第79回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第79回都市対抗野球大会(だい79かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、2008年8月29日から9月9日まで東京ドームで行われた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 北京オリンピック開催にともない、従来よりも開幕日が約1週間遅れ、大会日程のほとんどが9月中に繰り延べになった。
  • 予選では、前回大会を制した川崎市東芝が敗退。優勝チームが翌年に活動停止や出場辞退を伴わず予選で敗退するのは2000年の東芝以来。また、前年の日本選手権を制した豊田市トヨタ自動車も予選で敗退。一方で大阪市日本生命は阪和第2代表として本戦出場。出場回数を50回の大台に乗せた。
  • 本戦では、強固な投手陣を誇る横浜市新日本石油ENEOSが5試合で6失点と抜群のディフェンスを見せて13年ぶりの黒獅子旗を手にした。春日井市王子製紙は予選で低迷したものの、継投で接戦をものにして準優勝。橋戸賞は全5試合に登板して4勝を記録した新日本石油ENEOS・田澤純一投手が獲得した。前回大会では賞設立後初めて該当者がいなかった若獅子賞は、早大準硬式野球部出身の異色投手・川口盛外(王子製紙)が獲得した。

予選[編集]

出場チーム[編集]


試合[編集]

1回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日立製作所 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
東邦ガス 0 0 0 0 0 1 0 1 x 2
  1. : 藤江  : 比嘉  
  2. :  日立 – 中村  東邦 – 平手
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
TDK 2 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 4
鷺宮製作所 1 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1x 5
  1. (延長12回)
  2. : 小高  : 野田  
  3. :  TDK – 高倉  鷺宮 – 久保、狩野
  • 第3試合(8月30日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本生命 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
JR東日本 0 0 0 0 0 2 2 0 x 4
  1. : 木村  : 土井  
  2. :  日生 – 高橋  JR東 – 齋藤達、川端
  • 第4試合(8月30日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本新薬 0 1 2 0 0 2 0 0 0 5
Honda 0 0 0 0 0 2 3 0 1x 6
  1. : 筑川  : 池辺  
  2. :  Honda – 川戸、吉岡
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
伯和ビクトリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JFE東日本 0 0 0 1 2 0 0 0 x 3
  1. : 福井  : 石丸  
  2. :  JFE東 – 落合
  • 第6試合(8月31日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
TDK千曲川 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
富士重工業 1 0 1 0 0 0 0 4 x 6
  1. : 阿部  : 阿部正  
  2. :  富士重 – 金山、小川
  3. ※TDK千曲川は9回でのチーム最多三振21を記録。
  • 第7試合(8月31日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JR九州 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3
三菱ふそう川崎 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
  1. : 米藤  : 佐藤  
  2. :  JR九 – 宇多村、中野
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JFE西 0 1 0 0 0 1 0 0 x 2
  1. : 陶山  : 佐伯  
  2. :  JFE西 – 大北
  • 第9試合(9月1日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
七十七銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
セガサミー 0 0 0 0 0 0 1 0 x 1
  1. : 上津原  : 攝津  


  • 第10試合(9月1日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JR四国 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
新日本石油ENEOS 1 1 1 0 1 0 0 1 x 5
  1. : 田澤  : 岩井  
  2. :  JR四 – 武市誉
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
熊本ゴールデンラークス 4 1 0 0 0 0 0 0 0 5
東海理化 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 香月  : 川脇  
  2. :  熊本 – 横田、前畑
  • 第12試合(9月2日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三菱重工名古屋 0 2 1 1 2 0 0 0 1 7
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
  1. : 中根  : 梶本  
  2. :  名古屋 – 亀山  広畑 – 物部
  • 第13試合(9月2日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヤマハ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
松下電器 0 0 0 2 0 0 0 2 x 4
  1. : 山本之  : 元木  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本通運 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3
JR北海道 0 2 0 1 0 4 0 0 x 7
  1. : 神田  : 古澤  
  2. :  JR北 – 船越
  • 第15試合(9月3日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三菱重工神戸 0 1 0 0 0 2 0 2 0 5
日産自動車 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
  1. : 山本  : 野上  
  2. :  神戸 – 横山  日産 – 物部
  • 第16試合(9月3日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
NTT西日本 1 0 2 0 0 1 0 0 0 2
王子製紙 0 0 0 0 1 1 0 1 x 3
  1. : 児玉  : 松尾洋  
  2. :  王子 – 鈴木賢、湯浅

