フレディ・ペラルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペラルタ第二姓(母方の)はディアスです。
フレディ・ペラルタ
Freddy Peralta
ミルウォーキー・ブルワーズ #51
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 エスパイジャト州モカ英語版
生年月日 (1996-06-04) 1996年6月4日(23歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 アマチュアFA
初出場 2018年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フレディ・ペラルタ・ディアスFreddy Peralta Diaz, 1996年6月4日 - )は、ドミニカ共和国エスパイジャト州モカ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBミルウォーキー・ブルワーズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとマリナーズ傘下時代[編集]

2013年4月にシアトル・マリナーズと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・マリナーズでプロデビュー。13試合(先発10試合)に登板して3勝3敗・防御率1.46・49奪三振の成績を残した。

2014年はルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズでプレーし、12試合に先発登板して1勝6敗・防御率5.29・42奪三振の成績を残した。

2015年もルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズでプレーし、11試合(先発9試合)に登板して2勝3敗・防御率4.11・67奪三振の成績を残した。

ブルワーズ時代[編集]

2015年12月9日アダム・リンドとのトレードで、ダニエル・ミサキカルロス・ヘレーラと共にミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[1]

2016年は傘下のA級ウィスコンシン・ティンバーラトラーズとA+級ブレバード・カウンティ・マナティーズでプレーし、2球団合計で24試合(先発10試合)に登板して4勝4敗2セーブ・防御率3.62・97奪三振の成績を残した。

2017年はA+級カロライナ・マドキャッツ[2]とAA級ビロクシ・シャッカーズでプレーし、2球団合計で25試合(先発19試合)に登板して3勝8敗1セーブ・防御率2.63・169奪三振の成績を残した。オフの11月20日ルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[3]

2018年は開幕をAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスで迎え、5月13日にメジャー初昇格を果たした。メジャーデビューとなった同日のコロラド・ロッキーズ戦では先発して5.2回を無失点の好投でメジャー初勝利を挙げた[4]

投球スタイル[編集]

投球の約8割をフォーシームが占め、変化球ではカーブチェンジアップを投げる[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 MIL 16 14 0 0 0 6 4 0 0 .600 321 78.1 49 8 40 1 4 96 3 1 37 37 4.25 1.14
MLB:1年 16 14 0 0 0 6 4 0 0 .600 321 78.1 49 8 40 1 4 96 3 1 37 37 4.25 1.14
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Mariners get Lind from Brewers for 3 minor league pitchers”. ESPN (2015年12月9日). 2018年8月3日閲覧。
  2. ^ 2017年よりブルワーズ傘下
  3. ^ Adam McCalvy (2017年11月20日). “Young prospects join Brewers' 40-man roster” (英語). MLB.com. 2018年8月3日閲覧。
  4. ^ Milwaukee Brewers at Colorado Rockies Box Score, May 13, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年8月3日閲覧。
  5. ^ Freddy Peralta Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2018年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]