BCL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BCL(ビーシーエル)とは、Broadcasting Listening / Listeners の頭字語である。放送(特に短波による国際放送)を聴取して楽しむ趣味を指す。日本では1970年代に中学生・高校生を中心として一大ブームが起った。

概要[編集]

BCLとは、広義では「放送を聴取して楽しむ趣味のこと」を意味している。狭義では「主に短波を使って行われる国外からの放送を受信すること」を意味するが、欧米では「SWL(Shortwave Listening / Listener:短波無線通信の聴取 / 聴取者)」 や、「DXing」などとも称される。日本で「SWL」というと、「主に趣味として、アマチュア無線や業務用の通信局の無線通信を受信[1]して、QSLカード(正しくは受信確認証)を発行してもらう事(または、者)」を意味することがあり、他に「DX(Distant X: Long Distance =遠距離の意:アマチュア無線、BCLにおける遠距離通信の受信)」を指すこともある。

受信者が、受信した放送局名、受信年月日、受信時間と時刻、受信した周波数、受信状態(SINPOコードによることが多い)、受信に使用した受信機アンテナの状況、受信を確認できる放送番組内容の概略と、その感想などを記述した受信報告書放送局に送ると、受信したことを証明する受信確認証ベリカード:Verification Cardの日本式省略)が発行されることもあり、それを収集することを趣味とする人も居る。

日本での経緯[編集]

アメリカボイス・オブ・アメリカや、ソビエト連邦のモスクワ放送(のちのロシア連邦のロシアの声)の様に、太平洋戦争中から日本語放送を実施していた放送局もあるが、多くの国々からの日本語放送は戦後開始された。戦中は高性能受信機の所持すら規制されていた(もし発覚すると、“反体制派として外国の指令を受け、またプロパガンダ情報を大日本帝国国内に流す”スパイ容疑で特別高等警察に連行された。許されたのは、当時外務省情報部の組織であったラヂオプレスのみである)が、戦後、真空管によるスーパーヘテロダイン式のラジオが広く流通し、それはメーカー製とは限らず、放出品などを用いた自作ラジオの売買も盛んであり、オーディオマニア兼ラジオマニアが生まれた。

1970年代の一大ブーム[編集]

ソニーICF-5900“スカイセンサー”

1970年代になると、主に小・中学生の間で国外の短波放送を聴取することが流行し始め、多くの家電メーカーから短波が受信できるラジオが発売されるようになった。いわゆる「BCLブーム」が社会現象化し、多くの小・中学生が製品カタログに夢中になり、少しでも安くBCLラジオを入手しようと安売り電気店(東京では秋葉原、名古屋では大須、大阪では日本橋など)へ集まった。

1974年1月に放送開始された日本短波放送=ラジオたんぱ(NSB、のちの日経ラジオ社=ラジオNIKKEI)のBCL番組「ハロージーガム」(三菱電機提供)は、もともとの狙いは日本短波放送の聴取者層拡大であったが予想以上の人気を集めた。家電メーカー各社は競って高性能短波ラジオを製造・販売するようになった。ソニースカイセンサーICF-5800・ICF-5900、ナショナルのRF-2200・2600・2800・5000、東芝のRP-2000Fといった高性能マルチバンドラジオである。これらの中にはダイヤルからの受信周波数読み取りが可能なものもあり、最終的にはディジタルディスプレイによって数値直読が可能なところまで高機能化した。特に、ソニーとナショナルは人気を二分し、前者が提供するBCL番組「BCLジョッキー」(TBS)と後者が提供する「BCLワールドタムタム」(日本短波放送、タモリが司会)もよく聴かれた。

BCLブームが起こるまで、日本には同人誌的なもの(JSWCこと日本短波クラブ、KDXCこと関東DXersサークル、NDXCこと名古屋DXersサークルなど)以外にBCL専門の書籍雑誌は無かったが、ブームとともに月刊「ラジオの製作」(電波新聞社)がBCL関係の記事を次第に充実させていった。1975年12月には別冊として『BCLマニュアル』(山田耕嗣編)を刊行、すぐに品切れとなり版を重ねた。以後、BCLブームに便乗して類書の出版が相次いだ。また、1976年1月には月刊「短波」(日本BCL連盟発行、1983年休刊)が創刊され、多くの購読者を獲得した。日本BCL連盟は1980年1月に『DX年鑑』を刊行し、本格的なマニアの要望に応えた。さらに、放送局が放送開始前に流すインターバル・シグナル(IS)を収録したレコードカセットテープも発売された。また、趣味が高じて、自分で電波を出したいという中高生らが、アマチュア無線の資格を取得するなど、アマチュア無線技士の増加にも繋がった。