2回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
セガサミー 3 1 0 1 0 1 0 0 1 7
JFE東日本 2 0 0 0 0 2 0 0 4x 8
  1. : 川崎  : 上津原  
  2. :  セガサミー – 照屋2、久保、佐藤俊
  • 第2試合(9月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
新日本石油ENEOS 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3
三菱重工名古屋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 田澤  : 大谷  
  2. :  ENEOS – 柳田
  • 第3試合(9月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Honda 0 0 0 0 2 0 0 1 0 3
JR東日本 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
  1. : 角田  : 斎藤貴  
  2. :  Honda – 小板  JR東 – 川端
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三菱重工神戸 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
JFE西日本 0 0 1 2 2 0 0 0 x 5
  1. : 野上  : 玉峰  
  • 第5試合(9月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JR九州 0 1 0 0 0 1 0 2 0 4
鷺宮製作所 0 1 0 0 0 4 1 0 x 6
  1. : 黒田  : 濱野  
  2. :  JR九 – 宇多村
  • 第6試合(9月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
東邦ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
王子製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1
  1. (延長11回)
  2. : 蓬莱  : 藤江  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
富士重工業 3 3 0 0 1 0 1 1 0 9
JR北海道 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
  1. : 川畑  : 湊  
  2. :  富士重 – 林
  • 第8試合(9月6日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
熊本ゴールデンラークス 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
松下電器 0 0 0 0 1 0 0 3 x 4
  1. : 相木  : 香月  
  2. :  熊本 – 川崎、池田  松下電器 – 新田


準々決勝[編集]

  • 第1試合(9月6日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JFE東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日本石油ENEOS 0 0 0 0 0 0 1 0 x 1
  1. : 田澤  : 松村  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
JFE西日本 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
Honda 0 1 0 1 0 0 0 0 1x 3
  1. : 筑川  : 山本  
  2. :  JFE西 – 永井
  • 第3試合(9月7日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
王子製紙 0 0 0 0 1 2 0 0 4 7 16 1
鷺宮製作所 2 0 0 0 0 0 0 0 x 2 2 1
  1. : 奥村  : 岡崎  
  2. :  王子 – 湯浅
  • 第4試合(9月7日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
松下電器 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
富士重工業 1 0 0 0 1 0 0 0 x 2
  1. : 阿部  : 坂本  
  2. :  松下 – 坂口

準決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
新日本石油ENEOS 0 2 0 0 2 0 0 1 0 5
Honda 3 0 0 0 0 0 0 0 1 4
  1. : 田澤  : 坂本  
  2. :  ENEOS – 須藤  Honda – 岡野
  • 第2試合(9月8日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
王子製紙 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 川口  : 小出  

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
新日本石油ENEOS 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4
王子製紙 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
  1. : 清見  : 蓬莱  

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 田澤純一投手(新日本石油ENEOS)
  • 久慈賞 座喜味大河内野手(王子製紙(三菱自動車岡崎))
  • 小野賞 阿部次男投手(富士重工業)
  • 首位打者賞 宮澤健太郎内野手(新日本石油ENEOS) .438
  • 打撃賞 該当者なし
  • 若獅子賞 川口盛外投手(王子製紙)
  • 大会優秀選手
    • 投手
      • 田澤純一(新日本石油ENEOS)
      • 清見賢司(新日本石油ENEOS)
      • 奥村孝一(王子製紙)
      • 川口盛外(王子製紙)
      • 筑川利希也(Honda)
      • 阿部次男(富士重工業)
      • 平井英一(富士重工業)
      • 陶山大介(JFE西日本)
      • 小高幸一(鷺宮製作所)
      • 相木崇(松下電器)
      • 藤江均(東邦ガス)
    • 捕手
      • 山岡剛(新日本石油ENEOS)
      • 川上友朗(王子製紙)
      • 佐伯亮(Honda)
      • 谷一真(JFE西日本)
    • 一塁手
      • 鈴木賢一(王子製紙)
      • 佐藤毅明(JFE東日本)
      • 久保尚志(鷺宮製作所)
    • 二塁手
      • 柳田俊幸(新日本石油ENEOS)
      • 森志朗(松下電器)
    • 三塁手
      • 宮澤健太郎(新日本石油ENEOS)
      • 座喜味大河(王子製紙(三菱自動車岡崎))
    • 遊撃手
    • 外野手
      • 平田大門(新日本石油ENEOS)
      • 秋田祥孝(王子製紙(トヨタ自動車))
      • 金山隆一(富士重工業)
      • 北道貢(鷺宮製作所(NTT東日本))
      • 坂口直樹(松下電器)
    • 指名打者
      • 岡野勝俊(Honda)
      • 田浦英仙(JFE東日本)
      • 新田玄気(松下電器)
  • 10年連続出場表彰選手
    • 佐々木弥内野手(TDK)
    • 岡崎淳二投手(鷺宮製作所)
    • 吉浦貴志外野手(日産自動車)
    • 湯浅貴博外野手(王子製紙)
    • 奥野桂外野手(松下電器)
    • 吉田憲一郎内野手(松下電器)
    • 小野和隆捕手(松下電器(大阪ガス))
    • 山田幸二郎投手(日本生命(大阪ガス))
    • 松尾洋和投手(NTT西日本(大阪ガス))
    • 庄野圭昭外野手(三菱重工神戸)
    • 鈴木勘弥内野手(JR九州(三菱重工長崎))
    • 後藤隆之投手(熊本ゴールデンラークス(三菱重工長崎))
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 富士重工業
    • 優秀賞 JFE東日本
    • 敢闘賞 新日本石油ENEOS
    • 努力賞 JR東日本

外部リンク[編集]