善水寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
善水寺
Shiga Zensuiji.jpg
本堂(国宝)
所在地 滋賀県湖南市岩根3518
位置 北緯35度0分23.2秒 東経136度6分45.2秒 / 北緯35.006444度 東経136.112556度 / 35.006444; 136.112556座標: 北緯35度0分23.2秒 東経136度6分45.2秒 / 北緯35.006444度 東経136.112556度 / 35.006444; 136.112556
山号 岩根山(いわねさん)
宗派 天台宗
本尊 薬師如来(重要文化財、秘仏
創建年 和銅年間(708年 - 715年
開基 元明天皇(勅願)
札所等 西国薬師四十九霊場第四十七番
湖南二十七名刹13番
湖南三山
文化財 本堂(国宝)
木造薬師如来坐像他8件(重要文化財)
テンプレートを表示
善水寺 元三大師堂
善水寺 庭園

善水寺(ぜんすいじ)は、滋賀県湖南市にある天台宗寺院。 山号は岩根山(いわねさん)。院号は医王院。本尊は薬師如来常楽寺長寿寺とともに湖南三山の1つに数えられる。

歴史[編集]

奈良時代の創建で、最澄が天台寺院に改めたというが、中世以前の沿革はあまり明らかでない。伝承では、奈良時代中期に国家鎮護の道場として建立され、和銅寺と称したという。 その後、平安時代の初期に最澄が入山し、延暦寺の別院諸堂を建立。桓武天皇が病気になり、最澄が法力により霊水を献上したところ、たちどころに回復したことから現在の寺名に改名したという。

文化財[編集]

国宝
  • 本堂 - 南北朝時代の建立。近世の地誌類には貞治3年(1364年)または同5年(1366年)の建立とあり、様式的にもその頃のものと思われる。木造入母屋造檜皮葺、桁行(正面)7間、梁間(側面)5間の天台密教仏堂である(「間」は長さの単位ではなく柱間の数を意味する建築用語)。
重要文化財
  • 木造薬師如来坐像 - 当寺の秘仏本尊で、本堂中央の厨子に安置する。像内納入品の文書から正暦4年(993年)の造像とわかる。2005 - 2006年に京都国立博物館および東京国立博物館で開催された特別展「最澄と天台の国宝」に出展し公開された。
  • 木造梵天・帝釈天立像
  • 木造兜跋毘沙門天立像
  • 木造持国天・増長天立像
  • 木造四天王立像(4躯)
  • 木造不動明王坐像
  • 木造僧形文殊坐像
  • 金銅誕生釈迦仏立像
  • 木造金剛二力士立像(2躯)

拝観情報[編集]

  • 開門時間 - 9時~16時
  • 拝観料 - 500円

所在地[編集]

〒520-3252 滋賀県湖南市岩根3518

交通アクセス[編集]

駐車場

普通車30台、大型車4台

関連項目[編集]

外部リンク[編集]