土岐市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土岐市駅*
駅舎(2006年10月9日)
駅舎(2006年10月9日)
ときし - Tokishi
瑞浪 (6.9km)
(7.0km) 多治見
所在地 岐阜県土岐市泉町久尻572-3
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 中央本線
キロ程 353.7km(東京起点)
43.2km(名古屋起点)
電報略号 トシ
トツ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
5,514人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1902年明治35年)12月21日
備考 駅員配置駅
みどりの窓口
* 1965年に土岐津駅から改称。
1番線ホームにある366キロポスト(2005年8月5日)

土岐市駅(ときしえき)は、岐阜県土岐市泉町久尻にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。2つのホームは跨線橋で繋がっている。1・3番線が本線で、2番線が副本線である。3番線の北側に車両夜間滞泊用の側線があり、朝晩には当駅を始終着とする列車が設定されている。

駅長は配置されない駅員配置駅(直営駅)であり、多治見駅が当駅を管理する。構内南側、単式ホームに隣接して設置された駅舎の内部にはみどりの窓口などが置かれている。

東京起点のキロ程は353.7kmであるが、1番線ホームには中央本線起点の東京からの距離が366キロメートルであることを表すキロポストがある。

土岐市駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 中央本線 上り 多治見名古屋方面[1]  
2 中央本線 上り 多治見・名古屋方面 始発列車及び一部の上り列車
3 中央本線 下り 中津川長野方面[1]  

かつては、駅舎西側に東濃鉄道駄知線の頭端式ホーム1面1線(旧4番線)があったが、1972年昭和47年)7月に休止、その後1974年(昭和49年)に廃止された。ホームの跡地は駐車場などに転用されている。

利用状況[編集]

「岐阜県統計書」によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

  • 2006年度 - 5,944人
  • 2007年度 - 5,903人
  • 2008年度 - 5,882人
  • 2009年度 - 5,721人
  • 2010年度 - 5,633人
  • 2011年度 - 5,600人
  • 2012年度 - 5,514人

駅周辺[編集]

改札外にある巨大な美濃焼の水指「時雨」(2005年8月5日)

駅前には、巨大な美濃焼の水指が置かれている。

バス路線[編集]

  • 東濃鉄道
    • 東濃フロンティア高校線
    • 瑞浪=土岐線
    • 駄知線
    • 土岐=下石=駄知線
    • 土岐=妻木線
    • 土岐=笠原線
    • 土岐プラズマ・リサーチパーク線
  • 土岐市民バス

歴史[編集]

その他[編集]

中央西線の駅では唯一「」が駅名に入っている(中央東線では「山梨市駅」がある)。理由は、以下の三つが挙げられる。[要出典]

  • 隣駅である「瑞浪駅」周辺に土岐町という地名があり、混同するということで駅名に「市」であることを強調した。
  • 土岐の旧来の地名が土岐郡であった。
  • 旧駅名が「土岐津駅」であった。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
中央本線
ホームライナー快速・普通
瑞浪駅 - 土岐市駅 - 多治見駅

かつて存在した路線[編集]

東濃鉄道
駄知線
土岐市駅 - 神明口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2011年1月現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]