オジー・ティモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オジー・ティモンズ
Ozzie Timmons
タンパベイ・レイズ 一塁コーチ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 (1970-09-18) 1970年9月18日(47歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1991年 MLBドラフト5巡目(全体137位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 MLB / 1995年4月26日
NPB / 2001年3月30日
最終出場 MLB / 2000年10月1日
NPB / 2001年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

オズボーン・ルウェリン・ティモンズOsborne Llewellyn "Ozzie" Timmons, 1970年9月18日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州タンパ出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。右投右打。2001年中日ドラゴンズに所属した。2018年シーズンよりMLBタンパベイ・レイズで一塁コーチを務める。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1991年MLBドラフト5巡目(全体137位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り。1995年にメジャーデビュー。

2001年中日ドラゴンズに入団。入団当初、とあるスコアラーからは「アロンゾ・パウエルそっくりのタイプ」と評されていた。前年に退団したレオ・ゴメスに代わる4番打者としてティム・アンローとともに入団した。開幕戦では4番打者として3安打を放つも、その後は打撃に安定感を欠き、結局5月にゴメスを復帰させた。終盤は二軍落ちし、シーズン終了後に退団した。

打率が低く、助っ人としては物足りなかったにもかかわらず、勝負強さと日本プロ野球適応の期待から残留の話も出ていたが本人が断ったというエピソードがある。

中日退団後はマイナー球団やメキシカンリーグ独立リーグアトランティックリーグアトランティックシティ・サーフ英語版2006年までプレーした。

引退後[編集]

2007年からはタンパベイ・デビルレイズ2008年からはレイズ)傘下のコーチとなった。2007年はA-級ハドソンバレー・レネゲーズ英語版のコーチ、2008年はA級コロンバス・キャットフィッシュ英語版の打撃コーチ、2009年から7年間はAA級モンゴメリー・ビスケッツで一塁コーチ、2016年から2年間はAAA級ダーラム・ブルズで打撃コーチを務めた。

2018年シーズンからはレイズの一塁コーチを務める[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 CHC 77 185 171 30 45 10 1 8 81 28 3 0 0 1 13 2 0 32 8 .263 .314 .474 .787
1996 65 157 140 18 28 4 0 7 53 16 1 0 1 0 15 0 1 30 1 .200 .282 .379 .661
1997 CIN 6 9 9 1 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .444 .778
1999 SEA 26 48 44 4 5 2 0 1 10 3 0 1 0 0 4 0 0 12 0 .114 .188 .227 .415
2000 TB 12 42 41 9 14 3 0 4 29 13 0 0 0 0 1 0 0 7 2 .341 .357 .707 1.064
2001 中日 83 299 272 30 62 9 1 12 109 45 1 1 3 1 22 0 1 73 7 .228 .287 .401 .688
MLB:5年 186 441 405 62 95 20 1 20 177 60 4 1 1 1 33 2 1 82 11 .235 .293 .437 .730
NPB:1年 83 299 272 30 62 9 1 12 109 45 1 1 3 1 22 0 1 73 7 .228 .287 .401 .688

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 30 (1995年 - 1996年)
  • 31 (1997年)
  • 40 (1999年)
  • 44 (2000年 - 2001年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]