南木曽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南木曽駅
駅舎(2006年10月)
駅舎(2006年10月)
なぎそ - Nagiso
十二兼 (5.5km)
(6.3km) 田立
所在地 長野県木曽郡南木曽町読書3428
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 中央本線
キロ程 298.0km(東京起点)
98.9km(名古屋起点)
電報略号 ナソ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
382人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1909年明治42年)7月15日
備考 簡易委託駅
* 1968年に三留野駅から改称。
標高:408.4m

南木曽駅(なぎそえき)は、長野県木曽郡南木曽町読書(よみかき)にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線である。

特急(ワイドビュー)しなの」の一部が停車する。

中央本線名古屋口の東端で、普通列車の上りは早朝に当駅始発の名古屋行きが2本(土休日は1本)運行されているが、下りは全ての列車が手前の中津川駅止まりとなるため、名古屋から当駅に乗り入れる列車は少ない。また、朝夕を中心に当駅と中津川駅を結ぶ列車もある。当駅より塩尻方面の普通列車の本数が減る(約2時間に1本の間隔)。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。1番線(島式西側)と3番線(単式)が本線、2番線(島式東側)が副本線となっている。この他、保線車両留置用の側線もある。構内西側に駅舎があり、駅舎と2つのホームは跨線橋で繋がっている。

中津川駅管理の簡易委託駅。かつては東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、みどりの窓口が設置されていた。

南木曽駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 中央本線 下り 木曽福島長野方面[1] 特急含む
2 中央本線 下り 木曽福島・長野方面 待避列車のみ
上り 中津川名古屋方面[1] 当駅始発
3 中央本線 上り 中津川・名古屋方面 特急含む
  • 2番線は、主に当駅始発の上り列車が使用する。2010年3月現在、2番線で待避する下り列車は設定されているが、上り列車の待避は設定されていない。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 2007年度 - 407人[2]
  • 2010年度 - 382人[3]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
中央本線
* 特急「しなの」一部停車駅
快速(多治見駅まで各駅に停車)
南木曽駅 - 田立駅
普通
十二兼駅 - 南木曽駅 - 田立駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2011年1月現在)。
  2. ^ 長野県統計書による。
  3. ^ 信濃毎日新聞 2012年6月13日配信

関連項目[編集]