BCLの醍醐味[編集]

欧米におけるBCLは従来より大人の趣味であるが、1970年代の日本のBCLブームの主役は小学生から高校生にかけての若年層だった。特に多彩なデザインのベリカード収集の魅力は若者を惹き付けた。しかし外国語の放送を楽しめるだけの語学力がなければ、ベリカード収集後の目標が無くなってしまい、その後ブームが下火になった原因ともなった。東日本大震災後、ラジオの有用性が見直され、2011年現在の日本では、欧米同様、BCLは大人の趣味として(かつての中高生らが成人になり、再びBCLを再開したため)根強い人気を保っている。国際放送各局の番組担当者によれば、日本では2000年以降、いわゆる「復活組」と言われる30~60歳代の参入により、BCL人口は再び増えはじめている。

珍局受信への挑戦[編集]

BCLの対象となるのは国際放送局ばかりでなく、遠隔地にある国内ローカル放送局、または近隣においても微弱な出力電力で運用されている放送局などが対象となる。夜間にしか受信ができない国内外の中波局も、夏など特定の時期の突発的な異常伝搬(Eスポ)でしか受信ができない国内外のFM局やVHFテレビ局も受信対象となっている。難易度の高い受信を行うためには、高利得のアンテナの使用、受信機の工夫など無線技術の研究が必要であり、加えて電離層などのコンディションを推測するための自然科学系の幅広い知識、わずかなチャンスを逃さないための根気強さも必要とされる。

BCLはアマチュア無線と同じく、無線通信技術の向上・発展に寄与してきたことを忘れることはできない。すなわち受信報告は無線通信の黎明期より電波伝搬のしくみの解明、また受信技術のみならず送信技術の向上にも寄与し続けてきた。近年[いつ?]でも放送局側の研究として、長年、自局が各地のリスナーから受けた受信報告を集計・分析することにより、自局の中波放送アンテナの理論的特性を実証したものがある[2]

楽しみの変遷[編集]

DX'er(DX受信を楽しむBCLのこと)には、無線技術の研究・開発や、根気強く最良のコンディションを待つこと、僻地等にキャンプして、最良となる受信環境をつくり(ペディションと言う)高度な受信をおこなうことなどを、ベリカードの収集よりも優先する人がいる。また、1970年代から1980年代にかけて流行したBCLブームを懐かしむ30歳代から40歳代の経済的に余裕が出てきた世代による、懐古趣味的な受信機の収集、あるいは特定の国に対する興味関心により、その国の放送を聴くといった人もおり、幅広い楽しみ方があるのが特徴である。

BCLを楽しむために必要な技術やノウハウの多くは2013年現在、本などの出版がほとんど無い(あっても三才ブックス発行の専門誌程度)ことから、主に個人の試行錯誤や経験によって獲得されるものが多くなっている。このことは趣味としてのBCLに奥行きを与えるファクター(要因)である一方で、初心者がBCLに親しむための障害ともなっている。しかし今日ではそれぞれのサブテーマ毎にインターネット上のブログ等でこれらのノウハウ等が公開・共有化されることにより、従来のBCL書籍が果たしていた機能が、横に複数のサブテーマ毎に連携し、錯綜する一つのバーチャルコミュニティーにより果たされるようになっているのが特徴的であり、今日[いつ?]のBCLでは全国的な単一組織は持たず、複数のリーダー的な人物を中心として広がる仲間が、さらに錯綜して形成する、束縛の無い極めて緩やかで自由闊達な個人の連合体となっている。

日本での1970年代のBCLの楽しみ方の主流は、個人によるベリカードの収集であったが、今日[いつ?]のBCLはブログなどを中心に受信記録を交換したり、通信技術やペディションを取りあげる、すなわち趣味を通じての人間的な交流を楽しむという面が大きくなっている。

受信確認証(ベリカード、もしくはベリレター)[編集]

BCLラジオ[編集]

BCLラジオとはラジオ放送(特に短波による国際放送)を聴取して楽しむ趣味をBCL(Broadcasting Listening / Listener)と呼び、そのために使用する高性能なラジオを総称したものである。

