とさでん交通桟橋線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土佐電気鉄道桟橋線から転送)
移動: 案内検索
桟橋線
はりまや橋交差点を行く桟橋線電車(画面中央)。路面電車同士の十字クロスは全国唯一である。
はりまや橋交差点を行く桟橋線電車(画面中央)。
路面電車同士の十字クロスは全国唯一である。
路線総延長 3.2 km
軌間 1,067 mm
電圧 600 V(直流
停留所・施設・接続路線
JR四国土讃線
STRq BHFq STRq
JR高知駅
uKBHFa
0.0 高知駅前
uBHF
0.3 高知橋
uWBRÜCKE
江の口川
uBHF
0.5 蓮池町通
uSTRq uTBHF uSTRq
0.8 はりまや橋
uSTR
伊野線 / 後免線
uWBRÜCKE
鏡川
uBHF
1.4 梅の辻
uBHF
1.9 桟橋通一丁目
uBHF
2.1 桟橋通二丁目
uBHF
2.4 桟橋通三丁目
uBHF
2.6 桟橋通四丁目
uKDSTl uABZrf
桟橋車庫
uBHF
3.0 桟橋車庫前
uKBHFe
3.2 桟橋通五丁目
2009年に移設された高知駅前電停

桟橋線(さんばしせん)は、高知県高知市高知駅前桟橋通五丁目を結ぶ、とさでん交通軌道路線である。2014年9月30日までは土佐電気鉄道により運行されていたが、翌10月1日より同日付で設立された新会社とさでん交通による運行に移行した。

路線名は、はりまや橋を境に高知駅前方を「駅前線」と呼ぶ場合や、それを合わせて「駅前・桟橋線」と総称する場合[1]や「南北線」と呼ぶ場合[2]がある。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):3.2 km
  • 軌間:1067 mm
  • 駅数:11駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線(桟橋通五丁目の終端部分を除く)
  • 電化区間:全線(直流600 V)

概要[編集]

高知市の市街地を南北に縦断する路線で、全線が道路上を走る併用軌道である。はりまや橋で東西方向の路線である伊野線後免線と接続する。

わんぱーくこうち開園時間帯には、桟橋通五丁目行きの電車に「わんぱーくこうち行」と書かれた方向板が掲げられる。

2001年(平成13年)に高知駅前がJR高知駅の正面のロータリー内に移設され利便性が向上、2009年(平成21年)には前年に高知駅が高架化されたことに伴う高知駅前の再移設や、橋通通五丁目の整備など改良工事が行われた。

運行形態[編集]

多くが全線通し運行で、おおむね6分間隔で運行される。2005年(平成17年)のはりまや橋付近改良工事完成により高知駅前 - 伊野線直通便が増やされ、枡形上町五丁目鏡川橋との間に運行される。朝・夜には入出庫便として桟橋通四丁目始発・桟橋車庫前終着の伊野線・後免線直通便が設定される。

歴史[編集]

