(24歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2009年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約
初出場 2015年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ゲイリー・サンチェスGary Sánchez, 1992年12月2日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属している。

愛称はクラーケン[1]

経歴[編集]

2009年6月20日ニューヨーク・ヤンキースと契約。

2010年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースとA-級スタテンアイランド・ヤンキースでプレー。

2011年はA級チャールストン・リバードッグスでプレー。

2012年はA級チャールストンとA+級タンパ・ヤンキースでプレー。

2013年はA+級タンパでプレー後、8月3日からAA級トレントン・サンダーに昇格[2]。シーズン終了後の11月20日に自身初の40人枠入りを果たした[3]

2014年3月12日にAA級トレントンへ異動した。

2015年はAA級トレントンとAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレー。マイナーのシーズン終了後の9月12日にメジャー初昇格を果たし、10月3日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー[4]。その後もう1試合に出場し、計2試合でメジャーの経験を積んだ。

2016年8月に入ると常時出場機会を得るようになった[5]。このチャンスを掴んだサンチェスは新人離れした打棒を発揮し、打率.389・11本塁打・21打点という好成績をマーク。捕手では史上初のプレイヤー・オブ・ザ・マンス (月間MVP) とルーキー・オブ・ザ・マンス (月間最優秀新人) の同時受賞を達成した[6]9月に入ってからはやや落ち着いたが、メジャー45試合目で19本目のホームランを記録。これは、メジャー史上最速のペースであった[7] (それまでの1位は、1930年ボストン・ブレーブスウォーリー・バーガー) 。更に、51試合目で20本塁打に達し、こちらもメジャー史上最速タイの記録だった[8] (前述のバーガーは、メジャー51試合目で2本塁打を放っており[9]、こちらの記録も保持) 。最終的な打撃成績は、53試合の出場で打率.299・20本塁打・42打点・1盗塁・OPS1.032。守備面では36試合でマスクを被り、3失策守備率.991・DRS + 3・盗塁阻止率43%という成績だった。

2017年2月7日にシーズンを優先するため、第4回WBCドミニカ共和国代表への不参加の意思を表明した[10]。シーズンでは8月24日のタイガース戦で5回にマイケル・フルマーから死球を受け、6回裏にトミー・ケインリーが報復としてミゲル・カブレラに対して背後を通過する投球を行い退場になった際に、カブレラがオースティン・ロマインと口論になり殴打し、両チームから選手が入り乱れる乱闘になった際に、サンチェスもカブレラを殴打した[11]。8月25日にMLBより4試合の出場停止処分を受けた[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 NYY 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2016 53 229 201 34 60 12 0 20 132 42 1 0 0 2 24 2 2 57 5 .299 .376 .657 1.032
MLB:2年 55 231 203 34 60 12 0 20 132 42 1 0 0 2 24 2 2 58 5 .296 .372 .650 1.023
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手




















2016 NYY 36 304 34 3 1 .991 6 19 13 .406
通算 36 304 34 3 1 .991 6 19 13 .406
  • 2016年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 73 (2015年)
  • 57 (2016年 - 同年途中)
  • 24 (2016年途中 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 通称「新人ベストナイン」。選出対象となる新人扱い選手を両リーグ統一した中で、各守備位置ごとに各球団監督の投票により選出される(例えばシルバースラッガー賞のように各リーグごとに選出されるのではない)。

出典[編集]

  1. ^ Yanks Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  2. ^ Top prospect promoted to Double-A ESPN New York
  3. ^ Yanks make deal with Padres, add six to 40-man roster MLB.com
  4. ^ Yankees stomped, 9-2, by Baltimore Orioles - Rapid reaction”. NJ.com (2015年10月3日). 2015年10月4日閲覧。
  5. ^ Gary Sanchez 2016 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月6日閲覧。
  6. ^ マー君女房のサンチェスが最優秀新人&月間MVP”. 日刊スポーツ (2016年9月4日). 2016年10月6日閲覧。
  7. ^ ヤンキース サンチェスが4戦連続弾!メジャー最速45戦で19発”. スポニチ Sponichi Annex 野球 (2016年9月22日). 2016年10月6日閲覧。
  8. ^ ヤンキース 新人サンチェスが86年ぶり最速記録 51試合で20発”. スポニチ Sponichi Annex 野球 (2016年9月28日). 2016年10月6日閲覧。
  9. ^ Wally Berger 1930 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月6日閲覧。
  10. ^ Sanchez won't play in World Baseball Classic World Baseball Classic (英語) (2017年2月7日) 2017年3月4日閲覧
  11. ^ Yanks-Tigers dust up a prelude to punishment MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月25日閲覧
  12. ^ タイガースVSヤンキース大乱闘で5人に出場停止処分 カブレラは7試合スポーツニッポン (2017年8月26日) 2017年8月26日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]