山王信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度09分04秒 東経136度53分18秒 / 北緯35.15111度 東経136.88833度 / 35.15111; 136.88833

山王信号場
ポイント付近
ポイント付近
さんのう - Sannō
所在地 名古屋市中川区露橋一丁目
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
電報略号 サン
開業年月日 1962年昭和37年)10月10日
乗入路線 2 路線
所属路線 中央本線
キロ程 395.1km(東京起点)
金山 (1.5km)
(1.8km) 名古屋
所属路線 東海道本線貨物支線
(通称:名古屋港線
キロ程 0.0km(山王信号場起点)
(1.2km) 八幡(信)

山王信号場(さんのうしんごうじょう)は、愛知県名古屋市中川区露橋一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線信号場である。

中央本線金山駅 - 名古屋駅間において東海道本線貨物支線(通称:名古屋港線)の名古屋港駅へ向かう路線を分岐するために設置された。

構造[編集]

複線電化の中央本線から単線非電化の名古屋港線を分岐する形になっており、名古屋方面へ向かう線路から分岐するため、上下線間の渡り線も設けられている。また、信号場の上を跨ぐ格好でソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)名古屋センターがある。(写真に写っている白い建物)

周辺[編集]

近隣に東海道本線尾頭橋駅がある。1995年に同駅が設置されるまでは、山王信号場から少し貨物支線を行った先にナゴヤ球場正門前駅が設けられ、ナゴヤ球場中日ドラゴンズの野球試合が行われる時に臨時列車が設定された。

歴史[編集]

中央本線の複線化にともない、並行する東海道本線貨物支線(名古屋港線)を下り線として流用したことから、その分岐点および単線複線の接続点として設置されたものである。名古屋港線自体は、1911年(明治44年)から存在していた。

隣の施設[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
中央本線
金山駅 - 山王信号場 - 名古屋駅
日本貨物鉄道(JR貨物)
東海道本線貨物支線(名古屋港線)
山王信号場 - 八幡信号場