  • 1904年(明治37年)5月2日 土佐電気鉄道(初代)により潮江線として梅ノ辻 - 桟橋(現在の桟橋車庫前)間が開業。
  • 1905年(明治38年)4月7日 南へ約100 m延伸。桟橋(現在の桟橋通五丁目)開設。(旧)桟橋は岸壁通に改称。
  • 1906年(明治39年)4月6日 堀詰 - 潮江橋(後に廃止) - 梅ノ辻間が開業。桟橋線と改称。
  • 1922年(大正11年)8月1日 土佐電気鉄道が土佐水力と合併し、土佐電気に社名変更。土佐電気の路線となる。
  • 1928年(昭和3年)
    • 2月16日 江ノ口線高知駅前 - はりまや橋間が開業。
    • 8月10日 はりまや橋 - 潮江橋間が開業。堀詰 - 潮江橋間廃止。
  • 1941年昭和16年)7月12日 高知鉄道が土佐電気の軌道部門と土佐バスを合併し、土佐交通に社名変更。土佐交通の路線となる。
  • 1948年(昭和23年)6月3日 南海鍛圧機(土佐電気の後身)が土佐交通を合併し、土佐電気鉄道(2代目)に社名変更。土佐電気鉄道の路線となる。
  • 1947年(昭和22年) 貨物用の環線0.2 km撤去。
  • 1951年(昭和26年)5月24日 高知駅前の線路を左曲がりから右曲がりに移設。
  • 1955年(昭和30年)6月20日 桟橋通三丁目新設。これに伴い(旧)桟橋通三丁目は桟橋通二丁目に改称。(旧)桟橋通一丁目を廃止し、帯田を桟橋通一丁目に改称。
  • 1967年(昭和42年)11月1日 潮江橋北詰廃止。
  • 1997年(平成9年)3月31日 高知駅前 - 潮江橋北詰(はりまや橋 - 梅の辻間)間のセンターポール化工事が竣工。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月27日 高知駅前 - 蓮池町通間に高知橋が再開業。
    • 4月1日 高知駅前をJR高知駅前ロータリーに移設。
  • 2005年(平成17年)4月1日 はりまや橋付近の交差点改良。桟橋線高知駅前方面から伊野線への右折線を設置。
  • 2007年(平成19年)1月10日 岸壁通を桟橋車庫前に改称。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月22日 桟橋車庫前を約50 mはりまや橋寄りに移設。
    • 2月14日 高知駅前を30 m北側に移設。2線のうちの1線での暫定使用。
    • 3月11日 高知駅前移設工事が完成。2線の全面使用開始。
    • 3月23日 桟橋通五丁目の改良工事が完成。
  • 2014年(平成26年)10月1日 土佐電気鉄道の土佐電ドリームサービス高知県交通との経営統合に伴い、とさでん交通に承継。

停留所一覧・接続路線[編集]

全停留所が高知県高知市に所在。

停留所名 停留所間キロ 営業キロ 接続路線
高知駅前 - 0.0 四国旅客鉄道土讃線(高知駅 (D45, K00))
高知橋 0.3 0.3  
蓮池町通 0.2 0.5  
はりまや橋 0.3 0.8 とさでん交通:伊野線後免線
梅の辻 0.6 1.4  
桟橋通一丁目 0.5 1.9  
桟橋通二丁目 0.2 2.1  
桟橋通三丁目 0.3 2.4  
桟橋通四丁目 0.2 2.6  
桟橋車庫前 0.4 3.0  
桟橋通五丁目 0.2 3.2  

廃止停留所[編集]

八百屋町通、紺屋町通、朝倉町通、潮江橋北詰、(旧)桟橋通一丁目

延伸計画[編集]

桟橋線には南北それぞれに延伸の話があった。

南へは、宇津野トンネル以南の慢性的渋滞解消や桂浜、雪渓寺、高知競馬場(移転後に計画浮上)へのアクセス向上を目的として、道路改良とともに軌道を設置するという計画であったがトンネルの費用などの問題があっては白紙となった。

北へは、高知駅高架化(駅施設は2008年、周辺整備は2009年に完成)に際し、その下を抜けてイオン高知SC(当時)までの延伸計画があったが、高知駅北側の道路が狭く軌道を設置するために用地買収や久万川大橋の架け替えが必要になったり中心商店街の反対があり、その是非を検討中に、高知駅高架化の設計期限が来てしまい、延伸を考慮せずに設計されたため、架線を考慮するとその下をくぐり抜けるのに必要な高さが無く、地下化する必要も生じ、延伸計画は事実上、白紙となった。2009年2月に高架化で移動したJR駅前まで高知駅前停留場が北側に30m移設されたが、終着駅として整備されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道要覧』の平成9年度版でははりまや橋 - 高知駅前、はりまや橋 - 桟橋通五丁目の両区間を「桟橋線」、平成18年度版でははりまや橋 - 高知駅前を「駅前線」、はりまや橋 - 桟橋通五丁目を「桟橋線」として掲載している。
  2. ^ 公式ホームページの一部で「南北線」の表記が見られる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]