国外放送局や遠距離局を受信するためには、一般のラジオ受信機とは異なる性能を有する高性能受信機(=BCLラジオ)が必要である。たとえば受信周波数が広範囲であることや、受信感度が高いもの、隣接周波数の信号を分離する選択度が鋭いもの、外部アンテナ端子を有するもの、受信周波数が読み取れるものなどである。受信用ラジオや録音機などを据え付けた受信部屋をアマチュア無線愛好家にならい「シャック」と呼ぶ。1970年代のBCLブーム期には多くの家庭用電機メーカーからBCL用に工夫を凝らした高性能ラジオが発売され、ブームの中心だった小学生高学年から高校生にかけての学生達は、毎夜ラジオにかじりついた。その後、ブームの下火とともにBCLラジオを販売する家電メーカーは少なくなり、2000年を過ぎると高性能ラジオの発売を続ける日本の電器メーカーソニー松下(パナソニック)の2社だけになった。2006年現在、日本国内では松下(パナソニック)社は高性能ラジオを製造していない(2008年にラジオ単体製品自体を製造販売しているのがソニー社とパナソニック社だけになっている)。

BCLラジオの収集(コレクション)については、BCL本来の目的とは異なる。しかしBCLを趣味とする者は少なからず所有するラジオに対して相応の愛情を持っており、「受信を楽しむ」から「受信機自体を楽しむ」へと発展して、数台のラジオを所有=収集することがかなりある。 2008年に日本で再びBCLブームが起きている背景には、インターネットオークションによるBCLラジオの流通が盛んに行われていることが一因として挙げられる。中古ではあるが1970年代当時の高性能で多機能なラジオが入手でき、当時はカタログや店頭で憧れるだけで購入することが出来なかったラジオを、大人になった時点で改めて入手してBCLを再開するという人が多い。

日本のインターネットオークションでは、程度の良いBCLラジオは発売当時とほぼ同じ価格、もしくはそれ以上の高値で取引されている。ソニーのスカイセンサーや、ナショナル(パナソニック)のクーガ等は販売出荷数も多いためオークションの出品数も多く、価格もそれ程高くはならないが、希少性のあるラジオは相当の高値でコレクターに取引されている。例えばソニーのCRF-1は長波域から受信できる「業務用」であり流通量が少ないため、少し程度が悪くても10万円半ばから20万円近い値段で取引されることが多い。

日本においてソニー以外のBCLラジオが入手困難になった近年[いつ?]では、中国製の廉価な短波ラジオが家電量販店ディスカウントストアなどで販売されている。

BCLラジオのブランド[編集]

日本[編集]

以下主に通信機タイプの受信機の製造・販売メーカー

アメリカ合衆国[編集]

通信機タイプの受信機の製造・販売メーカー

ドイツ[編集]

中国[編集]

台湾[編集]

豆知識[編集]

BCLの語源[編集]

BCLという言葉は和製英語である」という誤った通説があるが、1930年代にアメリカで発行された「The radio amateur's handbook」(アマハン)には、専門用語として「BCL」という略語について説明がされている。つまり英語、あるいは米語が起源である。但し、現在[いつ?]、アメリカなどでは、「BCL」という言葉が知られておらず、ハムとは異なり(送信は伴わず)受信行為のみであるが、ハムに倣い遠距離交信を指す用語の「DXing」が転用されている。

PLCとBCL[編集]

日本においては電力線搬送通信(PLC)の一種であるHF-PLCの規制緩和によって、短波帯がノイズで埋まり放送が聴けなくなる可能性が高いことから、趣味としてのBCLは危機に瀕している。 DXerは「自然環境の中における電波の釣り人」とも言えるため、「自然における電波を汚染するPLCには絶対に反対する」という立場を取っている。一方、PLC機器の製造者などは電波法規定の範囲にあり、問題ないという立場を取っている。無線従事者などにより構成される団体などとは異なり、少数の個人の集まりからなるBCLサークルは「素人」扱いされ、PLCに関する官民の議論への参加が認められず、疎外された状態にある。このためBCLサークルの多くは、市民として、各種ソーシャルネットワークを通じて、明確にPLCに反対し続けていくという方針を打ち出している。

日本のDX/BCLクラブ・サークル[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 電波法第五十九条でいう「傍受」とみなされることがある。
  2. ^ 中国放送による。「受信報告にみるラジオ親局移転前後の夜間聴取エリアの変化」 映像情報メディア学会 平成16年2月20日発表。

関連項目[編集]